FC2ブログ

予備車検完了

久しぶりの更新です。

昨年末のSBoM最終戦をトラブルで終えてから途絶えておりましたが(汗)、心配だったエンジンは深刻な状態には無いようで一安心してます。その一方でエンジンの仕上がり具合はイマイチ不満で・・・、開幕戦までに何とか仕上げられればなあといったところです。そのあたりのネタはたまっておりますので追々ご紹介させて頂きます。

ミニネタ以外の現実界では相も変わらず仕事に追い込まれております。開発の最終段階のゲート直前でトラブルが出て、その解決というか何故起こったのかのメカニズム解析を担当しているのですが、限られた時間の中で手に入るデータだけを頼りに答えを出すという胃が痛い仕事を毎日しております。この年末は血尿出ましたし今も出てるんですが・・・まあそんな毎日が楽しいと感じるんだから末期的というか業の深さを感じますw

本題です。緑ミニは完成度はともかく、とりあえず走れる状態になって予備車検まで完了しました。

この車がこの状態で車検通るってのが新鮮な驚きです。いやマジでw

48426289.jpg

P師は車検を通す自信が無いとのことで・・・いや僕自身も全く無かったので責められないんですがw、予備車検取得はSV経由で某所沢秘密基地にお願いしました。鈴木誠男さんのスプリントとか、ロールケージが容赦なく入った数多くのマシンの車検を通してきている実績とノウハウに期待してお願いしました。

昨年末に入庫して・・・、

50609359.jpg

無事に予備車検を取得して、今週月曜日にSVに帰ってきました。

関係者の皆様、ありがとうございました。定休日に緑ミニを引き取りに行ってくれたP師にも感謝です。ご家族には恨まれているだろうなあ(汗)

50027960.jpg

ナンバープレートを取り付けるためのステーの追加とかドアハンドルにキーを追加するとか、あ、あとETC移植とか、公道を走るための最低限必要な加工が残ってますが、それを済ませればあとは愛知県まで陸送してナンバー付けて完了です。

これでようやく慣らし運転が出来ますし、念願だった「サーキットに自走で参加」が実現します。楽しみです。


にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

日本ブログ村のMiniカテゴリーでランキング参加してますので、上のバナーをクリックお願いいたします。Mini関係のBlogが満載ですのでリンクとしてもご利用下さい。

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
にほんブログ村

こちらは旧車カテゴリーです。こちらもコアな記事が満載ですのでご覧下さい。

2018 SBoM 最終戦

11/25に筑波サーキットで開催されたSBoM第4戦に参加してきました。

IMG_0026m.jpg

今回はいつも宿泊している八潮に宿が取れなかったために、筑波サーキット近くのビジネスホテルに宿泊しました。そしたらピット確保係に任命されましたw 朝の6時前には筑波サーキットに到着したのですが、ピット確保のための列は既に3列目・・・皆さん気合い入ってますねw

IMG_0046m.jpg

緑ミニでのレースデビューで気合いが入っていたのですが・・・、

IMG_0047m.jpg

予選でファンベルトが外れるというトラブルでオーバーヒート。

IMG_0053m.jpg

P師はその場でベルト交換してくれたのですが、ヘッドやブロックへのダメージが心配だったのと、原因が対策できていないために決勝への出場は諦めました。無念です。

IMG_0416m.jpg

出番が無くなってしまったため、屋台の唐揚げを2パックほどやけ食いして気持ちを切り替えw、ピットをぶらついていろいろ見学させて頂きました。こちらは三和さんの100号車。

IMG_0078m.jpg

すーごーいーリアウィングです。

IMG_0085m.jpg

当然のようにフルフロント仕様。

IMG_0067m.jpg

整備性良さそうです。

前置きのフロントラジエターが一部テーピングされているのはオーバークール対策でしょうか。

IMG_0075m.jpg

KADのツインカムヘッド。冷却系の取り回しがよく分かるカットです。

IMG_0080m.jpg

アラゴスタの車高調整式ダンパーが気になります。ボディ側の取り付け部分も相当補強されてますね。

IMG_0396m.jpg

こちらはタートルさんのボス機、87号車です。

IMG_0399m.jpg

フロントノーズ部分にちらっと覗くパーツは・・・チタン製のフロントサブフレーム。素敵ですね。

IMG_0402m.jpg

インパネも完成度高いです。そして助手席のフロアを横切るエキマニがスゴイw

IMG_0117m.jpg

そしてレースです。

インジェクションのリーガルクラスでは、MRRC25番のS藤さんが予選2番手のフロントロウをゲット。

IMG_0123m.jpg

良いスタートを切りましたが、

IMG_0129m.jpg

PPの9号車を抑えきれず。

ところがPPの9号車がフライング判定されてピットスルーペナルティとなったためにトップをゲット。

IMG_0208m.jpg

最後は後続車に詰められましたが、トップを守りきってゴール!

IMG_0214m.jpg

この優勝でシリーズチャンピオンをゲットしてくれました。おめでとうございます!

IMG_0238m.jpg

続くインジェクションのスプリントクラスではMRRC70番の白い天使さんがPPをゲット。

IMG_0254m.jpg

スタートでは同じフロントロウからスタートした3号車と激しく競り合いましたが、

IMG_0257m.jpg

首位をキープして周回を重ねて、

IMG_0332m.jpg

トップでゴールです。

IMG_0338m.jpg

西日でガッツポーズが上手く撮れませんでした。白い天使さんもこの優勝でシリーズチャンピオンをゲットしました。これで3連覇です、おめでとうございます!

そしてインジェクションクラス2クラス同時制覇はショップとしては初なんじゃないでしょうか、インジェクション推しのSVとしては大変な名誉かと思います。P師もおめでとうございます!

・・・僕もインジェクションに戻そうかな。ただし4連スロットルですけどw

IMG_0605m.jpg

こちらはモト・シルエットクラスの決勝です。自分が走れなかったので同じナローであるヨシヨシさん&ケントさんコンビの51号車を応援していたのですが、

IMG_0689m.jpg

タートルさんのボス機との激しいデッドヒートに魅せられました。

IMG_0698m.jpg

ストレートで詰められ、

IMG_0700m.jpg

ブレーキングで並ばれつつ、

IMG_0702m.jpg

コーナーで前をキープし、

IMG_0752m.jpg

そのままゴール!

ケントさんもこの勝利でシリーズチャンピオンを逆転でゲットしたのではないでしょうか。ドラマチックな逆転劇、最高でした。

IMG_0784m.jpg

決勝後にすぐに挨拶し、お互いの健闘をたたえ合う・・・素晴らしいです。

IMG_0804m.jpg

表彰式です。

ナロークラスではタートルのW田さんが優勝。そして2年連続のシリーズチャンピオンゲットです。おめでとうございます!
・・・今回はバトルしたかったな〜涙

IMG_0838m.jpg

ミニ1000クラスではタートルのM尾さんが優勝!そしてシリーズチャンピオンゲットですね。おめでとうございます!

IMG_0875m.jpg

インジェクションのリーガルクラスはMRRC25番のS藤さんが優勝。

IMG_0897m.jpg

おめでとうございます!

IMG_0925m.jpg

インジェクションのスプリントクラスではMRRC70番の白い天使さんが優勝!

IMG_0949m.jpg

おめでとうございます!

IMG_1032m.jpg

シルエットクラスの表彰では、

IMG_1051m.jpg

今回もケントさんが手荒い洗礼を浴びておりましたw お約束ですからねw

IMG_1102m.jpg

最後に記念撮影です。

IMG_1115m.jpg

白い天使さん。貫禄が出てきましたw

IMG_1119m.jpg

S藤さん。元々貫禄ありますw

IMG_1135m.jpg

久しぶりのレースで楽しみにしてたんですが、メカトラブルでリタイヤという不甲斐ない結果で終わってしましました。
個人的にはダメダメな一日でしたが、熱いバトルを間近で見ることが出来て心躍りました。が、それ故に自分の不甲斐なさが余計に身に染みるという悪循環に陥ってますw 

何とか断ち切って新しいシーズンを迎えたいです。が、その前にエンジンの状況把握ですね。ダメージが軽いと良いのですが涙



にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

日本ブログ村のMiniカテゴリーでランキング参加してますので、上のバナーをクリックお願いいたします。Mini関係のBlogが満載ですのでリンクとしてもご利用下さい。

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
にほんブログ村

こちらは旧車カテゴリーです。こちらもコアな記事が満載ですのでご覧下さい。

テーマ : 英国車ミニへの想い
ジャンル : 車・バイク

ドラポジ修正とペダル系調整

SBoM最終戦に向けて緑ミニのセッティングを詰めております。今回はドラポジの修正とペダル系の調整についてです。

29872566m.jpg

まずはドライビングポジションです。

フロアに直付けされて着座位置が下がると同時に剛性も増したシートですが、ペダルが遠くてクラッチを踏み切れないという問題がありました。しかも現段階で一番前の取り付け穴を使っているためにシートをこれ以上前に出せないというオマケ付きです。

ええ、僕の足が短いってことですが何かw

44291566m01.jpg

シートレールです。

スパルコ製で、分厚いアルミの成形材で見るからに剛性が高そうです。フロアにはフロア自体の補強を兼ねたラダーが渡されていて、その上に直付けされています。

44154345m01.jpg

で、既に一番前まで寄せてある。とw

配線を避けるための逃げが追加されていたりして意外に繊細な一面がありますねw

これ以上シートを前に出すためにはシートレール自体を加工せねばなりません。とは言え、せっかくの高い剛性を損ないたくはありませんのでどう加工するかを慎重に検討した結果、

44702829m.jpg

こんな感じになりました。

IMG_2946m.jpg

5cm程度は前に出せたかな。

46458593m.jpg

シートを取り付けた図。

おお、明るいですね!じゃなくてw

ペダルを確実に踏めるようになり安心して運転できるようになりました。当たり前のことなんですけどね、大事なポイントですw その一方で、サイドサポートの高いシートのためにステアリングとの間の隙間が狭くなり、一段と乗り降りしにくくなりました。更に柔軟体操を精進せねばなりませんw

IMG_2956m.jpg

次はアクセルペダルの調整です。

元の状態の写真が無いのですが、このボディにはMk1純正のペダルが装備されておりました。せっかくだからそのままで行こうかとも思っていたのですが、アクセルペダルとブレーキペダルが離れすぎていて微妙な扱いづらさがありました。シートが遠かったのが操作のし辛さに拍車をかけていたのかもしれませんが。

というわけでこれまで使ってきたタートル製のクイックペダルに交換しました。レバー比(ペダルストローク)、高さ、左右位置が独立して調整できるという自由度の高いペダルです。ブレーキを踏んだ状態ですぐ横にアクセルペダルが来るような位置関係に調整して完了です。

IMG_2954m.jpg

最後はブレーキペダルです。

本来ソリッドなタッチが最大のメリットであるはずの2ポットブレーキですが、ブレーキ1発目が妙にスポンジーでペダルが奥まで入ってしまうという問題がありました。1回踏んでやると2回目はソリッドなタッチになるので、SBoM第3戦ではコーナー毎に一回ポンピングしてからブレーキングして対処してました。慣らし運転で流してたので対処できましたが、ガチのアタックでこれだと主に僕のメンタルが耐えられませんw

僕自身の経験だと、ハブベアリングが死にかけているとハブごとブレーキディスクが振れてブレーキのピストンを押し戻すためにこんな感じの症状が出たりします。が、もちろんハブベアリングも新品ですからね、何が原因なんだろうかと悩んでおりましたところ、ハヤシタイヤレーシングさんにアドバイスを頂きました。

曰く、リアのドラムブレーキの、ブレーキシューとブレーキドラムとの間の遊びが大きいんだろう、と。Mk1の場合、上の写真のようにブレーキマスターからフロントブレーキとリアブレーキの油圧ラインを同時に取っているので、リアブレーキの遊びの大きさがブレーキタッチにもろに出てしまうのだそうです。

検証するにはサイドブレーキを引いて、油圧系とは別に機械的にリアブレーキを効かせた状態でブレーキペダルを踏んでみて、それでタッチが改善されるならばそれが原因だとのことでした。早速試してみたところその通りでしたので、一発で原因が絞り込めました。的確なアドバイスをありがとうございました!

P師によると、リアブレーキも新品なので当たりが付くまではクリアランス大きめにしておいた、とのことですw ナンバーさえ付いてれば普通に走り込んであらかじめ問題を見つけてつぶし込めるんですけどね、ナンバー無しの辛さを噛みしめておりますw

44811680m.jpg

この状態で成田モーターランドで開催されたSV走行会を走り込んできました。ステアリングが近すぎてちょっと回しにくかったりしましたが、概ね運転に集中できる環境が整い、よいリハビリになりました。

乗り降りの練習も出来ました!←w

続きます!


にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

日本ブログ村のMiniカテゴリーでランキング参加してますので、上のバナーをクリックお願いいたします。Mini関係のBlogが満載ですのでリンクとしてもご利用下さい。

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
にほんブログ村

こちらは旧車カテゴリーです。こちらもコアな記事が満載ですのでご覧下さい。

テーマ : 英国車ミニへの想い
ジャンル : 車・バイク

リアサブフレーム修正

SBoM最終戦に向けて緑ミニのセッティングを詰めております。

本来の意味でのセッティングとして必要なのはキャブセッティングくらいなんですが、ナンバーの付いていない車両なのでそれは当日サーキットを走らないと出来ません。なのでそれ以前の細々とした不具合を修正しています。

20181117_001.jpeg

右リアタイヤを後ろから見てます。第3戦の時にヨシヨシさんが気づいて教えてくれたんですが・・・、

20181117_002.jpeg

リアタイヤの出方が左右で違うw

右リアに比べて左リアの方が10mmほど外に出ているように見えます。

ホイールアライメントはきっちり取っているので問題ないハズです。ですので最初に疑ったというか恐れたのはボディの歪みでした。この個体はフロア取り替えてますし、全溶接で多点ロールケージ組んでますからその熱でフロアが歪んだのではないか、と。
ただ、その場合はどちらかというとボディの捻れに現れるんですよね。こんな風にタイヤが綺麗に左にズレるってことはないはずです。

20181117_003.jpeg

原因は割とすぐに見つかりました。

サブフレームをボディに取り付けるためのブッシュにスイフチューン製の強化ブッシュが使われているのですが、

20181117_004.jpeg

左右で厚さが違うw

ブッシュが左側だけ薄いので、サブフレームがその分左側にオフセットしているのが原因でした。

このブッシュは個体毎に厚さを調整する必要があるパーツで、本来は旋盤を使って左右均等に削って現物合わせしながら組むパーツらしいのですが、左側だけ削って合わせたようです。確かに付けたり外したりの手間は半分ですみますけどねw

45864702m.jpg

サブフレーム後ろ側も、

46118109m.jpg

左側に寄せてあります。

ここなんかは本来ブッシュの左右にあるはずのメタルワッシャーも1カ所に集めてますね。おそらく左側だけ削ってフロント側を付けた結果、リア側は内側にメタルワッシャーを入れるだけの隙間すら無くなってしまって、慌ててメタルワッシャーを外して対応したんだと思いますが・・・まあ省いて捨てられるよりはマシですかw

たぶん、ビル・ソリスさんご自身はボディをきっちり仕上げてくれて、あとの組み付けは工場のお弟子さんに投げたんじゃないでしょうか。

ビルさん「今日も良い仕事したぜ。おい、あとはやっておけ、手は抜くなよ!」
お弟子さん「ガッテンです!・・・こんなとこしっかりやっても誰も気づかないし、まあ適切に適当にw」

てな会話があったんでしょうか。
てやんでえヨシヨシさんの眼力なめんなよ!・・・オイラは気づかなかったけどな!←


冗談はともかくとして。

日本人の感覚だと職人さんの仕事といえば客の期待以上の「スゲー」と言われるような仕上がりが当然と期待してしまいますので、こういう現実にぶつかるとついついガッカリしてしまうのですがw 英国の職人さんがイケてないというわけではなく、単に約束以上のことはしないという姿勢なのではないかと思います。

技術も腕もあるのできちんとやろうと思えばできる。でも手がけているのは「作品」ではなくあくまで「商品」であって、客に言われなかったこと、当初予定と見積もりに入っていないこと、もっと言うなら契約に無いことはしない、というのが元々の基本姿勢で、

三和トレーディングさんが間に入って、日本で受け入れられるにはこのクオリティじゃないとダメ!と、あちこち細かく要望を出して日本向けに丁寧に造ってくれたのがこの緑ミニで、

あ、でもサブフレームの取り付け方法までは指示しなかったよね←今ココ

という状況なんでしょうねw つまり英国人も悪気があるわけでもなく過剰に手を抜いたわけでもなく、淡々と指示通り契約通りに造ってくれただけ、と。


英国人職人の話のように書きましたが、日本の製造現場でもこういうすれ違いってあるんですよ。実は僕の仕事でも日常的にあります。

物作りには大きく分けて設計と製造という二つの部署が絡んでくるのですが、設計部署は目標の性能や耐久性を実現するための構造や諸元を検討して図面という形に仕上げます。そしてその図面を受け取った製造部署はその図面通りのものが出来るよう、人を手配し治具やロボットを造り製造ラインを構築して量産につなげていきます。

で、製造部署は図面に書いてあることは守らなければならないわけですが、逆に図面に書いてないことは何をやっても良いんですよね。これは当たり前で、図面指示されてない範囲でいかに上手く早く安く物を造るかは製造部署の腕の見せ所であり、彼らの存在意義でもあるわけです。製造部門からすれば、限られたコスト、限られた人員をやりくりしてその中で効率的に物作りしなければならないわけですから、図面に書いてない範囲ならば省けるものは省くのが当然ですよね。「改善」とか「QC」もここからスタートしてます。

というわけで、きちんとした物が欲しければ、あらかじめ全て見通してきちんと指示しなければならない、というのは物作りの世界では世界共通なんですよ。つまり英国人職人に限った話ではない、というオチでしたw
でも英国人にきちんと指示するためには距離や言葉や文化の壁を超える必要があって、しかも信頼関係まで築かないと難しいですからね。その手間暇は個人で出来る範囲を超えてますから、間に入って頂いている三和トレーディングさんの努力を思うと頭が下がります。

というわけで、期待と違うところがあって当然、腹を立てるより自分らでちゃちゃっと直した方が早いさ!、と気持ちを切り替えるのがこの趣味を続けるにあたっては大切かと思います。

まあ僕の場合はブッシュの入れ替えくらいで済みそうですが、世の中には更に深遠な状況があってw
ミニ仲間の鈴木誠男さんなんて英国で作製したスプリントを輸入した後に日本の板金屋さんに持ち込んで手を入れ直してますからね。そこまで行くと最初に出す指示の手間と後から国内で直す手間とのバランスを取りたくなってきますが、なんにせよ大変な世界なのは間違いないです。趣味の冥府魔道ですw


にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

日本ブログ村のMiniカテゴリーでランキング参加してますので、上のバナーをクリックお願いいたします。Mini関係のBlogが満載ですのでリンクとしてもご利用下さい。

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
にほんブログ村

こちらは旧車カテゴリーです。こちらもコアな記事が満載ですのでご覧下さい。

テーマ : 英国車ミニへの想い
ジャンル : 車・バイク

第26回ジャパンミニディ in 浜名湖 当日編

第26回ジャパンミニディin浜名湖、当日編です。

IMG_3253m.jpg

休む間もなく次々とミニが会場入りしてきてます。

IMG_3252m.jpg

ショップエリアも完全に立ち上がってますね。

P1480038m.jpg

キリンさんスゴイ人気だなと思ったら・・・、

P1480048m.jpg

ミニディお守りの列でしたw

IMG_3250m_201811112220199fe.jpg

Do Tradingさんのサイトです。朝一で最初に立ち寄らせて頂きました。

IMG_3249m.jpg

お宝ゲット。335Fステアリングです。

今回ミニが無いにもかかわらず(汗)ミニディに参加を決めた大きな理由の一つです。もう一つの大きな理由は前夜祭な訳ですがw

IMG_3243m.jpg

じゃーん、シリアルナンバー29番w

200本作製して現在170本が売れた状態らしいのですが、初期ロットのはずの29番をわざわざ残しておいてくれたとのことで・・・そんなこと聞いたら買うしかないじゃないですかw

この335Fは、

『1950年代から60年代にかけてフォーミュラーカーやさまざまな英国レーシングカーにも影響を与えた当時のSpringallやSpeedwell Formulaなど、そしてLotus系コンペティションに使われた各ユニットをモチーフに「雰囲気はまさに1960年代」でありながら品質ではそういったビンテージオリジナルを凌駕する「いまできる最高の品質」で仕上げてあります』(Do Tradingさんのブログから抜粋(こちら))

という、こだわりの逸品です。緑ミニに付けるかどうかはしばらく悩ませて頂きますが、今しか手に入らない品として謹んで購入させて頂きましたw

IMG_3214m_20181111222752e28.jpg

そんな感じのお気遣いをたくさん頂いてます。

こちらは前夜祭でハム美さんから頂いたキン肉マンのガマグチですが、鹿革製の29個限定品を僕のためにゲットしてくれたそうです。ありがとうございます!

クラッシュから約1年間謹慎しておりましたが、29番に対するたくさんの応援を頂いてまして、復活しなければというプレッシャーを日々感じておりますw

IMG_3258m.jpg

会場で目に付いたミニのご紹介です。こちらは九州のショップ、ミニミニさんのところのミニです。

IMG_3260m.jpg

エアロとステッカーを販売してました。

アメリカンスタイルなゼッケン各種が2桁分で1カ所4800円・・・29番を買おうかと思ったのは内緒ですw
僕自身は丸いゼッケン派ですが、こういうのも面白いですね。

そしてワークスストライプも各種あったのですが、マルティニとかトヨタとか、果てはモリワキまで取りそろえてありました。最高ですw

IMG_3259m.jpg

ミニミニさんのワークスマシンです。

IMG_3264m.jpg

フロントエアロがゴツいです。フロントバンパーがブラックアウトされつつ残っているのがアクセントですね。

IMG_3266m.jpg

SVの某暴れん坊のマシンを思い出しましたw

IMG_3267m.jpg

きれいにボディメイクされたミニ。

IMG_3277m.jpg

エンジンルームもスッキリしてます。エンジンの色まで気を配ってます。

IMG_3279m.jpg

インパネや助手席の足下あたりの完成度は元のミニを遙かに超えるものを感じます。

IMG_3270m.jpg

ドアの内側に集中配置されたスイッチ類。内張はキルティングっぽい素材で高級感があります。

IMG_3272m.jpg

シートの座り心地も良さそうです。色や素材の統一感、そしてオリジナルを尊重しつつ機能まで考えてレイアウトし直した完成度の高い個体でした。

IMG_3297m.jpg

製造停止から既に18年経って、ショップの立場から今後どう市場形成していくかを考えたときの一つの回答なのかなと思いました。

これまでもシャシーを丸ごと新品にしたりレストアのメニューを提供したりといったサービスはありましたが、それらのサービスがあくまでミニを新品に近い状態に戻すことを主眼に置いていたのに対し、このアプローチは新しい付加価値を与えようとしているのではないかと思います。

つまり「可愛いんだけど、日常的に使う車としてはかなり荒い」とか「嫁さん乗せられない」あるいは「嫁さんに運転させられない」というミニに対する一般的な不満の解消が目的なのかな、と。そして少なくとも見た目的には解消されているように思います。

実際には車体の軽さと、低年式ならばシャシーのヤレによる剛性低下、高年式ならば鉄板の薄さや溶接箇所の少なさから来る剛性不足に、サスペンション構造から来る固さが加わることによる独特のガタピシ感は避けられないだろうなあという気もします。そこを対策して真に高級感を出すにはシャシーやサスペンションから見直す必要がありそうです。あとクーラー外してラグジュアリー路線は成立するのか?というミニの根源的なジレンマもありますねw

今後こういったアプローチがどうなっていくのか、楽しみです。

あ、個人的にはガタピシ感含めて軽くてコンパクトなミニが好きです。ちなみにロールケージ組んだ緑ミニはガタピシ感激減しました。その意味では究極の高級感が実現できてます。全然ラグジュアリーじゃないですがw

IMG_3305m.jpg

180度路線が違いますが渋い感じのMk1。

IMG_3302m.jpg

「極力スッキリするように仕上げた」とのオーナーさんの談でしたが、確かにいい感じです。

IMG_3304m.jpg

プレートの焼け具合が渋いですね。

赤ミニにも古いプレートが付いていて熟成していたのですが、気づいたら黒い部分がとれてしまってただの銀色のメタルプレートになってました。ガッカリですよw

IMG_3338m.jpg

店番のネコさんw

IMG_3340m.jpg

渋いバン。

IMG_3343m.jpg

荷物満載なのも格好いいですw

IMG_3345m.jpg

リトライフさんのMk2。

IMG_3344m.jpg

ブリティッシュ・クラシックラリーで拝見した車ですね。

IMG_3347m.jpg

三和の清水さん発見! リトライフさんのサイトでLPレコードを吟味してました。渋い趣味ですねw

IMG_3352m.jpg

Mk1クーパー。

IMG_3353m.jpg

67年式でFor sale!しかもミニディ特価! 欲しいw

IMG_3354m.jpg

ミニディといえばでっかい犬。今年は暑すぎず過ごしやすかったのではないでしょうかw

IMG_3369m.jpg

亀83番さんのピックアップ発見!最近レストアが完了した個体です。前の色も好きでしたが紺色も良いですね。

IMG_3374m.jpg

紺色のボディに白いロールバーが映えます。これだけやれば剛性稼げそうですね。

IMG_3429m.jpg

ミニディ名物のソフトクリーム屋さん。

IMG_3382m.jpg

ゲットしました。

しかし両手に荷物を持っていたので売り子の女の子の写真は撮れず・・・痛恨でした。段取り悪いです、二日酔いだったせいか?w

IMG_3443m.jpg

「赤ミニとハンチング」の梅さんのミニ発見!

IMG_3434m.jpg

インジェクション車なんですよね。そして詰め込みつつスッキリしているエンジンルームが凄い。

IMG_3444m.jpg

そして内装もスゴイ。ここまで仕上げるエネルギーに脱帽です。

P1480034m.jpg

モーリスファミリーさんのサイトでまつろうさんのミニ発見! CCC仕様です。

P1480033m.jpg

うちの緑ミニに比べると少し色が淡いですが、同じ路線を狙う身としては勉強になります。

P1480031m.jpg

このミニも結構な仕様ですね。

P1480037m.jpg

同じくモーリスファミリーさんのところにいたオープントップのミニ。

P1480035m.jpg

折りたたまれた状態のトップ。これが後席のスペースに収まると最高なんですが。

P1480036m.jpg

周囲から見られることを前提としているためか、インパネもシンプルでいい感じです。

IMG_3453m.jpg

昼食にはハム美さん謹製の味噌ラーメンを再び頂きました。このあたりから雨が降り始めまして・・・、

P1480083m.jpg

会場の皆さんも帰路につき始めました。

P1480089m.jpg

またまた会場内は大渋滞ですよw

P1480064m.jpg

雨が降ってもオヤジバンドはライブ決行です。ウッドストック的に何か起こるのか?そして伝説になるのかw



今年は何曲か追加されてまして、救さんのソロコーラスもありました。

「自分のやりたいことしかやらない男」とか紹介されてましたがw、そのこだわりは演奏にも活かされてます。実はこの動画もコンプ2で、左右の音バランスが気に入らなかった救さんの手によって調整された後のバージョンです。

P1480080m.jpg

ライブが終了して僕も撤収です。最後に駐車場で出会ったポールスミスさん。

P1480081m.jpg

リア部分はうちの緑ミニと同じ色かなw

IMG_3454m.jpg

プリウスは会場外の駐車場に止めてあったので渋滞の列に巻き込まれることなく帰宅できました。帰りには晴れ間も見られましたね・・・この夕焼けを渚園で見たかったです。来年に期待ですねw


にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

日本ブログ村のMiniカテゴリーでランキング参加してますので、上のバナーをクリックお願いいたします。Mini関係のBlogが満載ですのでリンクとしてもご利用下さい。

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
にほんブログ村

こちらは旧車カテゴリーです。こちらもコアな記事が満載ですのでご覧下さい。

テーマ : 英国車ミニへの想い
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

みくた

Author:みくた
運動神経のなさを経験値でカバーしようと企むAround 40です。
これまでランエボでのサーキット走行にハマり、最近はClassic MINIに惚れ込んでます。Mini1000、1300キャブクーパーとおんぼろミニを乗り継いで、Austin Mini Mk1 に辿り着きました。レストア、トラブル対策とのんびりドライブを楽しんでます。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

日本ブログ村のMiniカテゴリーでランキング参加してますので、上のバナーをクリックお願いいたします。
Mini関係のBlogが満載ですのでリンクとしてもご利用下さい。

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
にほんブログ村

こちらは旧車カテゴリーです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
ブログ村 新着記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR