FC2ブログ

TCC走行後のチェック

先週のTCCでは自分史上かつてなくアクセルを踏みまくり、目一杯のハードブレーキングや縁石カットなど普段絶対にかけない負担をミニにかけまくりました。アクセルなんて一番低いヘアピンから一番高い最終コーナーまでの上り坂を約20秒ほぼ踏みっぱなしの全開全負荷で、それを10周以上続けましたからね。よく耐えてくれたものです。

週末はそんな相棒をねぎらって洗車しながらメンテしました。←言い過ぎですねw、手当ての必要があるかどうかチェックしてみましたw

P1030077.jpg

いつも通り全体を水洗いしました。最近は窓から水が入らないように窓付近は極力水を掛けないようにして濡れ雑巾で拭く程度にしています。

P1030068.jpg

先回やってみてキレイになる効果が大きくて気に入った部分、ホイールハウス内もタイヤを外して洗ってやります。

P1030069.jpg

泥がはねてます。FSWでの汚れではなくて、その前にTTR所沢に行ったときに道に迷って未舗装路の水たまりにはまったときの汚れですw

P1030070.jpg

後ろ側もこんな感じ。

P1030071.jpg

水を掛けてガシガシ洗ってから水を拭き取り、あとはサビ防止のためにCRCを吹いてもう一度軽く拭き取っています。

P1030072.jpg

ホイールハウス内の耐チッピング塗装面もCRCで軽く拭いて仕上げてます。アーム類は少しサビが出てますがとりあえずサビ転化剤を塗っておきました。次は黒塗料で塗ってやることにします。

P1030073.jpg

ホイールハウスの一部がタイヤと擦れて塗装がはげてますが、ここもサビ転化剤を塗っておきました。
右リアのしかもタイヤの後ろ側だけなんですよね、ハブベアリングもガタが大きいのかと疑ってタイヤを揺すってみましたが問題はありませんでした。まあ僕の力程度ではねえw

P1030079.jpg

エンジンルーム全体。オイル量問題なし、新しく追加したオイル配管系の継ぎ手部分を全てチェックしましたが漏れもありませんでした。

油温は最高で100℃弱まで上がりました。オイルパン内に溜まっているオイルの油温はエレメント部分の油温+10℃とされているので110℃程度にはなっていたと思われますが、僕が使っているASH FSE・・・増粘材を使っていない化学合成系オイルとしては全く問題ない温度だと思います。オイルを指で触ってみても特に変化は感じませんでした。

ただ、2速へのシフトダウンで何度もギアを鳴らしてしまったので鉄粉は出ているかもしれません。それは次回オイル交換時に確認しようと思います。フリー走行後半から決勝では全てダブルクラッチでシフトダウンしてましたが、競り合いのギリギリの環境で繰り返しやったおかげでかなり上手くなったようなw ミニとの一体感が増したようで嬉しいです ←そもそもシンクロ削るなよw

オイルの劣化とは関係ありませんが、ASH FSEに換えてからヘッドカバー表面がいつもオイルで湿っているようになってしまいました。フィラーキャップから吹き出しているのだとは思いますが、エステル系オイルは金属表面になじみやすいのでヘッドから下に落ちにくく、ブンブン動いているロッカーアームからはね飛ばされてキャップの裏に付くオイルの量が多いのかな、と想像しています。メカ的には良いことなので心配してませんが、小さくなって中に入って見てみたいですねw 

P1030078.jpg

ラジエターからの水漏れも無し。ラミノーバ周辺の水漏れもありませんでした。

ラジエターキャップは、以前使っていた旧クーパー用の開弁圧1.0kg/cm2のタイプの代わりに1.3i用の0.9kg/cm2のものを使ってます。キャップの裏にゴムのパッキンが付いていてキャップの当たり面からの水漏れが少ないそうです。

同じくゴムパッキン付きの国産車用を流用した1.2kg/cm2程度のものがTTRから販売されてますので、そのうちそれに交換しようと思ってます。そうすれば水温も数℃下がるでしょうし、それに引きずられて油温も少し下げることができると期待しています。

P1030080.jpg

洗車してからオイルと冷却水をチェックし、タイヤを揺すってハブのガタを確認した後で、ガソリンスタンドに行きました。一つ目の目的は空気圧のチェックです。

タイヤの空気圧は普段2.2kg/cm2に合わせてますが、TCCでは2.6kg・cm2まで上がってしまいました。温間で2.2kg/cm2になるように現場でエアを抜いて合わせ直したため、今は2.2kg/cm2より下がっているはずで、それを合わせ直すのが目的です。

測定した結果、フロントタイヤの空気圧は1.95kg/cm2まで下がってましたので、それを2.2kg/cm2までチャージし直して完了。リアは2.2kg/cm2で変化ありませんでした。ミニの場合、いかにフロントタイヤの負担が大きいかよく分かりましたw

ガソリンスタンドに来たもう一つの目的は室内の清掃です。100円で使えるでっかい掃除機で室内の汚れを根こそぎ吸い取ってやるのはなかなかの快感ですよねw

P1030081.jpg

ただし、何でも吸い取れば良いというわけではなくて。

TCC走行後に気がついたんですが、ヒーターユニット正面のネジが一本はずれて行方不明になってました。たぶん全開走行の振動で緩んで外れたんでしょう、そして外れたネジは室内のどこかにあるはず!w

そんなわけでネジを探しながら掃除しました。

P1030082.jpg

運転席側の足元で無事ネジを発見。しかし目的のネジ以外にもいくつか部品が出てきてしまいました。これはいったいどこの、そして何の部品なんだろうw

P1030083.jpg

暑いので難しいことは考えずにネジだけ元に戻してミッション完了w

P1030092.jpg

助手席側の足元です。土汚れとかなぜか葉っぱとか?たくさん溜まってましたが、キレイになりました。

P1030093.jpg

運転席側もキレイになりました。TCCでマットを外して運転したので、踵が当たっていた部分の塗装が禿げてしまいました。ヒールプレート入れようか思案中です。

こんな感じで一通りチェックした後で、東名の沼津から御殿場までの登りを4000rpmくらいで流してボディや脚周りからのキシミ音が無いか、エンジンからの変な異音がないかをチェックしました。特に問題は無いようで一安心です。

次は9/9の成田モーターランド、そしてその次は9/12の袖ヶ浦ですか。楽しみですw
「戦争の歓喜を無限に味わうために。次の戦争のために、次の次の戦争のために」w



にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

日本ブログ村の車/Miniカテゴリーでランキング参加してますので、上のバナーをクリックお願いいたします。Mini関係のBlog満載ですのでリンクとしてもご利用下さい。

テーマ : 英国車ミニへの想い
ジャンル : 車・バイク

TCC in FSW 本編です

2012年8月22日、富士スピードウェイショートコースで開催されたタートルクラブマンカップに参加してきました。

タートルクラブマンカップは旧ミニの大手プロショップであるタートルトレーディングさん主催の伝統ある走行会で、タートルさんが作り込んだ気合いの入ったミニがたくさん出走することでも知られています。しかもフリー走行だけでなくラップタイムを元にクラス分けして模擬レースまでするんですよね。

僕自身はこれまでフリー走行やジムカーナ形式でタイムアタックする経験はありましたが、模擬レースで他の車と争うという経験は無いんです。格式ある走行会で主催ショップが手塩に掛けて仕上げたミニと激突してリタイヤとか・・・、悪夢ですよねw
そんなわけで相当に緊張して参加してきました。

走るだけで精一杯だったので余裕無いから写真少ないだろうと思ったら結構撮ってましたw ただし脈絡はないですがw
そんなわけで撮りためた写真と一緒に当日のレポートをしようと思います。

P1020846_20120825213828.jpg

ぴしっと張られた横断幕を見るだけでもなんとなく格式を感じますねw

P1020844.jpg

受付ブース。歴代チャンピオンの名前の入ったトロフィーが並んでいるのを見るとドキドキします。
歴代チャンピオン車と激突リタイヤしたらどうしよう・・・とw

P1020848.jpg

ピットの様子。いい天気です、でも暑くなりそうですw

タートルクラブマンカップというと気合いの入ったミニが参戦するので有名ですよね。走るだけでなくてピットに並ぶミニを観察するのも楽しみの一つですよねw そんなわけで気になったミニを何台かご紹介です。

P1020865.jpg

チームタートルのゼッケン13番のミニ。7ポートですw さらにフロントセクションがFRPで作り直してあります。

P1020855.jpg

室内も純レーサーの趣き、・・・こんなモンスターと一緒に走るんですよねw

本日フリー走行でのベストラップは40秒018。

P1020868.jpg

こちらもチームタートルのゼッケン55番のミニ。なんとターボだそうですw

P1020869.jpg

カーボンのボンネット、エアアウトレット付きです。

P1020870.jpg

ボディサイドにもエア抜きのでっかい穴がw キレイに作り込んでありますね。タイヤは13インチ・・・、ここまで来ると雰囲気よりも実質的な耐荷重が必要なんでしょうねえw

P1020871.jpg

それだけでなくてドアもFRP、ウィンドウもアクリルと、

P1020872.jpg

さらにはルーフまでFRPですよ、スゴイですねw

P1020874.jpg

Aクラスチャンビオンの常連であるチームタートルのゼッケン50番のミニ。

P1020941.jpg

スプリットウェバー、同時点火、ドライデッキ化にサブラジエター追加、さらにウォーターポンプまで電動化してます。タイヤは13インチですね。

本日フリー走行でのベストラップは38秒361、2位を1秒以上引き離してのぶっちぎりのタイムで、もちろんAクラスのPPです。

P1020878.jpg

「ミニの床屋さん」カットハウス・オオキ(こちら)のカメ15番さん。

P1020876.jpg

スッキリしたエンジンルームです。エンジンも室内もタートルで徹底的に手を入れてあります。

本日フリー走行でのベストラップは41秒813、なんとAクラス入りです。おめでとうございます!w

P1020875.jpg

チームタートルの52番、だいまりんさんのミニです。SV関係者の間ではエルメス号と呼ばれていますw

P1020882.jpg

自分のミニが1000ccなので1000ccの車はとても気になります。皆さん1000ccのどこをいじってどう攻めるのか・・・w

こちらは1000ccエンジンを搭載したエルフ。チームタートルの8番です。

P1020883.jpg

同じく1000ccエンジンを搭載したモーク。チームタートルの7番で、タートル横浜店長の愛機です。

P1020884.jpg

モークって乗ると体むき出しになるんですよね。サーキットドライビングはさぞかし怖いことでしょうw でも軍用をねらって開発されたためボディ剛性は高そうで、恐怖に打ち勝って操ることができれば速そうですw
・・・、というか実際に速くて、本日フリー走行でのベストラップは40秒650。1000ccながらAクラスでしたが、油温が異常に上がるとのことで決勝は棄権されました。僕の個人的目標でもありますw

P1030021.jpg

同じく1000ccエンジンを搭載したチームタートル39番のミニ。

P1030023_20120825224216.jpg

内装も何もかも見事にスッカラカンですw

P1030022.jpg

カリカリにチューンしたエンジンと徹底的に軽量化したボディの組み合わせでチューンド1300cc相手に戦っているそうです。

もちろん個人的にツボですw 悩みや苦しみを分かち合いたいw

P1030014.jpg

チームSV、ゼッケン27番のプリンミニ号と、ゼッケン122番のminiG1さんのMk1クーパーS。

P1020852_20120825224214.jpg

SVワークスマシンであるプリンミニ号は今回オイルクーラーを追加してきました。データ取得のために油温、油圧計もも付けてきたところは流石ですw ブログはこちら

P1020892_20120825224215.jpg

午前中のフリー走行の最後にハブベアリングに異常が発生。しかし慌てずその場でスペアに交換して事無きを得ました。プロっぽいです。←プロです。

本日フリー走行でのベストラップは40秒359、Aクラス6位です。

P1020904_20120825224214.jpg

miniG1さんのMk1クーパーSのエンジンルーム。
排気量1340cc、MD286カム、MED製クランクシャフト、改造したダブルファンネルを組み合わせたWeber48DCO・・・、と、フルチューンのMK1です。100馬力オーバーでしょうねえw

P1020907.jpg

オイルクーラー。エアが横に逃げないようにガイドが追加してあります。

P1020908.jpg

Mk1の鬼門であるオルタネータのステー。きちんと補強してありました。

MiniG1さんの本日フリー走行でのベストラップは40秒318で、Aクラス5位でした。

img_1511947_61341014_7.jpeg

自分のミニの写真をほとんど撮ってませんでしたので(汗)、tetsuさんのブログ(こちら)から拝借してきました。tetsuさんのブログは朝の集合からタイムアタック、決勝、そして車の紹介までキレイにきちんとレポートしてくれてますので、ぜひご一読頂ければと思います。

チームSVからAクラスに2台出場ということで嬉しかったですが、僕自身のベストラップは42秒205。参加30台中の12位でした。午前中だけで60周以上走り込みましたが最後はどんどん雑になるだけでタイムが伸びなくなり、これが限界でした。もう少し頑張らないとなあ、反省してます。

結果的にBクラスのフロントロウになったので、それはラッキーでした。


あまり枚数はないですが、午前中のフリー走行の画像を何枚か。

P1020863m.jpg

1コーナーからヘアピンまでの全景。MiniG1さんがキレイにクリップに付けてますね。

1コーナーはハードブレーキングしてターンインし、クリップ手前からアクセル踏みながら抜けてスピンモーメントを殺しつつ右の2コーナーまでの短い距離でもう一段加速します。ど迫力ですw

2コーナー手前でハードブレーキングして2速にシフトダウン。うちのミニの場合はダブルクラッチ踏まないとどうしてもギアが入らず、忙しいコーナーです。次の左ヘアピンに備えてやや出口インベタで曲がります。下ってますので次のキツイ登りに備えてできるだけ速度を殺したくないコーナーで、テンション上がってくると縁石カットして直線的に抜けるのもアリかとw

そしてキツイ登りの左ヘアピン・・・、クリップに付くと一番勾配の大きいルートになるので、立ち上がり優先のラインを取りつつあえてクリップを外すのもアリかと。ターンインで登り始めるのでフロントに荷重がかかりアンダーは出にくく、入り口からアクセル全開で入れます。

フリー走行からBクラス決勝までの車載動画です(こちら)。よかったらご参考にして下さい。

P1020856m.jpg

先頭からミニ15番さん、ミニ52番ことだいまりんさん、そしてminiG1さんです。

P1020857m.jpg

先頭からミニ15番さん、だいまりんさん、MiniG1さん、そして横浜店長のモーク。モークの突っ込み鋭いです。でも怖いでしょうねえw

P1020861m.jpg

ストレートにて、ミニ15番さんとminiG1さんとのチェイス。


そしていきなり午後に飛んでw、Bクラス決勝の様子です。
撮影は応援に来てくれたちょんあーさんです、どうもありがとうございます。

IMG_3305.jpg

BクラスPPの車が棄権したのでフロントロウは僕一人でした。本来はめっちゃ有利な条件のはずなんですがw、PPが棄権したことを知らなかったため、PPの車がグリッドに並ぶまではスタートはないだろうと余裕で構えてましてw

IMG_3309.jpg

気がついたときにはシグナルレッド、そしてブラックアウト!
シグナルが消えてからギヤを入れてスタートしたという体たらくで・・・、

IMG_3310m.jpg

完全に出遅れてます。見事に渋滞してますねw
5番グリッドにいたゼッケン88番の車が好スタートを切ったようで、ジャンプアップしてこの段階で2位争いをしてます。

その後、シケインを抜けた後の登りの右複合コーナーでもスピードが乗らなくて加速しきれず、せめてブロックすればいいものをスタート時のパニックが残っていて頭が回らず、88番にインからあっさりとパスされてしまいます。

IMG_3319m.jpg

88番以外にも後ろをつつかれましたがそれは何とか耐えて、最終コーナーになだれ込みます。最終コーナーは割と得意だったのでこのあたりから後ろを気にしなくていい程度には落ち着きを取り戻しました。

IMG_3323m.jpg

その後も、登りセクションで離され、下りの1コーナーからシケインで詰めてを繰り返しましたが、決定的に抜くことはできないままレースは進み、途中の赤旗中断後もまた苦手なスタートから・・・、で、状況はむしろ悪化しw

IMG_3325m.jpg

最終周のシケインでは極端な脱出優先ラインをとろうとするも追突しそうになって急ブレーキかけて失速しw

IMG_3344.jpg

結局最後まで88番をとらえることはできずにレース終了しました。ちゃんとしてれば勝てたレースだったのに悔しかったです。

P1020972.jpg

こちらはAクラスの決勝、スターティンググリッドの様子です。

P1030002m.jpg

カメ15番さんをラップするディフェンディングチャンピオンの50番。ぶっちぎりで速いですw

P1030003m.jpg

混戦の中をかいくぐるかのように走るminiG1さんとプリンミニさん。抜きたいし、でも前ばかり攻めてると抜かれるし、レースって難しいですよね。

P1030008.jpg

レースが終了してプリンミニさん帰還。6位でフィニッシュです。

P1030009.jpg

miniG1さんも帰還。お疲れ様でした。5位でフィニッシュです。

slide1.jpg

レース内容は不本意でも表彰台でシャンペンファイトするのは楽しいものです。1位の88番さんにもぶっかけておきましたw
撮影はプリンミニさんです、ありがとうございます。

slide2.jpg

カメ15番さんとも握手できたし、ううっ(涙)

slide3_20120825214900.jpg

愛機と記念撮影。ご苦労様でした、ありがとう。
撮影はちょんあーさんです、ありがとうございます。

P1030020.jpg

新品だったA032のショルダーがボロボロにw タイヤ様もお疲れ様でした。

SVでのセッティングが良かったのかたまたまコースに合ったのかは分かりませんがw、今回ほとんどアンダーを出さずに走ることができました。ガチで追いかけっこをしていた決勝でもです。しかし高速コーナーで頑張り続けるとこんなになるわけですねw もう少しネガキャンを強めた方がいいのかもしれません。

ちょっとだけ油温に関する情報も。

今回の走行会では、ラミノーバに交換してから初めてガチで高回転高負荷を続けたわけですが、3周全開、1周クールダウンで10から20周走り続けたフリー走行で水温95℃、油温95℃、15周全開を続けた決勝で水温97℃、油温100℃でした。油温の測温はオイルエレメントブロック部分、つまりラミノーバの手前でしたので、ヘッドを通る前の冷却水で冷やされるラミノーバの後ではもう少し低い温度になっていると思います。いずれにしても、さすがにこのコンディションでは80℃で安定というわけにはいきませんでしたが、オイル的には十分許容温度と言えるでしょう。

一方、モカールの空冷10段オイルクーラーを装着してきたプリンミニさんの場合、フリー走行後でも油温60℃と、ちょっとオーバークール気味だったようです。空冷式オイルクーラーのデリケートさがよく分かる結果でした。

P1020922.jpg

戦い終わって帰る準備です。

大きなローダーに小さな車がてんこ盛り・・・小さい子が喜びそうなシチュエーションですよねw

P1030016.jpg

こちらもそんな感じw 上下に2台ですw

P1030024.jpg

これなんか前後上下に4台。ホントにミニカーみたいですねw

P1030018.jpg

リメンバーFSW・・・、来年はこっちが笑ってやるからなw

P1030064_20120825214015.jpg

最後にゲート前で記念撮影。

P1030066m.jpg

そしてチームSVを見送って本日のミッションは終了! 

参加者の皆さんお疲れ様でした。そして応援に来てくれたtetsuさん、ちょんあーさん、英Ω鉄さん、マグロさん、感謝です。

レース初参戦は僕にとってほろ苦いところもありましたが、他の車とガチで追いかけっこするのはとても楽しかったですw
楽しんだ代償としては3日経った今もなお残る全身筋肉痛と、今のところ問題は出てないですがシャシーのダメージが気になる所です。

とはいえ、何かあったとしても直しますけどね。またこの場に立ってこの緊張感を味わうためには何でもするでしょうよ。きっと参加した皆さん気持ちは同じだと思いますw



にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

日本ブログ村の車/Miniカテゴリーでランキング参加してますので、上のバナーをクリックお願いいたします。Mini関係のBlog満載ですのでリンクとしてもご利用下さい。

続きを読む

テーマ : 英国車ミニへの想い
ジャンル : 車・バイク

TCC in FSW 動画編

タートルクラブマンカップに初参加して走りまくった翌日の木曜日は普通に会社出勤日でしたが、朝起きると体が重くてしかも体中が痛いw おそらく、下りストレートからフルブレーキングしつつ1コーナーに飛び込むなんていう普段やらないような芸当で、しかも誰かをガチで追いかけ回しながら全力で走り続けるという大冒険に、めっちゃ緊張していたんだと思います。走っているその時はアドレナリンとかエンドルフィンで麻痺していたんでしょうねw

そんなタートルクラブマンカップ in FSWショートコース参戦記、今回はまず動画編です。

今回のTCCには30台のミニが参加しましたが、年式、排気量、チューニング状態が全車異なっているためw、午前中に行われたフリー走行で各車タイムアタックし、そのタイムで午後からのタートルカップの出走クラスとグリッド順位を決め、午後から各カテゴリー毎に15周の模擬レースを行うという段取りでした。

20120823.jpg


動画では午前中のフリー走行と午後のBクラスのレースの車載動画、そしておまけでAクラスのレースの一部始終を紹介しています。

フリー走行では、タートル最速のカメ50番さんにぶち抜かれた後で追いかけようと努力する姿(ちなみにラップタイムで4秒差w)、その後の周回でエルメス号を追いかける姿、そして自己ベストを出した周回を紹介しています。どんな雰囲気の走行会なのか、そしてどんなコースなのかを見て頂けると嬉しいです。

Bクラスのレースでは、スタートを失敗して出遅れ(涙)、最初の周回の登りでスピードを乗せることができずに後続車に抜かれ(号泣)、その車をやっきになってずっと追いかけ回して苦闘している様子が見て頂けると思います。焦ってどんどん運転が荒くなっているような(汗)、そして自分がこれほど攻撃的だったということを動画を見直すことで発見することができましたw 人間普段は大人しくても、いざ競争するとなったら叫ぶもんなんですねえw

最後におまけに付けたAクラスのレースでは、100馬力を超えるモンスター達がダンゴになってしのぎを削る様子を見ることができます。音もスピードも凶悪ですよw

それにしても動画を見ているとあの時こうしておけば良かったと思い付く所がたくさん出てきて、すぐにでもまた走りたくなってきます。これまでにサーキット走行は何度も経験がありますが、こういう感じは久しぶりです。レースって中毒性が高い気がします。うーむ、ジャンキーですねw



にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

日本ブログ村の車/Miniカテゴリーでランキング参加してますので、上のバナーをクリックお願いいたします。Mini関係のBlog満載ですのでリンクとしてもご利用下さい。

テーマ : 英国車ミニへの想い
ジャンル : 車・バイク

TCC in FSW 結果速報

富士スピードウェイショートコースで開催されたタートルクラブマンカップに参加してきました。旧ミニの大手プロショップであるタートルトレーディングさん主催です。

疲労困憊しているので本日は取り急ぎ結果のみご報告です。

今回のTCCにはミニが30台参加しました。年式、排気量、チューニング状態が全車異なっているためw、午前中に行われたフリー走行で各車タイムアタックし、そのタイムで午後からのタートルカップの出走クラスとグリッド順位を決め、午後から各カテゴリー毎に15周の模擬レースを行うという段取りでした。

SVからは、プリンミニさん(チューンド1300ccインジェクション)、MiniG1さん(チューンド1275S Mk1)、そしてみくた(チューンド998クーパー Mk1)が参加しましたが、ラップタイムランキングではプリンミニさんが30台トータルの中で6位、MiniG1さんが同じく5位でAクラス入りを決め、みくたは30台トータル中12位でBクラスとなりました。

ラップタイムランキング1位から10位の車で争われるAクラスは100馬力を超えるモンスターばかりで、その中の中位グリッドからのスタートとなったプリンミニさんとMiniG1さんは、最初から最後まで大混戦の中でレースを展開してくれましたが、結果としては順位を上げることはできずMiniG1さんが5位、プリンミニさんが6位というリザルトとなり、残念ながらAクラスの表彰台はゲットできませんでした。

で、ラップタイムランキング11位から20位までで争われるBクラスでは、必然的に僕がフロントロウで(汗)しかも11位の車がマシントラブルで棄権したために首位スタートとなりました。詳細は後日レポートしますが、スタートで3番手グリッドのミニに首位を奪われてからずっとそのミニを追う展開となり、途中赤旗中断などのハプニングもありましたが結果的には2位でのゴールとなりました。

20120822m.jpg

そんな感じで人生3度目のポディウムに立ってきました。あーくそ、勝ちたかったなあw

Cクラスでは、先日のツーリングでご一緒しただいまりんさんが3位に入りました。おめでとうございます。

そしてサポーターとして参加してくれましたtetsuさん、ちょんあーさん、夜勤明けで来てくれた英Ω鉄さん、仕事を抜けて来てくれたマグロさん、どうもありがとうございました。怪物ばかりのアウェーの中でとっても心強かったです。

またやりましょう!w



にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

日本ブログ村の車/Miniカテゴリーでランキング参加してますので、上のバナーをクリックお願いいたします。Mini関係のBlog満載ですのでリンクとしてもご利用下さい。

テーマ : 英国車ミニへの想い
ジャンル : 車・バイク

TCCに向けて慣らし運転

本日はお盆休みの連休の最終日でした。長かった連休も今日でおしまい、明日からまたお仕事です。次の冬の連休まで何とかがんばらねばw

この連休中は天気の悪い日が多くて、家に引きこもってビールばかり飲んでましたが、昨日夜から酒を断ってリハビリモードに入りました。何を目的としたリハビリかというと仕事へのではなくてw、今週水曜日のタートルクラブマンカップに向けて、ですw

そんなわけで天気も良かったので軽く箱根にドライブに行ってきました。新しくしたタイヤとブレーキ、そして自分自身の感覚を慣らすことが目的です。先日の清里合宿で300kmほど、連休中のSV往復でさらに300kmほど走り込んでまして初期の慣らしは完了していると思いますので、今日はワインディングでキッチリと加減速し、ガッツリと横Gをかけて、ブレーキとタイヤ、そして自分自身に焼きを入れてきましたw

最初の登りでは、ミニにSタイヤを履いた時点で箱根の登りではほとんど何事もなくコーナーをクリアできてしまうため、攻め込むよりはむしろターンインのリズム感を取り戻すのと横Gをきれいに掛けることを意識しながら自分の感覚のリハビリを心掛けました。感覚がだんだん戻っていってターンインや切り返しがスムースにできるようになる感じ、こういうリハビリは気持ちいいですねw

登り切った所、御殿場側の料金所の手前でUターンして今度は同じ道を下ります。今日は同じような練習をしているバイクが何台か居て、軽く追いかけっこみたいな感じになって楽しかったですw

短いストレートで存分にスピードを出してフルブレーキングし、ブレーキを抜きながらターンインして外側のタイヤにフル荷重をかけながらコーナーを周回し、次のコーナー目がけてフル加速、を繰り返しました。SVのブレーキパッドですが減速の感覚がつかみやすく最後の踏み足しも自由自在といった感じでいいフィーリングでした。下りだとアペックスあたりでステアリングをわずかに切り足すような状況ではさすがのSタイヤもスキール音が出るところまで行きますが、まだまだ余裕アリアリといった感じでとても頼もしいですw 目の前でフルバンクしているバイクの方が余裕がない感じがw タイトコーナーが連続するこういうステージでは本当にミニ速いです。楽しかったですw

ブレーキとクラッチ系の剛性感が増したためペダルタッチはどちらも素晴らしいですが、逆にペダル自身のキシミ音が気になるようになってしまいました。大丈夫かなこのペダルw

P1020829.jpg

ワインディングを往復した後でも油温は83℃程度、アイドリングでも油圧は2kg/cm2を維持できてます。

P1020831.jpg

下りでかなり虐めたつもりなんですが煙すら出ずw ストリート用とは言えなかなかタフなパッドですw

P1020834.jpg

タイヤの方はそこそこ皮むきできた感じです。ショルダーはまだまだ余裕ありますねw

P1020838.jpg

エンジンルームも、冷却水、オイルともに漏れ無し!
普通の車ではあたり前なことが何故かとても嬉しい、そんな幸せになれる車ですよねw

エキマニをチタンにしてからパーコレーションも起きてません。チタンの熱伝導の低さが効いているのかもしれません。

P1020835.jpg

今日の箱根はそこそこ込んでまして、美華ガーデンの駐車場も混み合ってました。

P1020836.jpg

暑いですが、暑さのピークは越えたような感じでしょうか。なんとなく爽やかさを感じたドライブでした。

水曜日も晴れますように、できれば少しでも爽やかな風が吹きますように、そして何より無事完走できますようにw




にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

日本ブログ村の車/Miniカテゴリーでランキング参加してますので、上のバナーをクリックお願いいたします。Mini関係のBlog満載ですのでリンクとしてもご利用下さい。

テーマ : 英国車ミニへの想い
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

みくた

Author:みくた
運動神経のなさを経験値でカバーしようと企むAround 40です。
これまでランエボでのサーキット走行にハマり、最近はClassic MINIに惚れ込んでます。Mini1000、1300キャブクーパーとおんぼろミニを乗り継いで、Austin Mini Mk1 に辿り着きました。レストア、トラブル対策とのんびりドライブを楽しんでます。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

日本ブログ村のMiniカテゴリーでランキング参加してますので、上のバナーをクリックお願いいたします。
Mini関係のBlogが満載ですのでリンクとしてもご利用下さい。

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
にほんブログ村

こちらは旧車カテゴリーです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
ブログ村 新着記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR