FC2ブログ

リフター異常摩耗の歴史

2009年5月に赤ミニを手に入れて以来、もしくは2009年10月にエンジンをOHして以来、リフターの異常摩耗に悩まされ続けてきました。一度はこれが原因でエンジンブローしましたし、個人的にはトラウマになってます。

今回のチェックで初めて「まあ・・・大丈夫?」と言える状態までこぎ着けましたので、これまでの苦悩の歴史を振り返ってみようと思います。はっきり言って自虐ネタですが、自分自身にケリをつけるためにまとめてみましたw

DSCN3354.jpg

2009年10月にエンジンOHをした翌年、わずか10ヶ月後の2010年8月のお盆休みにエンジンブローして道路で立ち往生しました(こちら)。

エンジンブローの直接の原因は7番リフターの破断でしたが、何故リフターが破断したのかは原因不明のままでした。破断した7番リフター自体も摩耗して薄くなっていましたし、リフター穴側も摩耗していて、クリアランスは0.55mmまで広がっていました。新品の標準クリアランスが0.04mmですからガタガタです。

DSCN2862.jpg

上の写真のようにブロック側にもダメージは及んでまして、広がってしまったリフター穴にスリーブを圧入して加工し、新品のリフターを組んで対処しました。

DSCN3361.jpg

そして翌2011年6月、リフターの状態がどうしても不安だったので、当時お店が立ち上がったばかりのSVにセカンドオピニオンをもらいに押しかけました。

わずか7ヶ月の走行でしたが結果は悲惨なもので、まるでオイル無しでぶん回したかのようなヒドイ摩耗状態でした(こちら)。

DSCN3363.jpg

全体に酷かったですが、やはり7番8番のリフターの状態が悪かったです。クリアランスが一番広がってしまっていたのは8番で0.28mmでした。

suiteigenninn001.jpg

推定原因はこちら。ブロック側のリフター穴にせっかくスリーブを打ち込んでクリアランスを修正したのに、スリーブの上端が上に突き出していてオイルが穴の中に入らない状態でした。

とりあえずSVでスリーブの突き出ている部分を削って頂いてオイルが穴の中に入るようにし、リフターを新品に交換して対処しましたが、一旦広がってしまったリフター穴では中でリフターが暴れてしまうため更なる摩耗は避けられないだろうなあという予感はありました。

IMG_0912_20130513215035.jpg

2011年10月にオーバーヒートしたのを機にリフターの状態を再度チェックしました(こちら)。

結果は予想通りというか予想よりも酷い有様でした。

IMG_0913_20130513215034.jpg

一番酷かった8番リフター。わずか4ヶ月の走行にも関わらずクリアランスは実に0.31mmまで広がっていました。ガタガタです。

このまま放置しても良いことは何も無いため、再度リフター穴にスリーブを打ち直し、クリアランスを0.04mmで初期化しました。当然ながら新品のリフターに交換して再び様子を見ることにしました。

t01_20130513215034.jpg

そしてもう良いだろうと思いつつも念のため開腹してチェックしたのが9ヶ月後の2012年7月です(こちら)。耐摩耗のための焼き入れ層が剥離しているので摩耗しているように見えますが、寸法的にはリフター側は8番のみ0.01mmの摩耗でした。

t04_20130513215032.jpg

せっかくスリーブとリフターを新品にしてクリアランスをリセットしたにも関わらず、スリーブ側は6番が0.01mm、7番と8番が0.02mm径が大きくなっていました。リフター側の摩耗と合わせると、初期のクリアランス0.04mmに対して、6番が0.05mm、7番が0.06mm、8番が0.07mmまで広がったという結果になります。

この時は正直かなりがっかりしました。しかし、クリアランスをリセットするだけではダメで、根本的な原因が他にあることを確認できた大きな一歩でした。普通の人はトラブルを抱えたエンジンブロックにこんなに付き合う必要は無いと思います。むしろさっさと捨てるべきかとw でも僕は一度巡り会ったからには縁を感じてしまってなかなか手放せないんですよねw

R0014039.jpg

そして2013年5月の今回、約10ヶ月間サーキットや高速道路でぶん回した後のチェックですが、リフター側の寸法的な摩耗ゼロ。底面の虫食いゼロ。

R0014062.jpg

スリーブ側の摩耗は7番の上端が0.02mmの摩耗で前回比で現状維持、8番の上端が0.02〜0.03mmで前回比で現状維持もしくは0.01mmの進行と、圧倒的に摩耗を減らすことが出来ました。写真を確認する目から熱いオイルがこぼれましたよw

前回の摩耗でクリアランスが広がっていなかったならば首振りが抑制されて更に良い結果だったに違いありません。病的に神経質なメカフェチとしては、いやトラウマを抱えた病人としてはスリーブから打ち直してクリアランスを再度リセットしたかったところですが、「ブロックの気持ちにもなってやれ」というプリンミニさんの言葉で思い留まったのでしたw

そして重要なのは「何故今回は摩耗が進行しなかったのか」ですが。

前回のOHでの変更点はオイルポンプの大容量化とドライデッキ化です。
この内、オイルポンプを容量アップすればオイルの吐出量が増えるので確かに摩耗抑制には有利ですが、本当のところはそれほど効果のあるものではありません。負荷の大きな状態が続く時にちょっと安心、くらいの効果なんですよね。

ではドライデッキ化でしょうか?
ヘッドやエンジンブロックの温度を均一化するのに確かに効果はありますが、本当にそこまで効果あるんでしょうか?

20130513_1.jpg

本当のところは僕にも分かりませんが、これじゃないかな、という推定はあります。

こちらはノーマルの998cc、9FAブロックの上面です。矢印で示しているのがブロックからヘッドへ水を循環させるための水穴ですが、場所によって水穴の大きさが違うのが分かります。その理由は、1番シリンダー側に付いているウォーターポンプに駆動されてブロック内を水が流れてくるわけですが、1番シリンダーから4番シリンダーまで均一に水が流れるようにヘッド側に抜ける水穴の大きさを変えて圧力損失を調整しているわけです。

仮に水穴の大きさが全部同じだと、最も圧力損失の小さい1番シリンダーの水穴からヘッドへとほとんどの水が流れてしまうことになり、4番シリンダー側が冷却不良で過昇温してしまうことになります。

20130513_2.jpg

で、こちらが2009年10月にOHした時のうちの赤ミニのエンジンブロックですが、水穴を広げてしまってます。

20130513_3.jpg

1番側は水穴にテーパーを付けた程度ですが、これでも圧力損失は相当に変わるはずです。

20130513_4.jpg

2番シリンダー、3番シリンダー周辺の水穴はテーパーでは無く思いきって丸ごと広げられてますね。

たぶんこれが原因で4番シリンダーへの冷却水の回りが悪くなっていたのではないかと。摩耗の酷かった7番8番リフターはまさにここに位置してますから、リフター穴周辺が高温になってリフター穴のクリアランスが広がり、その中でリフターが暴れることで異常摩耗が起こっていたのではないかと思います。

現在はドライデッキ化することで1番シリンダーから4番シリンダーまで強制的に冷却水を流してますので、熱の偏在が無くなって異常摩耗が無くなったと考えれば辻褄は合いますよね。

そんなわけでブロックの水穴が不均一なのにはきちんと理由がありますので、皆さんゆめゆめいじること無きようにお願いしますね。もしいじるならばドライデッキ化まで一気にやってしまうべきかと。
あ〜それにしても・・・書いちゃったなw、そしてスッキリしたw



にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

日本ブログ村のMiniカテゴリーでランキング参加してますので、上のバナーをクリックお願いいたします。Mini関係のBlogが満載ですのでリンクとしてもご利用下さい。

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
にほんブログ村

こちらは旧車カテゴリーです。旧車カテゴリーにも登録していたのですがずっとバナー表示してませんでした。こちらもコアな記事が満載ですのでご覧下さい。

テーマ : 英国車ミニへの想い
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

P-32

『ブロックの気持ちにもなってやれ』

これですね。
様々なものがあるからこそ、この思いの言葉を言える人。

だから、きっと安心をしてみくたさんもとことん突き詰める事も出来るのでしょう♪
待てと言われれば自分も待ちましょうw

No title

イタリアン・ジョブさん、どうもです。

ブロックの気持ちになるのも大切ですがリフター君の身にもなって欲しいですがw

待てといわれてからが交渉スタートですよw、粘り強く頑張ってください!w
あ、MD274SPの出物があるみたいですが、どうされますか?
プロフィール

みくた

Author:みくた
運動神経のなさを経験値でカバーしようと企むAround 40です。
これまでランエボでのサーキット走行にハマり、最近はClassic MINIに惚れ込んでます。Mini1000、1300キャブクーパーとおんぼろミニを乗り継いで、Austin Mini Mk1 に辿り着きました。レストア、トラブル対策とのんびりドライブを楽しんでます。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

日本ブログ村のMiniカテゴリーでランキング参加してますので、上のバナーをクリックお願いいたします。
Mini関係のBlogが満載ですのでリンクとしてもご利用下さい。

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
にほんブログ村

こちらは旧車カテゴリーです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
ブログ村 新着記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR