FC2ブログ

冷間時の油圧の謎

寒い日が続きますね。日曜日までお正月休みなので基本的にコタツで温々している毎日なんですが、ちょこちょこ外出する時のミニのエンジンの掛かりの悪さ、スーパーで買い物するわずかな間に冷えてしまうエンジンの温度で寒さを実感しています。

キャブがWeberでチョークが付いていないため、その日最初にエンジンをかける時、つまりエンジンが冷え切っている状態でエンジンをかける際は、エンジンがかかった後もストールを防ぐためにアクセルペダルに足を置いて10秒くらい1500rpmくらいの回転数を維持するようにしています。

そんなことをやっていてふと気がついたんですが、アクセルを踏んでエンジンの回転数が上がっている時にわずかではありますが油圧が下がるんですよね。

20130105_movie.jpg

アクセル踏んでエンジンの回転数が上がるとオイルポンプの回転数も上がるため、普通は油圧って上がるじゃないですか。で、何故下がるんでしょうかね?w

P1080012.jpg

まず疑ったのは追加したオイル冷却系の異常ですが、油圧計のセンサーはノーマルの位置、つまりエンジンブロックのオイルポンプ直後に取り付けてますから、追加したオイル配管系の問題ではなさそうです。

それと動画でも示してますが、エンジンが暖まって油圧が下がってくると普通の挙動、つまり回転が上がると油圧も上がるようになるんですよね。エンジンが冷え切っている状態でのみ現れる現象なんです。

原因として油圧レギュレーターからのオイル漏れも考えたんですが、もしそれが原因であれば冷間時のオイルが固い時よりも暖気終了後にオイル粘度が下がった時に症状がひどくなるはずですので、それは無いのかな、と。ちなみにレギュレータはノーマルのプラグと強化スプリングとを組み合わせて使っています。開弁圧は6.2kg/cm2です。

それ以外の原因として思いつくのは、冷間時はオイルが固すぎてオイルポンプがオイルを吸い切れていないのかな、と。オイルはフルエステル系であるASHのFSEの中でも一番ハードな15w-50を、オイルポンプはメトロターボ用の大容量タイプを付けてますが、冷間時はオイルが固くてオイルストレーナーからオイルポンプまでの抵抗が大き過ぎてオイルを吸い切れない、なんてことがあるんでしょうか?

何か大きなトラブルの予兆・・・では無いといいんですがw
誰か原因が思いつく人がいましたら是非とも教えて下さい。とりあえず暖気はしっかりするということと次のオイル交換では少し軟らかめのオイルを試してみようと思ってます。

オイルのカタログを見るとだいたいの場合は40℃と100℃の動粘度は掲載されてますが0℃のデータは載っていません。今回のように冬期冷間時の始動性を改善する目的でオイルを選ぶ場合には、0℃での粘度が計算できると便利なんですが、僕はこちらのサイトを利用しています。計算結果を示します。

20130105_graph02.jpg

こんな感じに結果をビジュアルで示してくれるので分かりやすいです。青線がFSE 15w-50、赤線がFSE 10w-40です。

ASHのカタログによるとFSE 15w-50の動粘度は100℃で17.3CSt、40℃で115.9CStで、それらを基に計算される0℃での動粘度は実に1118CStにもなります。つまり0℃では40℃の時の10倍の粘度にまでなってしまいますが、かと言って他のオイルに比べて特に高いというわけではありません。以前使っていたMotulの20w-50だと0℃では2900CStにも達するようですからねw

これをFSEの10w-40に交換すれば100℃で14.8CSt、40℃で87.3CSt、0℃では710CStとなります。つまり0℃でも15w-50の半分程度の粘度、15w-50の7℃くらいの時の粘度まで下げることができそうです。近日試してみようと思います。

1/6追記:
北海道在住のマルコさんから「北国では普通に起こる現象で問題なし」との貴重な情報を頂きました。ありがとうございます!
実体験に基づく情報は何よりも貴重です。これで安心してアクセル踏めます。ただし、せめてオイルが正しく吸われるようになるまでは暖機した方が良さそうですねw

P1080006.jpg

スーパーの屋上駐車場にて、その時だけ雲が切れて姿を現した富士山と一緒に。



にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

日本ブログ村の車/Miniカテゴリーでランキング参加してますので、上のバナーをクリックお願いいたします。Mini関係のBlog満載ですのでリンクとしてもご利用下さい。

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

このブログの最近の過去ログです。ご利用下さい。
過去ログ全ての一覧にはこちらをどうぞ。

テーマ : 英国車ミニへの想い
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

No title

今年の、寒さは異常ですよねぇ

だから、あまり心配無いと思いますよ

ただ、バランスが悪いと怖いかもですけどね

バイク何かは、バッテリーが小さいから

朝一は、押しかけしないといけない始末でね

エンジン温まると、キックでかかりますがねぇ

うちのMINIもウエーバーですからそんな感じです

サーキットと公道の両立はなかなか大変ですよねぇ

応援はさせていただきました。

No title

春團治さん、どうもです。

今年はやっぱり寒いですよね、気のせいではなくてw

潤滑系ではこれまでも結構トラブルを経験してまして若干トラウマ気味なんですよ。
そんなわけで気になってますが、とりあえずできることから始めてみます。
オイル交換、そしてサーモ交換かなw

No title

 初めまして 三代目経由で来ましたマルコです
油圧の件ですけど 北海道の冬には普通に起こる現象だと思います
硬いオイルなら確実に 私の場合10W-30を冬用に入れてますが
それでも -10℃位になると下がって上がる現象がでます
これで壊れてないですから 大丈夫だと思いますよ

No title

やっぱりアッシュは低温時の流動性能は高いということが
グラフからも判りました。
今回も解り易い解説に感謝です。
ちなみに、オイル粘度から馬力損失の計算は無理でしょうか。
全国の方が期待しています!(ごく1部の変態のみかなw)
でもグラフから判断すると80度くらいから上の粘度差は
無いといってもいい感じなのでしょうか?

No title

マルコさん、初めまして。
北海道から救世主が!貴重な情報ありがとうございますw

ということはやっぱり冷え切っているとオイルが硬すぎて吸えてないんですね。
そして寒冷地では普通の現象だと言うことが分かってスッキリしました。これで安心してアクセル踏めますw

ちなみにー20℃で計算するとFSE15w-50ならば6091CSt・・・もはや固体に近づいてきてますw
10w-30でも4900CStまで行きますね。スゴイ世界ですねw

No title

プリンミニさん、どうもです。

馬力損失ですか!またシブイところを突いてきてくれますね。計算したくなっちゃうじゃないですかw

残念ながら粘度だけからでは算出は無理で、計測で測るしかありません。シャシダイの生データがあれば計算できるので近日やってみます。
具体的には、粘度の違う2種類のオイルで馬力計測して、スリップロスの差分から駆動系の馬力損失を、スリップロス分を除いたエンジンの実馬力の差分からエンジン本体の馬力損失を求めることができると思います。体感的に違いが感じられるほどなので、きっと数字に表れると思いますよ。

駆動系分だけざっと計算してみました。粘度だけでなく馬力損失トータルの値です。いろいろ仮定が入っているし数字は目視で読んでいるので誤差はあると思いますが・・・、

FSE 15w-50、80℃で-13.8PS(実測値)
FSE 15w-50、60℃で-18.7PS(実測値)

FSE 10w-40、80℃だと-12.9PS(計算値)
FSE 10w-40、60℃だと-16.5PS(計算値)

駆動系だけでも数馬力は違ってくるという結果ですね。詳しくはまた後日w

No title

良かったですねぇみくたさん

こんばんは\(⌒日⌒)/みどりです

安心してドライビングするのが何よりですねぇ

今日は、米子からのお便り&応援です

明日からの新年挨拶周りの前泊です

MINI のプロジェクト始まります

いかに速く走れるか挑戦します

面白いかもですよぉ~(^O^)

よかったら、観て下さいね

バイパスバルブ!?( ̄0 ̄)/

国産では最大油圧決定の為のバルブの他にもバイパスバルブという、エレメントやフィルターろ紙を保護する為のバルブがポンプやフィルターに内臓されてますね。

ミニの場合はどうでしょうね。

つまり、エンジンオイル低温時にはフィルターの詰まりと同様の保護回路が作動している可能性もあると思います。

紙をオイルが通過する抵抗、冬のオイル低温時には想像以上のふん詰まりだと思います。

バイパス作動の確認はろ紙を通過せずにエンジン内部にオイルが流れた油圧低下でも確認出来そうですね。症状はこの場合とかなり近いはずです。

オイルが通常温度迄上昇すればろ紙を破損する危険が無くなるのでバイパス回路は閉じ、通常フィルター通過回路に戻りますよ。

No title

みどりさん、どうもです。

お仕事回りお疲れ様です。

ミニのプロジェクトって面白そうですね。楽しみにしてます!w

No title

らもをんさん、はじめまして。コメントありがとうございます。

バイパスバルブ!確かにその可能性はありますね。
うちはオイルクーラーとしてラミノーバかましているのでオイル系はできればフィルターをバイパスしてほしくないです。詰まるのでw

どうなのかな〜と思って移設のオイルブロックとオイルエレメントを調べてみたところ、オイルブロックはバイパスバルブなし、オイルエレメントは解放圧7kg/cm2のバルブ内蔵でした。7kg/cm2であれば(正常に動作していれば)最大吐出圧の6kg/cm2を上回るので、今回の油圧低下の原因ではないかもしれません。が、その可能性を忘れないようにして次回のエレメント交換時に様子を見てみます。

ところでらもをんさんのブログ拝見しました(まだチラッとですがw)。とっても興味深いというか自分と同じ匂いを感じます、さてはメカフェチですねw
おかげでしばらく楽しめそうです、良い出会いをありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたしますw
プロフィール

みくた

Author:みくた
運動神経のなさを経験値でカバーしようと企むAround 40です。
これまでランエボでのサーキット走行にハマり、最近はClassic MINIに惚れ込んでます。Mini1000、1300キャブクーパーとおんぼろミニを乗り継いで、Austin Mini Mk1 に辿り着きました。レストア、トラブル対策とのんびりドライブを楽しんでます。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

日本ブログ村のMiniカテゴリーでランキング参加してますので、上のバナーをクリックお願いいたします。
Mini関係のBlogが満載ですのでリンクとしてもご利用下さい。

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
にほんブログ村

こちらは旧車カテゴリーです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
ブログ村 新着記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR