FC2ブログ

ミニディ・ツーリングのご連絡

今週も今日で折り返しポイントを過ぎ、あとは週末のミニディを待つばかりとなりました。ミニ乗りの皆様におかれましては毎日ワクワクされていることでしょうw

DSCN2624m.jpg

09年のミニディ会場の様子です。10年はエンジントラブルで参加できず、11年は雨でキツくて・・・、写真選んでたら3年前まで遡ってしまいましたw でも今年は天気も良さそうで期待できそうですよね。

先日、ミニディ当日の往路でご一緒しましょうと呼びかけたところ、だいまりんさん、だいまりんさんのお友達、英Ω鉄さん、まつとしさんが名乗りを上げてくれました。だいまりんさんとお友達の横浜組と、みくた、英Ω鉄さんが富士川SAで待ち合わせ、牧之原SAでまつとしさんと落ち合い、5台で渚園になだれ込む予定ですw

できれば富士川SAに6:00集合にすると他のツーリング組とも時間が一致してミニであふれかえる東名高速をエンジョイできるかと思いますが、横浜組のお二人の気合いはいかがでしょうか? 横浜組の希望時間に応じてその後のスケジュールを決めたいと思いますので、よろしくご検討下さいです。

だいまりんさん、できればこのブログの左にあるメールフォームでメールを下さい。折り返しこちらの連絡先をお知らせします。

もし他にも参加したいという方がいましたら、当日までに名乗りを上げてください。

以上、よろしくお願いいたします。



11/2追記、金曜日朝の富士山です。
これくらい晴れますようにw




にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

日本ブログ村の車/Miniカテゴリーでランキング参加してますので、上のバナーをクリックお願いいたします。Mini関係のBlog満載ですのでリンクとしてもご利用下さい。

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

このブログの過去ログ一覧です。ご利用下さい。

テーマ : 英国車ミニへの想い
ジャンル : 車・バイク

ラミノーバの効果検証

本日日曜日、裾野市は残念ながら雨ですが、家でビール飲んだくれながら料理しつつ、煮込み時間の間にこの記事を書いてますw

かなり気温が下がってきてミニの暖気に時間がかかるようになってきたのではないでしょうか。ラミノーバ(水冷式オイルクーラー)を取り付けて本当に冬の暖気が早くなるのか気になるところです。そんなわけで昨日ミニに乗って買い出しに出かけた時に油温の上がり方を記録しておいたのでレポートします。

前提条件は以下の通りです。
・気温15℃、
・ミニは屋外に一週間放置して冷え切った状態からのエンジンスタート、
・水温はヘッド部分、つまり一番温度の高い部分で計測、
・油温はエレメントブロック部分で計測、つまりオイルパンよりは10℃程度低く、ラミノーバを通る前のオイルの温度となります。

IMG_3255.jpg

エンジン始動直後の油圧は6.2kg/cm2。ノーマルのリリーフバルブの開弁圧は4kg/cm2ですが、強化型のプレッシャースプリングを使用しているため6.2kg/cm2まで油圧が上がるようになっています。
始動直後に油圧が上限圧である6.2kg/cm2まで上がってしまうのは、オイルが冷え切っていて粘度が高いために油圧が6.2kg/cm2を越えてしまって、オイルポンプ直後のリリーフバルブが開いてオイルポンプからオイルの全量が送り出されずに一部がオイルパンに戻されている状態かと思います。
この状態でアクセルを踏むと、オイルポンプが回転を増してもリリーフバルブからオイルパンにオイルが戻る量が増えるだけでエンジンに回るオイル量が増えないため、機械的にはちょっとばかり危険な状態となります。せめてオイルが温まって油圧が上限圧から下がってくるまではおとなしくアイドリングするべきかと思います。

そんなわけでアイドリングのまま約3分間暖機し、水温計の針が50℃を超えてから車を徐行で動かし始めます。
この段階で水温55℃、油圧5.5kg/cm2です(上の写真の状態です)。

IMG_3257.jpg

徐行のまま約3分走行した後の、国道に出る最初の交差点にて。
水温77℃、油圧4.3kg/cm2です。

アイドリングでここまで油圧が下がればオイル潤滑量的にはアクセルを踏んでも問題ない状態となります。
冷却水の観点では、まだサーモスタッドが開いておらずブロックとヘッドの間で冷却水が循環している状態ですね。この段階では油温は測定限界である50℃未満。ただし油圧が順調に低下していることから暖まりつつはあるようです。

IMG_3259.jpg

国道を4速3000rpm程度で約3分間ほど走った後の交差点にて。

水温88℃、油圧3.8kg/cm2です。
サーモスタッドが開いてラジエターとの間で熱交換が始まってますが、まだ電動ファンは回っていない状態です。

IMG_3261.jpg

この時に油温計の針が動き始めました。約51℃?w

IMG_3264.jpg

さらに5分程度国道を走った後の交差点で、電動ファンが回り始めた状態にて。

水温94℃、油圧3.1kg/cm2です。
うちのミニは機械式ファンを取り外しているので水温制御は電動ファンオンリーになってますので念のため。

IMG_3265.jpg

この段階で油温66℃。

IMG_3267.jpg

更に3分後、スーパーの近くの渋滞の中にて。
水温95℃、油圧3.1kg/cm2。これがだいたい街乗りの場合の定常状態です。

IMG_3270.jpg

この時に油温70℃です。街乗りでは油温もこれでだいたい定常状態です。

オイルエレメント部分で70℃ですから、オイルパンではだいたい80℃程度になっているのではないかと思います。
夏のFSW走行会で空冷式のオイルクーラーを装着したプリンミニ号の油温が全開走行後で60℃だったことを考えると、この気温の街乗りでエンジン始動後約20分で70〜80℃まで油温を上げることができて、かつ安定化できるのは、やはり水冷式オイルクーラーのメリットではないかと思います。

また、実際にはオイルは温度を測定している部位の後でラミノーバによって温められているため、油温計に表れる数字以上に暖められてからエンジン各部に送り出されているわけで、気温の低い条件でもエンジンに優しい潤滑系になったのではないかと思います。特に鍛造ピストンを組んでいるエンジンなどは温度変化によるクリアランスに敏感なため、オイルとエンジンブロック全体が十分に暖まった後でないと安心してアクセルを踏めないですが、そういうエンジンに向いているのではないかと思いました。

IMG_3274.jpg

スーパーの屋上駐車場にて。

車高のバランス含めた立ち姿といい少し色あせた赤といいベストバランスです。よね!w
我ながら赤ミニを溺愛してますねw

IMG_3272.jpg

先日の袖ヶ浦で頂いたボードをリアシェルフに置いていたんですが、激しく走ると落っこちるのでどうしたもんか悩んだ結果、

IMG_3276.jpg

助手席ドアに落ち着きましたw

こんな感じで料理とのんびりドライブしながらの油温確認で終わった週末でした。久しぶりにリフレッシュできました。しかし明日月曜日はまた出張でオフィスに朝7時集合とか言われてます。キビシーですw



にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

日本ブログ村の車/Miniカテゴリーでランキング参加してますので、上のバナーをクリックお願いいたします。Mini関係のBlog満載ですのでリンクとしてもご利用下さい。

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

このブログの過去ログ一覧です。ご利用下さい。

続きを読む

テーマ : 英国車ミニへの想い
ジャンル : 車・バイク

今日の夕食はポトフ

ヘビーな一週間が終わって泥のように眠って週末を迎えました。起きたのは昼前頃で、久しぶりに熟睡して頭がスッキリしました。このまま起き抜けにビール飲もうかなとも思ったのですが、さすがにそれは人としてどうよと思い直し、夕食の買い出しに出かけました。

IMG_3250m.jpg

今日の富士山・・・ではなくて、たしか木曜日あたりの朝の富士山です。

気温が下がっていよいよクッキリはっきり見える季節がやって来たって感じですw 今日の気温も15℃くらいで肌寒く感じるので、何か暖まってお腹に良さそうなものを作ろうと思いました。

何を作ろうか悩んだ結果、ポトフに決定しました。
ポトフってジャガイモやソーセージを使うのでドイツあたりの料理かなと思っていたんですが、フランスの家庭料理なんですね。しかもポトフという単語ではなく、Pot au feu、英語に訳すとPot on fire で、「火にかけた鍋」の意味でした。こんな一言に単語が三つも入っているとは、恐るべしフランス人w

IMG_3281.jpg

ジャガイモの皮を剥いてオリーブオイルで素揚げします。煮崩れるのが嫌なので切らずに丸ごと使ってます。

IMG_3282.jpg

続いてニンジンを投入。ざっくりと熱を通します。オリーブオイルの匂いが溜まりませんw

IMG_3284.jpg

水を入れて強火で加熱を始め、タマネギを投入します。これもバラけるのが嫌なので爪楊枝を刺して固定してます。

IMG_3285.jpg

煮立ってきたらアクを取ります。

ポトフは日本のおでんと同じで澄んだスープですが、スープを濁らせないためにはナベの蓋をせずに加熱し、アクを丁寧に取るという作業が必要になります。アクというのは食材から出てくる水に溶けきらないほど大きなタンパク質や脂肪の分子で、取らずに放置していると中途半端に水溶化してスープを濁らせる原因になります。ナベの蓋を開けたまま加熱するのは、アクの成分が水面で外気に触れて冷やされることで析出(固体化)する現象を利用した、アクを取りやすくするための工夫です。

カレーなどの場合には、これとは逆に蓋をして煮込むことで水面の温度を下げないようにして、アクの成分を水面で析出させずに水中に留め、強制的に加熱分解することで水溶化させてコクを出します。こんなふうに料理ってかなりケミカルな理論に基づいているので、やっていて面白いですねw

IMG_3287.jpg

沸騰した状態でアクを取り終えたら一旦ジャガイモを取り出して退避させます。煮崩れてしまうのを防ぐためです。

IMG_3286.jpg

ロールキャベツが手に入らなかったのでキャベツを入れました。これもバラけるのが嫌なので芯の部分でつながった状態で煮込みます。

IMG_3288.jpg

セロリも投入。葉っぱの部分も刻んで入れてます。ここで火を弱火に切り替えます。

IMG_3289_20121027212003.jpg

ニンジンとかキャベツとかセロリの端の余った部分は茶々さんにお裾分けです。盆と正月がいっぺんに来たような顔して大慌てで食べてますw

IMG_3292.jpg

ここまでだと単なる野菜鍋になってしまうんですが、「みくた」ならぬ「にくた」としては、そこはやはり肉を入れないといけませんねw

御殿場高原のソーセージ三種詰め合わせ。スモーク、レモン&パセリ、チリです。これらをブツ切りにして投入。

IMG_3294.jpg

米久のベーコンブロック。これも大きめに切って投入。

ソーセージもベーコンもスープにダシを出してくれますが、熱を与えすぎると肉側の味や風味が無くなってしまうんですよね。なので必ず弱火にしてから、スープに沈めずに水面近くで長時間煮込むようにしてます。ベーコンが煮込まれてトロトロに柔らかくなって、しかもスモークの風味が残っている状態になるとベストです。

IMG_3297.jpg

ニンニクは芽の部分を抜いて投入。

IMG_3301.jpg

これは今回初トライのスペアリブ。春の富士山ツーリングに参加したことがある方は御殿場高原ホテルで食べたことがあるアレですw これを今回は入れてみました。我ながらちょっとばかり贅沢メニューですw

IMG_3304.jpg

骨のところで切って、そのまま囓りつきたい欲望に耐えて鍋に投入。

IMG_3307.jpg

ジャガイモを戻し、弱火のまま1時間煮込んで完成です。調味料は塩胡椒のみ。

IMG_3308.jpg

ベーコンとスペアリブが柔らかくなって美味しいです。ソーセージ、ベーコン、そしてスペアリブからスープに味が出て何とも言えない濃厚な味わいになってたまりませんw 暖まりましたw



にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

日本ブログ村の車/Miniカテゴリーでランキング参加してますので、上のバナーをクリックお願いいたします。Mini関係のBlog満載ですのでリンクとしてもご利用下さい。

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

このブログの過去ログ一覧です。ご利用下さい。

テーマ : 英国車ミニへの想い
ジャンル : 車・バイク

ちょっと一息

今週の月曜日だったと思いますが、富士山の頂上が冠雪しました。
真夏の黒い富士山もいいですが、やっぱり頂上が白い方が絵になりますよねw

20121025_fuji.jpg

富士山の爽やかさとは裏腹にハードな週となってます。

9月の米国出張の時に7年越しの仕事を完了させました。
思い起こせば7年前にこの仕事が始まった時、「きっとみくたさんは簀巻きになって沼津港に浮かぶな」「いやコンクリート詰めだと思うな」と、皆に散々噂されるくらい金食いのリスキーな仕事でした。

それを何とか無事に相手と握手して終えることができてホッとしていたんですが、会社組織というのはそれで話を終えさせてくれるほど甘くは無く、「最終的にいくら使ってどんな成果を得たのか偉いさんに報告せよ」という非情なオーダーを受けたのが先週で、連日ヒーヒー言いながら資料をまとめて本日ようやくその儀式に臨んできました。

正直、どう言おうが絶対にぶっ殺されると覚悟してまして、一緒に出席してくれた若いメンバーに「俺の散り様を見ておけ」と冗談半分で言ったものの正直ヒヤヒヤのドキドキ、半分涙目でしたが、なんとか無事に終えることができました。

この開放感w

しばらく何にもしたくねえw

気持ちは既に渚園へw

そんなわけで11/4のジャパンミニディに参加される方、渚園までプチツーリングしませんか?
今のところ横浜のだいまりんさんとそのお友達と一緒に行くことになってますが、旅は道連れ世は情け、全然知らない人ばかりのイベントってのも意外とツライもんですし、ご一緒して楽しみましょうw

20121025_movie.jpg

3年前のミニディ、行きの東名高速での動画です。
こんな感じで道路をミニで埋め尽くし、さらにその中の一台が自分かと思うと楽しいですよw

あぁ、待ち遠しいw 今年は晴れるといいですね〜w




にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

日本ブログ村の車/Miniカテゴリーでランキング参加してますので、上のバナーをクリックお願いいたします。Mini関係のBlog満載ですのでリンクとしてもご利用下さい。

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

このブログの過去ログ一覧です。ご利用下さい。

テーマ : 英国車ミニへの想い
ジャンル : 車・バイク

Mini Connection 2012 本編です

袖ヶ浦フォレストウェイで開催されたMini Connection 2012参戦記、本編です。

teaser_news_1_3.jpg

↑ 案内ページにリンクしてます。

Mini Connection はBMW Miniのイベント、しかも2年に一度のかなり大規模な催しだそうで、今回も1000台以上のエントリーがあったそうです。
BMW Miniのイベントではあるんですが、旧ミニを何台か並べて展示したいという話があったようで、miniG1さん、SVのプリンミニさんを通して話を頂きました。

ただ、最近仕事が忙しい上に宴会が多くてグロッキー気味だったんですよねw
月水と宴会で、前日の金曜日は東京出張でしたが同じ会議に参加されてた同業他社の方と意気投合して有楽町のガード下に飲みに繰り出した結果、帰宅は新幹線の終電で自宅着0:00、翌朝4:30起きで袖ヶ浦に向けて出発するという超強行スケジュールでした。ちなみに指定された集合時間は朝の7:30、キビシーですw

P1040031.jpg

それでもそれなりに時間に余裕を持って家を出たんですが、横浜保土ヶ谷バイパスの事故渋滞で全て吹っ飛び、会場に到着したのは30分遅れの8:00でした。
しかもそこから一般入場者の列にはまり込んでさらに遅刻しましたw 一般入場者の方々もなんで旧ミニがこの列に並んでいるのか分からなかったに違いないですw

P1040034.jpg

駐車場についても周りは新ミニばかりで視線が痛いですw しばらくウロウロしてようやく運営側の人を探し出して展示場所に案内して貰いました。
迎えに来てくれたtetsuさん、四街道Mさん、どうもありがとうございました。

P1040351.jpg

説明パネルまで準備してくれてるんですよね。びっくりしました。

P1040043.jpg

ゲートオープン前になんとか準備完了!の旧ミニ軍団。
ま、危うかったのは僕だけですけどねw

P1040331.jpg

サポーターとして集まってくれた旧ミニの仲間達。
駐車場の中でも一カ所に集めてくれるなど、運営側も気配りしてくれていたようです。

P1040057.jpg

そしてゲートオープン。各イベントへの申し込み受付ブースへは長蛇の列ができてました。

P1040058.jpg

今まで旧ミニのイベントは何度も行ったことがあるんですが、そのどれとも違って何となく会場全体がかっこいいんですよね。黒で統一された壁、テーブル、椅子といった設備的な面もありますが、何と言っても女性が多いw そしてライブイベントが歌、ダンス、フラフープ、ファッションショー、ドッグショーと多彩なんです。

会場も常に音楽が流れてまして、それもDJさんが流しているんですよ。

P1040093.jpg

またこのDJさんがカッコイイというか何というかw

P1040063.jpg

正面ゲート付近に置かれたディスプレイ。
昨年の東京モーターショーでもそうでしたが、新ミニは壁に貼り付けるのが流行っているんでしょうかw

P1040278.jpg

それでもこうやって遊ぶ人達も増えてきて、だんだん盛り上がってきますw

P1040072.jpg

展示されていた車両のご紹介です。

僕は新ミニは詳しくないので詳細は分かりませんがw、こちらはギタリストの布袋さんがプロデュースしたミニだそうです。

P1040075.jpg

こちらも違うバージョンですが布袋さんプロデュース。

P1040080.jpg

ミニクーペとカントリーマン。

P1040108.jpg

ゼブラとヒョウ柄、食物連鎖ですねw

P1040113.jpg

このカントリーマンは色がクラシカルで良かったです。青空の下でキレイに映えてました。

P1040157.jpg

ロールスロイスがプロデュースしたという個体。内装は全てベージュのコノリーレザーでした。

P1040266.jpg

こちらは限定モデルでしょうか。

P1040272.jpg

BMW製のビックスクーターも展示されてました。

P1040279.jpg

人出も増えてきた会場内。

P1040090.jpg

プロドライバー5人がミニを運転して、その助手席に座ってサーキット走行を体験できるという「Racing Taxi」は一日中大人気でした。

P1040313.jpg

こちらはドレスアップコンテストの参加車両達。

P1040083.jpg

AKBの歌を作曲したという音楽家さんのライブ。

P1040181.jpg

フラフープショー。一般の方への指導会もありましたw

P1040257.jpg

このフラフープ関係者はショー以外の時間帯はちびっこの遊び相手の役も果たしていたようで、終始ちびっ子達が集まってフラフープやったり踊ったりしてました。僕ももう40年若かったら参加してたんですがw

P1040142.jpg

ドッグショーへの参加者さん。でかかったですw

P1040125m.jpg

飼い主さんであるバロンままさんからコメントを頂いたので写真追加しますw
DUC(デューク)さんとGRAND(グラン)さんです。こんな感じで会場中で人気者でしたw

P1040126m.jpg

写真撮ってたら突進してきて焦りましたw

P1040369m.jpg

ステージの出番待ち状態。
大人しく待っていて賢いですw うちのウサギには絶対無理ですねw

P1040175.jpg

こちらも同じくドッグショーへの参加者さん。おとなしくて賢かったですw

P1040365.jpg

ドッグショーの審査員の方々。
お偉い方々はどうでもいいですが、そこの2名!、その犬耳について趣旨を小一時間問い詰めたいw

P1040372.jpg

僕ならば間違いなくあなたたちに一票入れたいですw

P1040062.jpg

ケータリングサービスも充実してました。

P1040130.jpg

ケータリングサービスの前には休憩場所も。テーブルと椅子が黒で統一されているのがカッコイイですw

P1040128.jpg

お昼寝スペースもありました。ただ日焼けしそうですけどw

P1040188.jpg

「みくた」改め「にくた」としては、これを見過ごすわけにはいきません。トルコ風ケバブです。

P1040183.jpg

豚肉を何重にも巻き付けて肉の筒を作り回転させながらじっくりあぶり焼きするという調理法で、上から垂れてくる脂で照り焼きになるという素晴らしいシステムです。ナイフでそぎ落として野菜と一緒にサンドイッチにして食します。

P1040196.jpg

こんな感じです。

P1040200.jpg

お肉はこんな感じ。味わい深くて旨いです。ビールが欲しいw

P1040280.jpg

大型バスで会場に乗り付けてきた背広姿の一団。いわゆる制服組、つまりスポンサーさん達でしょうか。現役で販売されている車種の場合、こういうスポンサーが付いてくれる所がイベントとしては有利なんでしょうね。旧ミニでは難しいのかなあw

P1040046.jpg

ワンメイク用の車も展示されてました。

P1040050.jpg

大型のウィングとディフューザー。

P1040051.jpg

スリックタイヤ。

P1040052.jpg

でかいブレーキシステム。

P1040210.jpg

緻密に組まれたロールケージ。

P1040211.jpg

特にキャビン部分が丁寧に組まれてます。

P1040213.jpg

パイプケージだけで無くガゼットも使って立体的になってます。さぞかし効果があることでしょうw
ドライバーの頭上にのみパッドが入ってますね。

P1040194.jpg

我々の展示はというと、結構好評だった気がしますw

P1040197.jpg

こんな感じでスチル撮影やら、

P1040302.jpg

動画撮影までされてました。どうせならば走る姿を撮影して欲しいですけどw

P1040202.jpg

女性に受けるのが嬉しいですね。
やはりこの形は世代を超えて普遍的に可愛いんでしょう。乗り心地は相当にスパルタンですけどねw

P1040204.jpg

もっとじゃんじゃん写真撮って下さいw

P1040373.jpg

何ならこれから一緒にドライブでm(ry

P1040488.jpg

陽が暮れてきました。そろそろ祭りもお終いです。

P1040452.jpg

DJさんとダンサーさん軍団がオブジェの下で記念撮影w

20121020_movie2.jpg

イベント最後の企画、参加者によるパレードランです。お疲れ様でした!

P1040484.jpg

一般参加者の方が帰った後でこちらも帰宅準備です。

このパネル持ち帰っていいそうです。いい記念になりますw
こうやってフロントウィンドウに並べると For Sale に見えますねw

P1040505.jpg

サポート軍団も合流して記念撮影。

P1040509.jpg

ヘッドライト点灯。ATフィールド発動ですw

さあこれからまた2時間かけて帰宅するのか〜と思っていたら、アクアラインの事故渋滞で4時間ほどかかりましたw

会場に到着するまでは正直言うとイマイチ気乗りしない〜、でもminiG1さんとプリンミニさんからの話だしなあ、という気持ちでの参加でしたが、実はかなり楽しかったです。
新ミニの世界がどんななのかも分かったし、プロの運転も体感できたし、何よりも新ミニのオーナーの中にも旧ミニを好ましく思ってくれている人が少なからずいるのも分かったしw

迷った時は乗るべし、鉄則ですねw どうもありがとうございました。



にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

日本ブログ村の車/Miniカテゴリーでランキング参加してますので、上のバナーをクリックお願いいたします。Mini関係のBlog満載ですのでリンクとしてもご利用下さい。

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

このブログの過去ログ一覧です。ご利用下さい。

テーマ : 英国車ミニへの想い
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

みくた

Author:みくた
運動神経のなさを経験値でカバーしようと企むAround 40です。
これまでランエボでのサーキット走行にハマり、最近はClassic MINIに惚れ込んでます。Mini1000、1300キャブクーパーとおんぼろミニを乗り継いで、Austin Mini Mk1 に辿り着きました。レストア、トラブル対策とのんびりドライブを楽しんでます。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

日本ブログ村のMiniカテゴリーでランキング参加してますので、上のバナーをクリックお願いいたします。
Mini関係のBlogが満載ですのでリンクとしてもご利用下さい。

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
にほんブログ村

こちらは旧車カテゴリーです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
ブログ村 新着記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR