FC2ブログ

冷却系強化その1

冷却系の強化その他でミニをSTOCK Vintageさんに預けてましたが、本日納車で引き取りを兼ねて東名かっとびドライブをしてきました。楽しかったーw 途中うっかりパトカーを追い抜いてしまい、その後しばらく追尾されたのは内緒です。

追尾された話は置いといて冷却系強化の話ですw

今年の夏の猛暑で真鍮製ラジエターから水漏れを起こしてしまい、アルミ製2層コアのラジエターに交換しましたが、渋滞などで風が当たらない状況では水温が上がり気味で、その結果としてオーバーヒートには至らなかったもののパーコレーションによるエンストを何度か経験しました(記事はこちら)。

これではイカンということで電動ファンを追加しようとしたんですが、ちょうど良いタイミングでKentaさんのブログでオイルクーラーの必要性に関して激論されてまして(記事はこちら)、個人的にミニにとっての理想の油温制御を追い求めた結果、ラミノーバ(水冷式オイルクーラー)を購入してしまいました(記事はこちら)。

もうこうなったら水温/油温含めたトータルの強化をやってしまえ!となってしまいw、ついでにほとんど機能していない上に重くて負担の大きそうなクーパーS用ファンブレードを外してしまうことにしました。
ついでに、ラミノーバ装着の前に現段階での油温や油圧のデータを採っておこうと思い、油温&油圧計も追加しました。

とまあ、これだけ一気にいじってしまったわけです。それでは順番に紹介していきます。

P1080922g2.jpg

こちらがアルミ製ラジエターとクーパーS用16枚羽根の鉄製ファンブレードとの組み合わせ。このファンブレードと真鍮製ラジエターの組み合わせで去年と一昨年の夏は乗り越えましたが、風量が必要といわれるアルミ製ラジエターとの組み合わせでは今年の夏を乗り越えることができませんでした。

P1090137.jpg

このファンブレードですが、プレス成型されたスチール製で結構重いんです(実測750g)。おまけにかろうじて翼断面っぽくはなってますが送風効率悪そうなファン形状です。よく見ると裏に当てがわれている補強プレートのねじれ具合もブレード一枚ごとに違うというw 回転バランスも悪そうです。

Mk1オリジナルの雰囲気を求める人には必須のアイテムです。なによりアクセルを吹かした時の音がいいw
どう例えれば良いのか・・・、ガンダムのビームライフルの余韻の音?w 的なギュウゥーンという感じの音になります。その代償として重くて回転バランスが悪いのでウォーターポンプの軸への負担がやや大きくなり、アクセルレスポンスも少し悪化します。そんなわけで外してしまうことにしました。

もちろんただ外すだけでは放熱が全く成り立たなくなってしまうわけで、強力な電動ファンによる必要十分な送風を確保する必要があります。また、オリジナルのファンを外すことによってラミノーバ装着のためのスペースを確保するというねらいもあります。

ここまでコンセプトが決まった段階で、ではどんな電動ファンをどうやって付けるかでしばらく悩みました。

純正のファンブレード外すんだからラジエターの手前、エンジン側に送風型のファンを設置することをちらっと考えましたが、すぐに却下しました。というのは、ラジエターのような細い隙間にエアーを流すには、無理矢理送り込むよりも吸い出す方が圧倒的に送風効率がいいんです。

吸い出し型の電動ファンのキットとして、タートルトレーディングのWeb Shopからラジエターに直付けするタイプが出てまして(こちら)、最初はこれにしようかと思いました。なんといってもラジエター直付けは現在の国産車のラジエターでも一般的ですし、送風効率が一番良いと思ったからです。しかしMk1の場合はラジエターのシャシー側に鉄製の作り付けのシュラウドがあり、これにファン本体が干渉するために不可という結論に達しました。

ではどうするかということになって、ホイールハウス内に付けるタイプの電動ファンを付けようかと思ったわけです。タートルトレーディングのWeb Shopでもそういうキットはあります(こちら)。ただ、このキットだとラジエター以外の穴や隙間からエアーをバンバン吸ってしまって肝心のラジエターに上手く流れず、冷却効率がそれほど良くならないのではないかと思ってしまいました。流体は抵抗の低い方に多く流れますから、ラジエターの横に隙間や穴があればそっちから流れてしまうわけです。

じゃあどうすればいいのか?
そんな時に頼りになるのが無理を聞いてくれる馴染みのお店の、しかもチャレンジ精神旺盛な店長さんですw こちらの無理難題を聞いた上で上手く仕上げてくれました。

P1080972.jpg

まず悪い例です。自分で付けた電動ファンですが(記事はこちら)、確かに強力に空気を吸い出してはくれるのである程度の冷却効果はあったんですけど、隙間が多すぎて明らかに効率悪そうです。

IMG_0683.jpg

そしてこちらが今回の作業。アルミ板を現物合わせで切り出してシュラウドを作って頂きました。ファンはキノクニの通販で購入(こちら)したもので、米国SPAL社製です(サイトはこちら)。一番厚い部分でもわずか52mmという薄型で、ファンの直径が280mm、吸い出し量が810CFM(毎分23,000リットル・・・マジ?w 単位間違えてないか?)という高性能ファンです。

IMG_0684.jpg

シュラウドのシャシーに当たる部分にはエアーが漏れないようにスポンジの目張りを追加。

IMG_0685m.jpg

ホイールハウス内に装着。めいっぱいの大きさですw

IMG_0692.jpg

装着した電動ファンをエンジンルーム側から見た状態。純正のシュラウドにはいくつか穴があいているので、それもアルミテープで目張りして塞いでます。

IMG_0699m.jpg

ラジエター本体とシュラウドとの間の空間もスポンジテープで目張りして塞いでます。電動ファンが吸い出すエアーが全てラジエターを通るよう、徹底的にやって頂きました。

IMG_0688.jpg

ラジエター下部にサーモスイッチを追加。熱水はラジエター上部から入って冷却されて下に抜けるので、冷却後の水温で制御するわけですね。92℃でオン、82℃でオフの仕様だそうです。

IMG_0690.jpg

純正のファンを撤去するため、ラジエター内側に付いていた純正シュラウドが不要になります。その代わりにラジエターを固定するためのステーを作って頂きました。上の写真はラジエター下部を支えるステー。純正はとにかく作業性が悪く、ラジエター交換で何度か地獄を見ましたがw、その対策を含めてシンプルな作業性の良い形状にして頂きました。

IMG_0698.jpg

こちらはラジエター上部を固定するためのステー。近い将来にはラミノーバを固定する役割も担うはずです。

P1090116.jpg

エンジンルーム全景。ラジエター周辺がスッキリしました。金属製のファンとシュラウドが無くなったことでかなりスペースに余裕ができました。将来的には4層コアでも入れることができそう←

P1090119.jpg

スッキリ感に一役かったのがこちらのエンジン振れ止めステー。アルミ削り出しでシンプルな形状です。これによっても整備性が良くなりそうです。

肝心の電動ファンの効果ですが、炎天下でアイドリングで放置しても、渋滞で坂道をノロノロ登る状況でも、東名で足柄の登りを6,000rpmで駆け上がっても、水温が95℃を越えることはありませんでした(上述の通りヘッドのサーモスタッド手前で測ってます)。純正水温計で言うと目盛りの真ん中のNの部分がだいたい100℃ですが、それよりも低い温度で安定化させることができました。

ファンが作動している状態でラジエターの反対側に手を持っていくと、猛烈な勢いで空気が流れ込んでいるのが体感できます。その効果だと思いますが、ファンが作動しても5秒ぐらいで止まる感じで、92℃でオン、82℃でオフというサーモスイッチの仕様を信じれば、少なくともラジエター内部のクーラントに関しては5秒程度で10℃を冷やせるようになったと言えそうです。
電動ファンが回りっぱなしになってそれでも容量が足りなかったらどうしようかと思ってましたがw、これで一安心です。

P1090130.jpg

ラジエター周辺を上から見た状態。この位置にラミノーバを固定する予定です。

P1090133.jpg

仮合わせするとこんな感じ。
サーモスタッドハウジングの上部をカットして、冷却水の出口部分が反対を向くように溶接し直し、180度ターンの配管で写真の上側からラミノーバに接続し、ラミノーバ出口とラジエター入り口を90度ターンの配管でつなぐ予定です。合計270度のターンとなり、この配置が圧力損失が最も低くなるのではないかと思ってます。

他にいいアイデアがあるかたはぜひご一報をw

続く。


にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

日本ブログ村の車/Miniカテゴリーでランキング参加してますので、上のバナーをクリックお願いいたします。Mini関係のBlog満載ですのでリンクとしてもご利用下さい。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

エンジンルームが美しくなりましたね。
ファンはスバルじゃなくてSPAL社製なんでしたねw 失礼w
これならラミノーバ装着しても水温の心配いらなそうですね。

業務連絡
18日は海ほたる集合で良いですか?

No title

ファンダンゴさん、どうもです。

そうなんですよ、僕も間違えてましたw
通販のHPで「スパル」って書いてあって、「スバル」と読んでしまいました。
段ボール箱にSPALって書いてあってしばらくの間違和感感じて悩んでましたw

エンジンルーム、メカ的にはすっきりしましたが、配線がややこしくなってきました。
これもスッキリさせたいなあ。

メール返信遅れてスミマセン。海ほたるに指定時刻でOKです。
よろしくお願いいたします。

No title

量りの脇に置いてあるビールも計量したのでしょうか?
ビールもグラム単位で管理して飲むのはどうでしょうか、
例えば毎日20gとかに・・・いや25gくらいですか?
めでたい時は30gでもi-235
18日は1.3の排気量任せで頑張ってみせます!!
腕ではなく力任せでタイム出してやる~i-278

No title

プリンミニさん、どうもです。

20gって・・・、ビール的には誤差ですよw 酔えないし冷えないしw
ビール飲みながら台所で計量したんですけど、嫁さんの目がキビシかったですw

18日よろしくお願いいたします。楽しみですね〜。

No title

みくたさんのMk1はレーシングモデファイの域に入ってきましたね。
イロイロ予定も目白押しみたいですが、更なる進化!楽しみにしてます。

走行会がんばって!下さい。

No title

テレスコさん、どうもです。
今週末も暑そうです。またオッサン軍団汗だく企画ですよw
無事を祈っててくださいw
プロフィール

みくた

Author:みくた
運動神経のなさを経験値でカバーしようと企むAround 40です。
これまでランエボでのサーキット走行にハマり、最近はClassic MINIに惚れ込んでます。Mini1000、1300キャブクーパーとおんぼろミニを乗り継いで、Austin Mini Mk1 に辿り着きました。レストア、トラブル対策とのんびりドライブを楽しんでます。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

日本ブログ村のMiniカテゴリーでランキング参加してますので、上のバナーをクリックお願いいたします。
Mini関係のBlogが満載ですのでリンクとしてもご利用下さい。

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
にほんブログ村

こちらは旧車カテゴリーです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
ブログ村 新着記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR