FC2ブログ

2015 SBoM第2戦 動画編

5/17に筑波サーキットで開催されたSuper Battle of Mini第2戦のミニ1000クラスへの参戦記、本日は車載動画をお届けします。



まずは予選の動画です。

昨年の最終戦、そして今年の第1戦と雨が続いていたので久しぶりのドライコンディションです。5月にしては暑過ぎる程の気温で、エンジンにもタイヤにも、そしてドライバーにも厳しいコンディションとなりました。

走り出してまず感じたのはスピード感とそれに伴う怖さですね。ウェットのレースを2回連続で続けてきたせいかドライでどこまで攻められるかの感覚が無くなってしまってまして、恐怖で引きつりながら何とか運転したものの妙にギクシャクした感じが最後まで残ってしまいました。動画で見てもコーナー手前でのブリッピングが我ながら荒いですが(汗)恐怖で身体がうまく動かない様子を感じ取って頂ければと思います。

数周走って少しは慣れてきたのですが、その頃にはタイヤが熱ダレでズルズルになってしまってもうタイムを出せる状態ではなくなってしまいました。その結果、ベストラップはギクシャクしながら走っていた2周目に出した1分16秒163に留まりました。自己ベストにすら届いていません。

そしてショックだったのはバックストレートでのスピードの伸びで、最終コーナーの手前でようやくなんとか4速に入るかな〜と言う状態で、明らかに加速が悪くなってました。これはデータでも確認できまして、予選におけるバックストレートでの最高速は2周目に記録した132km/hrで、しかも周回を重ねるに従って悪化して予選最終周の10周目には128km/hrまで下がってしまいました。

前回の135km/hrにも届かないという有様です。ちなみに予選の始め頃で100PS程度、最後は96PS前後しか出ていない計算になりまして、5ポート+スプリットウェバーの仕様の時と同程度まで戻ってしまった感じです。

145km/hrを狙っていたのにむしろ低下するとは・・・ショックでしたが、実はある程度は覚悟しておりました。この辺りの原因については後ほどご紹介しようと思います。

そしてここしばらく悩んでいた水温ですが、今回は思い切ってラミノーバを捨て、通常の機械式ウォーターポンプ+ドライデッキ加工+空冷式オイルクーラーの諸元まで戻して試してみた結果、ミニ1000クラス予選が開催された午前10時頃の気温(たぶん25℃くらい)であれば10周で100℃ちょっとまで水温を下げることが出来ました。状況はやや好転した感触です。



そして決勝の動画です。

前回と同じくミニ1000クラスとクラシックナロークラスの混走となり、僕はクラス2位、グリッド5番手からのスタートとなりました。PPは八講めぐみさんで予選タイムは1分12秒・・・1周で4秒も違うとなると勝負にもなりませんが、今日はガマンのレースです。なんとかクラス2位をキープしてゴールすること、そして次に向けて少しでも感覚を戻すことを心に決めてスタートの時を迎えました。

スタートでは左斜め前の4番グリッドに居たシンディさんがフライングしてしまうというアクシデントがありましたが、それ以外は混乱も無く全車1コーナーをクリアし、後はひたすら前走車を追う展開となりました・・・が、追いつけないんですよね(涙)徐々に離されながらなんとか順位をキープするという厳しいレース展開になりました。3周目だったかと思いますが、前を走っていたクラシックナロークラスの車両がオーバーヒートからリタイヤし、更に順位を一つ上げましたが、前走車が見えない状態でひたすら淡々と周回を重ねるという、自分を見つめ直す修行のようなレースでした。

決勝後半での水温は105℃を越えそうな勢いで、エンジン保護のために増量された燃料によってトルク感は更に薄くなりましたが、それに加えてレブリミットもどんどん下がってきて5000rpm以上回らなくなってしまいました。この設定は聞いていなかったので「壊れたか?」とかなり焦ったのですが、決勝後にP師に確認してみると(本人も忘れていたようですが)確かにそういう設定になっていました。そういう行き違いは精神衛生上とっても良くないので勘弁してほしいのですが、この日のSVミニ軍団はトラブル続きでP師はその対応に忙殺されていたのでまあしょうがないかと思ってます。

結局総合3位、クラス2位でゴールを果たしましたが、理想とはほど遠い課題の多いレースとなりました。表彰台でのインタビューで八講めぐみさんが語った「ライバル不在のレースでした」という言葉が胸に突き刺さりましたね・・・何としてでも何とかせねばなりますまい。



ここから先はこの日赤ミニが調子悪かった原因編になります。なんか後から言い訳するみたいで書くべきか迷ったのですが、おつきあい頂ければ幸いです。

スターティンググリッド上で、そしてレース終了後にオフィシャルの方から声をかけられてます。動画には会話も記録されてますので内容を白状しますと、

レース前には「フォーメーションラップの左ヘアピンで右リアから液体(ガソリン)がこぼれている。止められないならば決勝では黒旗扱いで失格になるかもしれない」と。そしてレース後には「次までに対策してくるように」という内容でした。

実は決勝前にガソリンを追加で給油したんですよね。満タンにするとオーバーフローして漏れるリスクがあることは自覚していたので満タンにはせず8割程度に留めたのですが、それでもサーキット走行で横Gがかかった状態では漏れてしまったようです。こんな失格のリスクがあるような行為を何故あえて決勝前にしたかというと、トルク感が無いという問題を少しでも対策したい一心だったのです。

20150516_0002.jpg

実は前日に所沢まで行って秘密基地でパワーチェックして頂きました。

緑線が前回の計測結果、赤線が今回の計測結果ですが・・・4000-5000rpm近辺のトルクの谷を消すための対策をしたのでその効果を確認するのが目的だったのですが、これが予想外の結果となりまして、108PSから96PSまで馬力が低下してしまってました。

20150516_0001.jpg

当然のことながらトルクも全域で低下。4000rpm以上での低下が顕著です。

20150516_0003.jpg

トルクが低下したのには何か理由があるはずなんですが、その時は分かりませんでした。雨が降った後だったので気圧の低さや湿度の高さがあったかもしれませんが、12PSもの低下を説明できるほどではありません。セッティングが狂ったことも考えられましたが、A/Fはむしろ以前よりも良い方向に変わってましたし。

P1000822.jpg

原因が分からないまま、ガス欠しそうだったので所沢で30リットルほど給油し、外環を走ってSVにとって返し、圧縮圧力を測ってもらおうとしたところで何となく原因が掴めました。

P1000835.jpg

これです。

プラグが赤錆のような粉でびっしり覆われてます・・・、これ、ガソリンタンクにオクタンブースターを入れた時の状態なんです。しかしオクタンブースターが適正量ならば全体がほんのり赤くなる程度なんですが、これほどミッチリと赤くなった原因とは?

実はパワーチェックに行く前にP師が明日のレースに備えてオクタンブースターをガソリンタンクに入れてくれたのですが、ガソリンがほとんど空の状態で入れてしまいました。それを知らされていない僕はそのまま所沢まで走ってパワーチェックしてしまいました。P師にはパワーチェックするとは事前に伝えましたが、これほど影響あるとは気づかなかったのかもしれません。あるいは忙しすぎて伝え損なったのか・・・。
ともかく事実としてはオクタンブースター過剰の状態でパワーチェックしてしまったわけですが、ガソリンにオクタンブースターを入れ過ぎた場合、写真のようにプラグに堆積物が大量に付着し失火を誘発するという説があります(こちら)。12PS落ちの原因はおそらくこれですね。

それにしても、パワーチェックの後でガソリン30リットルを給油して30km走った後のプラグがまだなお上の写真のような状態でしたので、まだまだ適正濃度にはほど遠い、濃過ぎる状態だったのではないかと思います。今思えばこの段階で思い切ってガソリンを全量抜いて入れ替えるべきだったかもしれませんが、その時は「ガソリン追加したからまあ大丈夫だろう」とそのまま翌日のレースに臨んでしまったんですよね。その結果、予選では最高速が伸びないし、慌てて決勝直前にオクタンブースターを少しでも薄めるために追加で給油したらガソリン漏れで迷惑をかけることになってしまうし、しかも大して効果無かったし、と。その場しのぎのパッチ当てばかりで全く良い所が無い結果になってしまいました。

原因は僕とP師との連携の悪さですね。先のレブリミットの設定の件もそうですが、忙しすぎて伝えるべき事をお互いに伝えられなかったために良かれと思ってやった事が逆に働いてしまったという事例かと思います。反省です。

8月の富士までに38号車と互角に競えるよう対策し、実戦で検証した上で本番に臨みたいのですが、残されたチャンスは6/28のTBCC第9戦のみとなってしまいました。悔いなく走れるようP師共々全力を尽くそうと思います。



にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

日本ブログ村のMiniカテゴリーでランキング参加してますので、上のバナーをクリックお願いいたします。Mini関係のBlogが満載ですのでリンクとしてもご利用下さい。

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
にほんブログ村

こちらは旧車カテゴリーです。こちらもコアな記事が満載ですのでご覧下さい。

テーマ : 英国車ミニへの想い
ジャンル : 車・バイク

2015 SBoM第2戦 前夜祭等々w

5/17日の日曜日、筑波サーキットにて開催された2015 Super Battle of Mini(SBoM)の第2戦への参戦記、本日は前夜祭編をお届けします。

IMG_0028.jpg

整備のためSVに赤ミニを預けてあったので、僕自身は新幹線でSV入りしました。

僕と同じくSBoM第2戦に参戦するクロミニさんも整備のために車を預けてました。赤と黒・・・SVのイメージカラーですねw

IMG_0029_201505191810378d2.jpg

ボディの大改装を終え、その後の微修正のためにSV入りしていたイタリアン・ジョブさんとお会いできました。もちろんジョブさんの愛機であるレオニダス号も居ましたので出来映えを観察してみました。

IMG_0030_20150519181039ada.jpg

フロント部分はフルフロント加工されてますのでもはやただのFRPの皮一枚になってますがw、造形が凝ってます。カーボン製のリップスポイラー、その固定のためのステー、リップスポイラーからオーバーフェンダーまでつながる面の一体化などがポイントですね。

ミニは決して空力の良い車ではありませんが、であるが故にここまでやると効果高そうです。

IMG_0032_20150519181040c88.jpg

もともとサイドスポイラーを装着していましたが、今回は更にその下にカーボン製の整流板を追加して車体のボトムをフルフラット化しています。

IMG_0034.jpg

そしてボトムから連なるリアエンド部分はディフューザー形状に加工されています。もちろん全てドライカーボン製のワンオフ物です。

フルフラットのボトムとリアのディフューザー形状を市販車で最初に取り入れたのは1994年のフェラーリF355だったと思います。その後はスーパースポーツに応用されてきていますが、まさかここに来てミニに応用されるとはw

効果としてはボトム部分を流れる気流を整流することによる空気抵抗の低減はもちろんのこと、気流の流速を高めることでダウンフォース発生も期待できます。・・・まあ元々の形状が高速域で盛大にリフトを発生させるような代物ですので、リフトの軽減というのが正しいかもしれませんが、高速域での走行安定性は間違いなく向上することでしょう。

ミニの世界では三和トレーディングさんのレーシングミニにも採用されていますが、ここまで徹底的にやったのはジョブさんとP師が初めてじゃないでしょうか。お二人の情熱に敬意を表したいと思いますw

P1000827_201505191811385c4.jpg

この日、僕にはもう一つのミッションがあったので赤ミニで一旦SVを離れましたが、そのミッションを終えてSVに戻ってくると見慣れないもう一台の赤ミニが居ました。

P1000826_20150519184206f3e.jpg

ブログでいつもコメントしてくれるDAIさんとDAIさんの愛機の赤ミニでした。この日初めてお会いすることが出来ました。

濃紺一色に塗り込められたジョブさんのレオニダス号と対照的に、暗めのタータンレッド一色で塗り上げられたボディが目に鮮やかです。数年がかりでレストアしたばかりのピッカピカ状態ですよ、景色の映り込みがスゴイですw

P1000852.jpg

内装はカーペットレスで戦闘的に仕上げられています。レストアしたばかりの、ひょっとしてまだ乾いていないんじゃないか?と思わせるほど鮮やかな赤とブラックのトリムとのコントラストが目に沁みますw

P1000830_2015051918114403e.jpg

レストアが終わるのを待っている間に集めた(集めてしまった?w)というメーターやスイッチなどの小物を一気に大放出し、それらが機能的に配置されたインパネ。カッコイイです。

P1000832.jpg

ブレーキとクラッチのペダルはグレーにアルマイト処理されたワンオフ。何でもボディが出来上がるまでの間に磨いていたら表面のアルマイト層が削れて取れてしまい、処理し直したらグレーになってしまったという逸話付きですw

P1000834_20150519181144b83.jpg

ルーフライニングはMk1用の生地を使用。ワイルドさと端正さが同居する室内、落ち着きそうですw

P1000850_20150519181240a4b.jpg

エンジンルームもシンプルに仕上げられていて美しいです。

P1000851.jpg

エンジンルーム右側にはオイルクーラーとサブラジエターを配置して電動ファンで冷却しています。アイデアですね。

P1000843_20150519181238a20.jpg

DAIさんとハム美さん。なんとお揃いのTシャツだったようですw

ハム美さんはハム号をSVに預けている状態ですので、DAIさんの赤ミニに触れて今後ハム号をどんな車に仕上げるかで血が騒いだのではないでしょうか。

お互いに刺激を与え合ってそれぞれが高みを目指す、素晴らしい関係ですね。皆さんの高まった情熱とオーダーを受け止めなければならないP師は大変そうですがw

P1000856_201505191813467e0.jpg

DAIさんからお土産にどら焼きを頂きました。

酔っ払って寝る前の甘い物って身体に沁み入るように美味しいんですよねw、ありがとうございました!

P1000861_20150519181348e48.jpg

KADハムさん、ハム美さんと一緒に船橋のMさんが待つ亀戸に電車で移動しました。

目的地はもちろん「ホルモン吉田」!w 若干出遅れたので表で少し待ちましたが、僕らの後は長蛇の列が出来てました。危なかったですw

P1000862_20150519181349d17.jpg

前菜はレバーのタタキ!

ネギたっぷりの塩ダレとキリリと冷えたレバーの組み合わせ・・・空腹で感度が増した舌先に滋味が突き刺さるようですw

P1000871_201505191813500a9.jpg

続いてタン塩!

残念ながら厚切りタンは早くも売り切れになってしまってましたが、普通のタンでも文句なく十分美味しかったです。

P1000882.jpg

そしていきなりマックス!

当ブログの読者ならば改めて説明するまでもなくご存じの部位かとは思いますがw、カットせずに表面に切り込みのみを入れた大きな固まりのままのサガリ(ハラミの更に下の方の柔らかい部位)です。KADハムさんとハム美さんがこれを楽しみにしていたので、残っていて良かったですw

P1000901.jpg

船橋のMさんの采配で焼かれていきます。デカイですw

P1000914_2015051918143229f.jpg

良い焼き加減ですw

P1000917.jpg

ここで船橋のMさんがハサミでワイルドにカット!

P1000921.jpg

さあ召し上がれ!って感じですw

分厚いカットですが肉質は柔らかくて全く抵抗なく噛めますし、噛むと口中に肉汁があふれかえります。もうこれだけをいくらでも食べられる感じですね。ヤバイな〜、この記事を写真見ながら書いていてまた食べたくなってきましたw

P1000886_20150519181426df7.jpg

続いて今回初めてチャレンジした「クリミ」。

調べてみたところロースの一種で「ミスジに隣接する肩肉の希少部位。キメは粗いが柔らかでで濃厚な赤身の味わいが堪能できる逸品。良く運動する部位でもあるためエキスやゼラチン質が豊富で濃厚な味わいと同時に歯切れの良い食感が楽しめるダイナミックな赤身肉」とのことでした。

P1000890.jpg

「サッと炙ってワサビ醤油で上がって下さい」とのことでしたので、忠実に実行してみましたが・・・これヤバイです。炙りのトロのような食感と香りですね。また新しい世界を知ってしまいましたよw

P1000906_20150519181431068.jpg

これまで裏メニューだった、というか店長が趣味で焼いていたという「俺のビフテキ」。

リブロースの表面にニンニクバターと黒胡椒がまぶしてあります。

P1000949.jpg

船橋のMさんの焼きによりもちろんミディアムレアで、こちらはマスタードと専用のタレで頂きました。濃厚な肉の味わいがマスタードと組み合わさって独特なサッパリ感があるという不思議な美味しさでした。これもいくらでも食べられるなあw

その他にもミノ、マルチョウやシマチョウといったホルモン系もバランス良く頂いて楽しませて頂きました。船橋のMさん、いつも素晴らしい焼き役をありがとうございます!



にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

日本ブログ村のMiniカテゴリーでランキング参加してますので、上のバナーをクリックお願いいたします。Mini関係のBlogが満載ですのでリンクとしてもご利用下さい。

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
にほんブログ村

こちらは旧車カテゴリーです。こちらもコアな記事が満載ですのでご覧下さい。

テーマ : 英国車ミニへの想い
ジャンル : 車・バイク

2015 SBoM第2戦 速報です

P1010033.jpg

5/17日の日曜日、筑波サーキットにて三和トレーディングさん主催の2015 Super Battle of Mini(SBoM)の第2戦が開催されたので参戦してきました。例によって疲労困憊しておりますのでまずは速報のみお届けします。

P1010244.jpg

ヨーロピアン・クラッシック・チャレンジクラスにてF間さんが5位入賞!おめでとうございます!

首を寝違えてギプスを装着しながらの熱走、しかも決勝のスタートでは「他事考えていてシグナル見てなかった」(え?w)とのことで出遅れつつもこのリザルトですw

P1010264_201505172103576fd.jpg

SVミニ軍団ではトラブルが続出しました。

僕の赤ミニは何故かパワーが出ずストレートでスピードが伸びないという症状で苦しみました。それを皮切りに、ちょんあーさんのミニはキャブからガソリンがダダ漏れになったりw、

P1010297_20150517210526b64.jpg

白い天使さんのミニはサーキットに辿り着いた際に右フロントのハブベアリングにガタがあることが発覚し、予選前に何とか交換したものの予選中のストレートエンドで焼き付いてしまってコースアウト! 決勝までの間に何とか修理しようとメンバー総出で対処したものの、その思いは叶わずリタイヤとなってしまいました。

P1010274_201505172103573f7.jpg

順調そうに見えていた紫の悪魔さんのミニも決勝直前にスターターモーターが頓死するという大問題に直面し、皆で押し掛けして何とかエンジン起動というスリリングな状況でした。・・・どうやって帰宅するかという残課題は未解決のままですw

クロミニさんは走れなくなるほどのトラブルはありませんでしたが、決勝では水温上昇に悩まされました。推定120℃とのこと・・・要するにメーター振り切っていたということでしょうか(汗)パワーダウンはしたようですがそれでも完走を果たしてくれました。
そして全盛期のコリン・マクレーのような激しいドライビングスタイルが持ち前の魅力であるクロミニさんですが、今日は一度コースアウトしかけただけでステディに走りきることが出来たようですw

P1010290_20150517210358d6e.jpg

不肖みくたは八講めぐみさんやレースクィーンさんと一緒に写真に収まったりしてふやけた一日を楽しんでおりましたが、赤ミニの調子も自分自身の体調や気力もイマイチで攻めきれず、ベストタイムは1分16秒14に留まりました。

P1020307.jpg

クラシックナロークラスと混走となった決勝では5番グリッドからスタートして総合3位、クラス2位となりました。表彰台はゲットできたものの首位の八講めぐみさんには1周あたり3秒の大差を付けられてしまう体たらくで、反省の多い一戦でした。

まーそんな辛い現実を一時だけ忘れて、シャンペンシャワーの後、表彰台の上で「ドヤァ!」とポーズをとっていると・・・、

P1020312.jpg

八講めぐみさんが気づいてくれて・・・、

P1020320.jpg

最高の絵柄が撮れましたw

撮影はイタリアン・ジョブさんです、ありがとうございます!

P1020493.jpg

スーパーバトルクラスではヨシヨシさんが3位入賞!おめでとうございます!

10インチタイヤだと最初の2周でズルズルになってしまうという厳しいコンディションの中での3位入賞です。見応えのあるレースでした。

シャンパンシャワーでは涼しい顔をしつつ最初から首位のポジション目がけて発射してますw

P1020499_20150517210616caa.jpg

逆襲!そして激しい応酬w

P1020504.jpg

距離をとりつつもヨシヨシさんの勝ち!かなw

「やっぱりシャンパンをかけ合うと絵になるねえ」とは隣で撮影していた池カメさんの言葉でしたが、「八講めぐみさんにもかけた方が良かったですかね!?」と尋ねたところ「馬鹿なことをしちゃあイカン」と窘められましたw

「ダメだぞ!絶対ダメだぞ!」というノリでしょうか・・・次回僕はいったいどうするべきなのか?悩みが増えました。そんな悩みの前にシャンパンをかけることが出来る位置に居ないとイカンのですけどねw

続きます!


にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

日本ブログ村のMiniカテゴリーでランキング参加してますので、上のバナーをクリックお願いいたします。Mini関係のBlogが満載ですのでリンクとしてもご利用下さい。

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
にほんブログ村

こちらは旧車カテゴリーです。こちらもコアな記事が満載ですのでご覧下さい。

テーマ : 英国車ミニへの想い
ジャンル : 車・バイク

MRRC関連のご連絡

5/17は筑波でSBoM第2戦ですが、僕は例によって三郷ベースキャンプに前泊してアプローチします。そんなわけで5/16は前夜祭の予定ですw

今回は(今回も、か?w)船橋のMさんと亀戸のホルモン吉田に行きます。そして現段階ではKADハムさんとハム美さんが合流してくれる予定です。我こそは!という猛者は是非ご参加下さいw

IMG_0015_201505140135009ce.jpg

上記のご案内とは全く関係ありませんが、先日「F間家の夕食」というタイトルで送られてきた画像です。フィレ肉1kg、リブロース1kgを家族4人で食されたようですが・・・こいつぁヤバイでしょうw

教えて頂いた情報によると1kg以上のブロック肉をそのままオーブンで焼き上げてサーブしてくれるお店とのことです。是非一人1kgを試してみたいところですね!w

P1000798.jpg

そんな環境が身近にある東京という都会が羨ましいです。禁断症状で胸を掻き毟った挙げ句、深夜にネットでポチしてしまいましたよ・・・サガリのブロック肉1.1kgですw 本日宅配で届いて親分が受け取ってくれたのですが・・・、

「またお肉買ったの?どーするのよこんな大きなお肉!私は食べないからね!」と。

いーもんね、俺ひとりで食べちゃうもんねw

スジを取ってから固まりのまま焼くのも良し、串に刺してBBQ風にするのもよし!ですねw


にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

日本ブログ村のMiniカテゴリーでランキング参加してますので、上のバナーをクリックお願いいたします。Mini関係のBlogが満載ですのでリンクとしてもご利用下さい。

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
にほんブログ村

こちらは旧車カテゴリーです。こちらもコアな記事が満載ですのでご覧下さい。

テーマ : 英国車ミニへの想い
ジャンル : 車・バイク

日本舞踊 舞台のご紹介

P1000749_20150505014402f9a.jpg

ACJやTBCCでお世話になっているF間さんのお誘いで東京の国立劇場で開催された日本舞踊の舞台を観劇してきました。

P1000751_201505050144033a0.jpg

国立劇場の大劇場・・・初めて来ましたよw

僕自身はこの世界には全く疎いのですが、紫派藤間流舞踊会とのことです(こちら)・・・F間さんって僕にとってはレースの世界の先輩でありレース好きのおじさんなんですが、レースを離れてもスゴイ人なんですねw

朝の11時から夜の9時半までみっちりと踊りのプログラムが組まれてましたが(こちら)、僕は実は昼間は地元で所用があったため、夕方の4時半に家を出て新幹線に飛び乗り、夜8時からのF間さんの娘さんの踊りと最後のオールスター総出演の踊りのみ拝見することが出来ました。

予習せずに拝見したのでストーリーは難解でしたが、緻密に計算された舞踊って大迫力で美しいですね。おそらく役者さんが瞬きするタイミングすら振り付けの中に入っているのではないかと思いますし、踊り手さんだけでなく長唄や和楽器や黒子さん、そして幕間に舞台を作り上げる大道具さん達全員が噛み合って初めて成立する総合芸術なんだろうなあと感じました。

舞台は撮影禁止だったのですが、F間さんから専属カメラマンに任命されたKさんから写真を頂きましたのでご紹介させて頂きます。

SDIM7950.jpg

長唄「鶴亀」より、

SDIM7949.jpg

鶴役の藤間貴彦さん。

SDIM7953.jpg

亀役の藤間爽子さん。

SDIM7969.jpg

F間さんジュニアの共演です。

SDIM7981.jpg

国立劇場、大劇場の舞台です。

SDIM7993.jpg

一体どれだけの人がこの舞台に立つことを許されるのでしょうか。

SDIM7999.jpg

SDIM8023.jpg

長唄「正札附根元草摺」より。恥ずかしながらどう読めばいいかも分かっておりませんw

PS. F間さんから教えて頂きました。「しょうふだつきくさづりぴき」だそうです。無理だ読めねーw

SDIM8041.jpg

こちらも藤間ジュニアの共演です。

SDIM8049.jpg

普段はハルオ君と戯れている姿しか拝見していないので、

SDIM8059.jpg

激しくギャップ萌ですw カッコイイですよね。

SDIM8069.jpg

詳しく語れるだけの知識を持ち合わせていないのが何とももどかしいですが、

SDIM8117.jpg

凜とした雰囲気だけでもお伝えできれば幸いです。

日本人でいながら生まれて初めて本格的な日本芸能に触れて感激しました。どうもありがとうございました!



にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

日本ブログ村のMiniカテゴリーでランキング参加してますので、上のバナーをクリックお願いいたします。Mini関係のBlogが満載ですのでリンクとしてもご利用下さい。

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
にほんブログ村

こちらは旧車カテゴリーです。こちらもコアな記事が満載ですのでご覧下さい。

テーマ : 英国車ミニへの想い
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

みくた

Author:みくた
運動神経のなさを経験値でカバーしようと企むAround 40です。
これまでランエボでのサーキット走行にハマり、最近はClassic MINIに惚れ込んでます。Mini1000、1300キャブクーパーとおんぼろミニを乗り継いで、Austin Mini Mk1 に辿り着きました。レストア、トラブル対策とのんびりドライブを楽しんでます。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

日本ブログ村のMiniカテゴリーでランキング参加してますので、上のバナーをクリックお願いいたします。
Mini関係のBlogが満載ですのでリンクとしてもご利用下さい。

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
にほんブログ村

こちらは旧車カテゴリーです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
ブログ村 新着記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR