FC2ブログ

ロッカーアームシャフトの破断 対策編

SBoM第3戦でロッカーアームシャフトの破断という珍しいトラブルでリタイヤしましたが、事の次第、考察、対策と順を追ってご紹介しています。今回は対策編です。

P1290494.jpg

まずはこれまでの振り返りです。

SBoM第3戦の予選中にロッカーアームシャフトが破断して1番気筒の排気側のロッカーアームが脱落してしまいました。

IMG_1123_201611201617483f6.jpg

シャフトの破断はオイル穴を起点にした疲労破壊で、その原因はスペーサー3枚重ねに起因したロッカーポストの支持剛性不足であり、それによってシャフトの曲げ方向の共振が抑制できなくなった結果、ポスト部にオイル穴がありかつ片持ち支持の開放端である1番気筒排気側のロッカーアームが折れたものと考察しました。

この考察を踏まえてどう対策するか、ですね。

R0018254.jpg

実はこれを考えている間にP師は独自に動いてくれてまして、強化シャフトを入手してくれてました。2週間後にジャパンミニディが控えており、赤ミニで会場まで自走して参加したいという僕の希望を汲んでくれてのアクションです。ありがとうございます。

左が折れたシャフト、右がミニスペアーズ製の強化シャフトです。中心を貫通する穴の径が小さくなって肉厚になっているのが見て取れます。

R0018255.jpg

そのシャフトを使って組み直してくれたのですが・・・、

R0018256.jpg

ポストのスペーサー3枚重ねは変わらないんですよね。僕の考察が正しければ、ポストの支持剛性が不足しているこの状態で強化シャフトを使ったならば更に短時間で疲労破壊しかねないことになります。残念ながらNGですね。

レバー比を現状の1.3:1のまま対策するのであれば・・・信頼性の高いTitan社製のロッカーアームを新たに2セット購入して8ポート用にニコイチで使い、かつ4.5mmの厚さのスペーサーを作って組み合わせる、という対策になります。が、コストも時間も掛かるのが難点でした。

レバー比を1.5:1にアップするのであれば・・・入手済みのMED製の8ポート用のロッカーアームを使うという選択肢があります。
今現在1000ccエンジンに1300cc用のビッグバルブを組み合わせて使ってますのでバルブ系は吸気のボトルネックにはなっていないはずなので、あえてここでリフト量を増やすメリットは少なく、むしろバルブサージングしやすくなったりバルブ駆動にトルクが食われるなどのデメリットが予想されるので二の足を踏んでいたのですが・・・これも何かの縁と試してみることにしました。

R0018257.jpg

こちらがMED製8ポート専用のロッカーアームセット。

R0018263.jpg

バラすとこんな構成です。シャフトが妙に短く見えますが・・・、

R0018258.jpg

これまで使ってきたシャフト(下側)と並べて比べてみると明らかに太いんですよね。それで相対的に短く見えるようです。

オイル穴も全て大きめに面取りがされています。

R0018261.jpg

一番の特徴はロッカーポストですね。

R0018262.jpg

スタッドボルトを介してヘッドに共締めされる構造自体は従来品と同じですが、座面を広く取ってポストが揺れるのを防ぎ、ポスト両端にも支持部を設けてシャフトが曲がるのを極力防ぐ構造になっています。両端に開放端が生じないのも嬉しいですね。

最初にこのパーツを見た時は「オーバークオリティなんじゃないか?」と思いましたが、実際にシャフトが折れて悔しい思いをした今となっては完全完璧に理に適った構造と断言できます。これ程までに執念深く設計したってことは・・・おそらくMEDのエンジニアの中にも悔しい思いをした人が居るんじゃないのかな、と想像してしまいましたw

R0018259.jpg

もう一つ特徴的なのがロッカーアームです。なんとブッシュレス!

アルミ自体がブッシュみたいなもんだと言えばその通りなんですが・・・やっぱりブッシュがあった方が安心と思ってしまうのは僕が古い人間だからでしょうかw

R0018260.jpg

ブッシュレスなんですが、内壁にオイル溝が切られてプッシュロッドからの入力部とローラーチップ部分を潤滑するためのオイルホールが開いてます。確実な潤滑を狙って抜かりなく構えてます。

11/29追記: 同じMED製ロッカーアームユーザーで8ポート&レース仲間であるヨシヨシさんからの情報によると、MED製ロッカーアームの摩耗はシャフト側に集中するようで、アーム自体の摩耗はほとんど無く、1シーズン毎にシャフトを交換することで運用しているとのことでした。
共振による破断が回避できれば次に来るのは通常の摺動による摩耗であるのは自然の摂理ですし、交換可能なパーツに摩耗を集中させてパーツ管理するのも理に適った設計かと思います。ライフが読めないのが一番怖いですからね。

R0018264.jpg

このポスト専用のスペーサーも用意されています。タートルさんによるとこれは国内で加工されたものとのことで、1mmから3mmまで厚さのバリエーションがあります。必要な厚さが読めなかったのでとりあえず全種類入手したのですが、

R0018265.jpg

結局3mmと1mmを組み合わせて4mmにして組んだようです。重ねてはイカンとあれほど言ったのになあもうw

これだけ座面の面積が大きければ剛性的に問題無いような気もするのですが、思い込みは禁物ですからね。それで一度痛い思いもしたことですしやれることは徹底的にやっておくべきかと思い、厚さ4mmのスペーサーを追加で作製依頼予定です。

・・・などと草稿を書いていたのが昨晩日曜日の夜でした。4mmスペーサー欲しいなあ、でも1mmから3mmまで少量多品種をオーダーした上に更にカタログ外のパーツまで追加でお願いなんて気が引けるなあと恐縮しつつ寝る前にN村店長にメールしたところ、本日月曜日の午前中には「週末にはSVに届けますね!」と快諾のお返事を頂いてしまいました。感動しましたね〜、ホントいろんな方に支えられて成り立っている趣味道だなあ、と。

感動した勢いで記事書き上げちゃいましたよw

R0018266.jpg

組み上がったヘッド。

R0018267.jpg

ズラリ並んだ金色のロッカーアームが壮観ですw

これ程にゴツいロッカーアームを組んだらMk1のロッカーアームカバーは使えないだろうと覚悟していたのですが、組み合わせてみたところ問題無く収まったとのことで、これは嬉しい誤算でした。

思い込みは禁物ですね。

R0018268.jpg

リフト量はこれ程までになりました。思わず不安になってしまう程のスプリングの線間隔ですw P師がレバー比1.5:1のロッカーアームを使いたがらないのも理解できますね。

1段マイルドにしたカムとの組み合わせは意外にも良好で、先日の記事でご紹介した燃料マップ(こちら)よりも中回転域での燃料吐出量が更に増えましたし、特にアクセル開度の低いパーシャル領域での燃料噴射量が1割以上増えました。
・・・予想外に増えすぎてややリーン過ぎになってしまった程です。先日のミニディの記事でファンネルにガムテープで目張りして応急処置していたのはそんな背景からだったのでしたw

今はまだ高速道路でセッティングしつつ慣らし運転中ですが、常用域でのトルクが増して確実に扱いやすくなりました。サーキットでのアタックが楽しみですw


にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

日本ブログ村のMiniカテゴリーでランキング参加してますので、上のバナーをクリックお願いいたします。Mini関係のBlogが満載ですのでリンクとしてもご利用下さい。

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
にほんブログ村

こちらは旧車カテゴリーです。こちらもコアな記事が満載ですのでご覧下さい。

テーマ : 英国車ミニへの想い
ジャンル : 車・バイク

ロッカーアームシャフトの破断 考察編

SBoM第3戦でロッカーアームシャフトの破断という珍しいトラブルでリタイヤしましたが、事の次第、考察、対策と順を追ってご紹介していきます。今回は考察編です。

P1290538.jpg

始まってしまうミニ1000クラス決勝・・・いいな〜(涙)

トラブルが発生した後、ナナハムさんがパドック中を駆け回っていろんな方に予備のシャフトを持ってないか聞いて回ってくれたのですが、やはり見つかりませんでした。滅多に壊れるところじゃないですからね。それに万が一シャフトが見つかったとしても他に要因があるかもしれず、またダメージが他のパーツに波及している可能性もあるのでここは我慢のリタイヤです。

気持ち的にはパドックで酒飲んで寝てしまいたかったのですがw、落ち着いてレース観戦できるいい機会なのであちこち歩き回っておりました。
そうしたらですね、皆さん「どうしたの?」と聞いてくれるんですよ。で、「ロッカーアームのシャフトが折れた」と答えると「そんなところ壊れるの!?」から「あ〜、そこよく壊れるよね」までいろんなリアクションを返してくれるんですよ。で、壊れた経験のある方はその時の状況からアドバイスまでくれるんですよね。

これはとてもありがたいです。実体験に基づくリアルな情報が一気に得られるので、酒飲みながら独りで唸りながら考えるよりもずっと早く答えに辿り着けそうです。

頂いた情報をまとめてみると、

・バルブとピストンが当たってその反作用でロッカーアームのシャフトが折れる。

・オイル穴が起点になって折れる場合とロッカーアームの摺動部の傷が深くなってそれが起点になって折れる場合がある。

・ミニスペアーズから強化シャフトが出てるからそれに換えると良い。

・強化シャフトに換えてもロッカーポストの組付け剛性が低いとむしろ折れるようになる。

そんなわけで確認するべきポイントが分かってきました。特に最後のアドバイスは思い当たるところがあったのですが、まずは偏見を捨てて広く万遍なく検証しました。

R0018214.jpg

排気バルブがヒットした形跡なし。燃焼室側は異常なしです。

R0018212.jpg

ピストントップ側にもヒットした形跡無し。

バルブとピストンが当たった説は棄却できそうです。この説は一番ダメージが大きくなりそうなものでしたのでまずは一安心ですw

R0018209.jpg

シリンダー内壁の状態です。

排気バルブが開かないまま走ってしまったので排気バルブ横のピストンリングから下方向に排ガスが漏れた痕跡があります。シャフトが折れた原因探しとはまた別の問題になりますが、この部分でピストンリングが当たっていないことを示しているので、ひょっとしてピストンリングが割れたか、あるいは変形して固着したか・・・という事態を心配しました。この気筒だけ圧縮圧力が低くなってしまっていたのはこれが原因かもしれません(排気バルブが開かないので吹き返しで吸気が抑制された可能性もありますが)。

後日、まずはこのままエンジンを組んで暖機した後で圧縮圧力を測ったところ、4気筒とも同じ圧縮圧力まで回復したので良しとしました。

R0018215.jpg

ヘッド上面に目を移すと、折れたロッカーアームが暴れ回ったせいでアームが一部削れてしまっておりました。バルブステムの頭も少し変形してしまってガイドから抜けなくなってました。

R0018224.jpg

ステムの頭を削って取り出したバルブがこちら。焼き付いた形跡なしです。

R0018226.jpg

曲がりもなく良い状態でした。バルブが焼き付いて固着し、動かなくなったバルブを動かそうとしてシャフトに過負荷が掛かって折れたわけでも無さそうです。

R0018227.jpg

ついでにフェースの当たり面もチェック。問題無しです。

R0018228.jpg

排気ポートも特に問題無し。

P1290494.jpg

検証結果を踏まえて犯行現場に戻ります。先日も書いた通りシャフトはオイル穴を含む面で折れてました。シャフトを交換してまだ半年なのでシャフト表面に目立った傷は無く、従って起点は間違いなくオイル穴だということが分かりました。そしてロッカーアームが折れた時に掛かった負荷はバルブクラッシュや焼き付きによる固着のような一発の大入力ではなかった、ということが分かりました。

これらの状況証拠から考えると、オイル穴が起点になり、クランクシャフトが捻れた時と同じように共振によって増幅された入力が入って折れたと考えるべきでしょう。それともう一つ気になる点として、傷のような鋭いエッジ部分は応力集中の起点になりやすいのですが、オイル穴の縁のようなある程度の面積を持った欠陥ってのは傷に比べれば応力集中しにくいハズなんですよね。にもかかわらず折れてしまったということは余程の大規模な共振があったか、あるいは共振を助長するような要因が別にあったハズなんです。

そもそもレースを始めて3年、それ以前のジムカーナも含めれば6年以上エンジンを酷使してきてますし、シャフトにもっと深い傷が入っていたことも過去にはあるのですが、折れてしまったのは初めてなんですよね。この事実は、直近の半年とそれ以前とで何かが違っていて、それが影響しているということを示しているように思えます。

そして半年前の大きな変化点というと・・・8ポート化、でしょうか?(汗)

そこで気になるのが先にご紹介した「強化シャフトに換えてもロッカーポストの組付け剛性が低いとむしろ折れるようになる」というアドバイスです。このアドバイスは実は三和トレーディングの山縣代表から頂いたのですが、気になっていろいろ調べてみるとミニスペアーズの「Rocker Shaft Heavy Duty」のページにも、

"ENSURE YOU ALWAYS TIGHTEN DOWN ALL POSTS EQUALLY to eliminate stress fractures on shaft."

つまり「シャフトの疲労破壊を防ぐためにポストを均一に締めるように」との注意書きがありました。山縣さんのアドバイスそのものですよね。

ロッカーポストはロッカーアームシャフトをヘッドに固定しているパーツですが、シャフトに掛かる力とその結果として曲がろうとするシャフト自体に対してはその変形を抑えようとする支持部としても機能しています。
この支持部の位置関係がズレていたり締め付けが不均一でブレる支持部があったりするとシャフトに余計なストレスが掛かったり変形を抑えきれなくなって疲労破壊しやすくなるから気をつけろというのがミニスペアーズの注意書きの主旨です。

後者の現象をより具体的に説明すると、ポストの組付け剛性が低いと曲がろうとするシャフトの動きに引き摺られてポスト上端が左右にフラフラと揺れてしまうんですよね。そうしてポストの支持部としての能力が低下してしまうとシャフトの変形を抑え切れなくなって共振、つまり位相が重なった時の変位の加算を防げなくなってしまってシャフトの曲がりが大きくなり、その変位が最も弱いオイル穴周辺に集中して破壊に至ってしまうわけです。

また、強化シャフトはノーマルよりもシャフト内部を貫通している穴の径が小さく、つまり肉厚に作られていていますが、その結果として剛性、つまり曲げ弾性率が高くなってまして、それをもって「強化」と言ってます。
ところが弾性率の高い材料に曲げ変位が生じるとより大きな応力が発生してしまい、その大きくなった応力が欠陥部に集中するので疲労破壊はむしろ起こりやすくなってしまいます。

固い材料の方が曲がりにくいけれども共振が起きれば曲がるのは避けられず、そして一旦曲がればダメージはむしろ大きいってことですね。

IMG_1123_201611201617483f6.jpg

赤ミニの話に戻りますと。

実は・・・8ポート化に際して厚くなったヘッドに合わせてプッシュロッドの長さを調整するため、そしてロッカーアームの角度を最適化する目的でポストの根元にスペーサーを噛ませて嵩上げしたんですよ。しかも1.5mmのスペーサーを3枚重ねしてましたからね。

これはポストの剛性を低下させる原因に十分成り得る話だったりします。ポストの地盤となるヘッドが鉄に比べて柔らかいアルミ製であることもポストの剛性を下げる要因には成り得ますが、7ポートの時もアルミ製ヘッドでしたけどシャフトは折れませんでしたからね。おそらくスペーサー3枚重ねが主犯かな、と。

その時は「それ程大きな力は加わらないはずだから問題無かろう」と思ったのですが・・・共振って怖いですねw

しかしうちの赤ミニはエンジニアリング的なトラブルの教材みたいな存在だな、とw 特に最近は共振絡みのトラブルが連続しましたね。出力アップ、特に回転数を上げて出力アップする場合にはつきまとう問題かと思いました。余程慎重に材料や構造を選ばなければマズイですね。

対策編に続きます!


にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

日本ブログ村のMiniカテゴリーでランキング参加してますので、上のバナーをクリックお願いいたします。Mini関係のBlogが満載ですのでリンクとしてもご利用下さい。

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
にほんブログ村

こちらは旧車カテゴリーです。こちらもコアな記事が満載ですのでご覧下さい。

テーマ : 英国車ミニへの想い
ジャンル : 車・バイク

ロッカーアームシャフト破断 事の次第編

SBoM第3戦でロッカーアームシャフトの破断という珍しいトラブルでリタイヤしましたが、事の次第、考察、対策と順を追ってご紹介していこうと思います。



まずは事の次第のご紹介、予選の車載ビデオです。

僕自身が久しぶりのサーキット走行だったこともあり、先行する38号車を視界に収めつつ慎重に走ってまずは感覚を慣らし、いよいよ攻め始めようかというタイミングでまさかの異音発生&失速ですよ。動画の2:30頃ですが、この時は絶望しましたね〜(涙)

P1290483.jpg

パドックに戻って皆さんに寄ってたかって診断される赤ミニ。幸せ者です。

よくよく見るとハルオ君まで首突っ込んでるしw

P1290484.jpg

現場の最前線はやはりこの人ですよね、P師が奮闘してくれてます。

P1290486.jpg

まずはプラグを外して状態をチェックしました。左から1、2、3、4番気筒のプラグですが、1番気筒のプラグだけ燻ってますね。怪しいです。

P1290487.jpg

圧縮圧力をチェックしたところ1番気筒のみやや低めの値となりました。ますます怪しいです。

迷わず「まずヘッドカバーを開けましょう」と提案したのですが、

P1290492.jpg

一目見るだけでどこが悪いか分かりますよね(汗)

1番気筒の排気バルブのロッカーアームが変な方向を向いてました。

P1290494.jpg

シャフトが折れてました。1番気筒の排気バルブが閉まりっぱなしになっていたわけですね。パタパタ音の原因は吸気の吹き返しだったのかと納得しました。

P1290502.jpg

シャフトの破断面を観察すると平行な傷が細かく等間隔に入っています。明らかに疲労破壊ですね。

むしろ問題は「何故疲労破壊したのか」です。ロッカーアーム周辺はチューニングレベルが上がって出力アップしたとしてもそれ程影響を受ける場所ではないですからね。せいぜい回転数が上がったか、それに対応してサージングを抑制するために定数の大きなバルブスプリングを使っているか、といった程度の話で、どちらの要因もここが折れて当然と言えるレベルの入力にはならないはずなんです。

犯人捜しに難航しそうな予感ですよ(涙)

続きます!



にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

日本ブログ村のMiniカテゴリーでランキング参加してますので、上のバナーをクリックお願いいたします。Mini関係のBlogが満載ですのでリンクとしてもご利用下さい。

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
にほんブログ村

こちらは旧車カテゴリーです。こちらもコアな記事が満載ですのでご覧下さい。

テーマ : 英国車ミニへの想い
ジャンル : 車・バイク

SV/MRRC忘年会のお知らせ

先日のコメント欄でてれすこさんから案内を頂いておりますが、改めてご案内させて頂きます。

お題:SV/MRRC忘年会

日時:12/10(土) 19:00〜21:00
場所:しちりん八潮駅前店

筑波と袖ケ浦の間の日程になります。人によってはいつものレースと耐久レースを終えた後の宴会になりますので、盛り上がるのかあるいは荒れるのかw

参加表明は今のところ、P師、てれすこさん、ナナハムさん、ハム美さん、紫の悪魔さん(と相模原軍団?)、うったさん、DAIさんから頂いております。予約の都合もありますので1週間程度を目処にブログにコメント頂くか、P師もしくはてれすこさんに直接連絡して下さい。

よろしくお願いいたします!



にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

日本ブログ村のMiniカテゴリーでランキング参加してますので、上のバナーをクリックお願いいたします。Mini関係のBlogが満載ですのでリンクとしてもご利用下さい。

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
にほんブログ村

こちらは旧車カテゴリーです。こちらもコアな記事が満載ですのでご覧下さい。

テーマ : 英国車ミニへの想い
ジャンル : 車・バイク

第24回ジャパンミニディ in 渚園

11/5-11/6は浜松市の渚園キャンプ場で開催されたジャパンミニディに参加してきました。今回は前日から現地入りしてお昼から盛大に呑んで呑んで呑み潰れて・・・近所のホテルに宿泊しw、翌朝8:00前くらいに再び会場入りしました。しっかり寝ているはずなんですが猛烈に眠いですw

IMG_6867.jpg

宿泊したホテルは渚園から5kmほどの所にあったのですが、駐車場にはミニがズラリとw ミニデイはここから既に始まっているって感じでした。

P1310791.jpg

雲一つ無い快晴です。

ちなみに会場に来る途中のタクシーの中から富士山が見えましたからね、滅多にない良いコンディションでした。

P1310787.jpg

会場に到着してまずやったことと言えば、前夜からキャンプエリアに放置したままになっていた赤ミニの移動です。

前夜はハム美さんの青ミニと一緒にキャメルオートさんのキャンプサイトの前に駐めたままタクシーでホテルに向かったのですが、日曜日の早朝に会場の設営のために移動させるよう運営側から要請があったようでキャメル軍団の皆さんにお世話になりました。ありがとうございました!

移動させた先は会場中央です。今年のミニディの企画の一つである「クラスメイトミニ」にエントリーしていたので、まずは赤ミニを指定の位置に移動させました。そして車内の整理整頓ですね。コンロや鍋が前夜からそのまま車内に放置されてましたので、展示用に上手くカモフラージュしておきましたw

P1310788.jpg

一番最後の到着だったので左端ですw

P1310789.jpg

ゼッケン付けて参加するのはうちの赤ミニくらいだろうと思っていたのですが、意外にも居ましたね。ゼッケン属性の人って結構多いのかもしれません。

でも、うちの赤ミニのゼッケンが一番大きいですけどね←大人げないw

P1310796.jpg

二日酔いでフラフラしているのですが、とりあえず食べ物をチェックしてしまうのが食いしん坊の性ですねw 今年もたくさんのお店が出店してました。

P1310801.jpg

とりあえず肉・・・はさすがに辛かったのでw、フィッシュ&チップスに目を付けました。

P1310802.jpg

おそらく英国人であろうお兄ちゃんが笑顔でサーブしてくれました。ビネガーをかけて頂きました。

美味しかったですけど二日酔いの胃にはちょっとキツかったですね。冷静に考えれば分かりそうなもんですがw

P1310795.jpg

朝食のあとは濁った頭はそのまま放置して会場を彷徨ってましたw

こちらはDo Tradingさんのブースです。

P1310810.jpg

個人のエントラントの方も着々と準備を進めてました。

去年も拝見したような記憶がありますが、こういう完全に独自の世界を生み出せるセンスって素晴らしいと思います。

ミニディ自体がミニ乗りの皆さんが手塩にかけて育てているミニを披露する場でもあるので、会場中どこもかしこも個性的なミニばかりで素晴らしいんですが、刺激が多すぎて感覚がすぐに麻痺してしまうのでともすると受け取れなくなってしまうんですよねw その結果「ミニがたくさんいて楽しいな」的な感想に落ち着いてしまうというw

特に二日酔いの頭には厳しかったです←

P1310811.jpg

ストリートミニさんのブース。

なぜかバイク整備用の燃料タンクを委託販売してました。ナカジーさん曰く池カメさんから必ず売れと言われたとかw

P1310813.jpg

オーバーフェンダー付きの渋いバン。

P1310814.jpg

ラリータイヤってのがまたいい味を出してます。

P1310815.jpg

お米とハチミツが売られてました!w これもまた完全に独自な世界、フリーダムですw

P1310819.jpg

カッコいいな〜。

P1310824.jpg

渋いな〜。

P1310834.jpg

スパルタンだな〜。

P1310860.jpg

味があるな〜。

P1320023.jpg

スゲーな〜。

P1310825.jpg

今年のメモリアルは「カナディアンミニ」とのことで、カナダの国旗の形にディスプレイされてました。もちろん一部しか写真に収めることが出来てませんw

ミニがたくさんいる感をどうしたら写真で表現できるか・・・会場でお会いしたジェイ奥村さんも悩まれてました。「道の向こうのビルの上から撮せばいいかもね」と仰ってました。さすがプロですよね、実現できるかはともかくまず策は準備しておくんだ、と。

P1310828.jpg

ミニカーの売店には例年と同じく長蛇の列が。

P1310833.jpg

このあたりはリトライフ軍団です。

東関東から団体で来ちゃうんですから結束力高いですよね。我らがP師なんて影も形も居ませんでしたからね←

P1310838.jpg

市場の活気とか、

P1310840.jpg

周囲を埋め尽くすミニに圧倒されながら会場の奥地に向かっていくと・・・、

P1310841.jpg

何やらピンク色の見知った人を発見w

P1310852.jpg

毎度のことながら挨拶代わりに打ち合いましてw、

P1310856.jpg

ポーズを決めて頂きましたw

ちなみにそーねぇそーねさんも二日酔いのハズですw

P1310862.jpg

ライレー軍団。10時を過ぎると暑いくらいの陽気だったのですが、

P1310868.jpg

ワンちゃんにとっては厳しいコンディションですよね、少しでも日陰を求める姿がいじらしかったですw

P1310869.jpg

ステージが始まりました。こちらは渚ガールズさん。

普段の僕ならばかぶりつきで撮影していたかもしれませんが←オイw

P1310876.jpg

今日は体調の悪さ故に甘いものに流れましたw

モーリスファミリーさんのブースでパンとコーヒーをご馳走になり、今年も手作りのクッキーを大量にゲットしました。毎年楽しみにしてるんですよ、ありがとうございます!

P1310877.jpg

MRRCメンバーズとも合流出来ました。

ちなみに彼らが会場に到着した際に、僕を見つけるためにまず渚ガールズさんのステージ周辺を探したそうですよ。「みくたさんがここに居ないなんてよっぽどの事なんじゃないか?」とかご心配をおかけしてしまったようですw

IMG_6878.jpg

体調が少し戻ってきたので牛串にチャレンジしてみましたが、昨夜の肉と比べてしまうとちと物足りないですねw

14963446_1148793978531442_929576697_o.jpg

11時頃にはクラシックミニマガジンの「クラスメイトミニ」の聞き込mじゃなかった取材をゴーリー田代さんから受けました。フレンドリーでありながら鋭くネタを引き出す話術、スゴイな〜とかボーッと考えておりましたw

写真は北海道から参加してくれた三代目さんから頂きました。どうもありがとうございました!

P1310889.jpg

赤ミニももちろん取材を受けておりますw それにしても芝生の緑の上、明るい青空の下の赤いボディっていいですよねw

P1310911.jpg

取材が始まる頃からステージではオヤジバンドの演奏が始まっておりました。ギタリストとしてDo Tradingの救さんが今年も参加されておりました。

P1310945.jpg

今年は観客はテーブルではなく芝生の上ですね。ビールが飲みたいw

P1310965.jpg

歌えるギタリストですね、カッコ良かったですw

P1320024.jpg

会場内に目を移すと・・・先程のワンちゃんは無事に日陰に保護されたようですw

P1320027.jpg

その他にもデッカイ犬をおんぶしている人が居たりw

P1320034.jpg

問答無用で暑かったですね。自販機のジュースも次々と品切れになってきて困ってきたところで、

P1320040.jpg

アイスクリーム屋さん発見! 売れてましたね〜w

P1320046.jpg

お昼過ぎ頃から帰宅するミニが列を作り始めました。そして14時過ぎ頃にはナナハムさんとハム美さんもその列に加わることに。アディオス!です。

P1320063.jpg

ミニ密度が少し減って余裕の出来た芝生の上で残ったミニを愛でながら会場内を歩き回っておりました。このミニはストレッチされてますね、素敵だな〜w

P1320076.jpg

会場の出口は一つ。そこに至る流れは大きく二つありましたが、

P1320082.jpg

そこに流れ込む支流も数多く有ったので大渋滞してましたね。噂では浜松のウナギ祭りの帰宅ラッシュと重なったとか、会場の出口で一台のミニの足周りがもげたとか・・・諸説が流布しておりましたw

P1320181.jpg

そんな大渋を尻目に海を眺めたり、

P1320183.jpg

チビッコにペイントされたミニを眺めたりw、

P1320265.jpg

ジャンケン大会を眺めたりしてボーッとしておりました。

P1320431.jpg

売店でかき氷が売られていることに気付いて当然の如くゲットしました。ジュースが手に入らなくなってしまった今では貴重なライフラインですw

P1320349.jpg

渋滞の列の中にオレンジ色のバンを発見。確かさっきも渋滞の列の中に居たはず・・・しかもハムさん達ってその更に後ろだったような?と思い、

P1320350.jpg

列を辿っていったらナナハムさん&ハム美さんを発見!w もう1時間以上経ってますがまだここですか〜w

P1320382.jpg

クラスメイトミニはまだ残っておりましたが、

P1320386.jpg

周囲は大分空いてきましたね。

P1320361.jpg

先程のワンちゃんですが、テントが撤収されてグレておりますなw

P1320364.jpg

見てないで何とかしてくれというオーラをビシバシ感じましたw

P1320389.jpg

ストミニのナカジーさんも日陰でグッタリしておりますw

P1320402.jpg

打ち合ってみましたw 一眼レフには迫力で負けるなw

P1320411.jpg

お腹が空いてきたので売れ残りの焼きそばをゲット!お店も撤収を始めてまして半額でたたき売られておりましたw

P1320494.jpg

DAIさんが救さんとパーツ談義をしていたので仲間に入れて頂きましたw

救さんのブログで紹介されていたナックルジョイントの受け側のソケットについて現物を見ながら違いを教えて頂きました。右が純正ユニパート品、左が現在流通しているものの中でも寿命の短いものだそうです。形状だけでなく樹脂の硬度も全然違ってました。

P1320499.jpg

そして右が同じく純正ユニパート品、左が今回完成したものだそうで、形状、材質共にほぼ同等のものが出来たとのことです。

救さんのブログではボールとソケットの間のクリアランスが主に語られてましたが、ソケットとアッパーアームの窪みとの間のクリアランスも大事なんじゃなかろうか、と。そしてアウター側の形状からしてそこも抜かりなく押さえているんだろうなあと想像してます。ブログの続きを楽しみにしてますw

P1320410.jpg

てな話をしていたらまたまたナナハムさん&ハム美さんを発見!w もう軽く2時間以上は経った気がしますが・・・お疲れ様です!

P1320504.jpg

渚園の夕暮れです。二日ともいい天気でした。

P1320505.jpg

渋滞の列はまだ続いてますが、少し流れるようになりましたね。

P1320509.jpg

そろそろ僕も帰る準備をしようかな、と。そう思ったところで思い出しました。ファンネルにテーピングしなきゃ、と(汗

4000rpmくらいのパーシャル領域、つまり高速道路で巡航している時に燃調がややリーン過ぎるんですよ。負荷が掛かっていない状態なのでよっぽど問題無いとは思うのですが、長距離を走るとなるとどうしても気になります。

とりあえずファンネルをスポンジで包んでみたのですがA/Fはほとんど変わらず。横一列にガムテープを貼って目張りしてようやく0.3くらい下がったのですがまだ下げ足りず、最終的にはファンネル個別に丁寧にガムテープで包装し80%くらい目張りしてようやく0.5程度下げることが出来ました。街乗りのアクセル開度ではボトルネックはスロットルバタフライそのものであってエアクリーナーはほとんど抵抗になっていないということが実体験としてよく理解できましたw

P1320510.jpg

てなことをやっていたら暗くなってしまいましたw 最後まで楽しめた一日でしたねw

P1320514.jpg

ATフィールド発動!

さて、来年もまたここに来れますように。そして皆さんとお会いできますように。

IMG_6895.jpg

今回のミニディでは北海道の三代目さんと初めてリアルにお会いすることが出来ました。もっとゴツイ人かと想像してましたが朗らかな優しそうなナイスガイでした。お土産に「白い恋人」を頂きました。親分と一緒に数日にわたって大切に頂きました。ありがとうございました!

来年も是非またお会いしたいです!←

IMG_6888.jpg

そしてガレージ46の46さんにもお会いすることが出来ました。残念ながらあまりお話は出来なかったのですが、46さんからもお土産として46仕様のミニライトのキーホルダーを頂きました。上でもご紹介してますが、最後の最後に暗闇の中で作業する羽目になりましたので重宝しましたw ありがとうございました!


にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

日本ブログ村のMiniカテゴリーでランキング参加してますので、上のバナーをクリックお願いいたします。Mini関係のBlogが満載ですのでリンクとしてもご利用下さい。

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
にほんブログ村

こちらは旧車カテゴリーです。こちらもコアな記事が満載ですのでご覧下さい。

テーマ : 英国車ミニへの想い
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

みくた

Author:みくた
運動神経のなさを経験値でカバーしようと企むAround 40です。
これまでランエボでのサーキット走行にハマり、最近はClassic MINIに惚れ込んでます。Mini1000、1300キャブクーパーとおんぼろミニを乗り継いで、Austin Mini Mk1 に辿り着きました。レストア、トラブル対策とのんびりドライブを楽しんでます。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

日本ブログ村のMiniカテゴリーでランキング参加してますので、上のバナーをクリックお願いいたします。
Mini関係のBlogが満載ですのでリンクとしてもご利用下さい。

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
にほんブログ村

こちらは旧車カテゴリーです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
ブログ村 新着記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR