FC2ブログ

2013年の〆のパワーチェック 考察編

20131130-00000038-mai-000-4-view.jpg

今回の記事の内容とは全く関係ないんですが、先日Yahooのページで見つけた上の画像が最高すぎて萌え死にましたw(一応掲載元もリンクしておきますが、どこのページなのか不明です)。

なぜ葉っぱをくわえているのか?
何故こっちを見ているのか?
そもそも何を考えているのか?
後ろにもたくさんいるのは何故か?

疑問は尽きません。出来ることなら本人に問い詰めたいものですw

さて本題です。2013年の〆のパワーチェック結果を2012年仕様(MD274SP+1.5ロッカーアーム)も交えて比べてみました。

20131130_06.jpg

まずは馬力です。どのカムでも最高出力はほぼ同じですね(残念ながら)。

SW10が直線的に伸びて7000rpm以上で最高出力を発生しているのに対し、MD274SPでは6500rpm手前あたり、今回選んだRS270では7000rpm前後でほぼ同じ最高出力を発生しています。

昨年はMD274SPでトルク特性的には満足していて、高回転域をあと少し伸ばしたいというのがそもそものモチベーションだったので、RS270に換えることでその狙いはほぼ達成出来たと思います。

20131130_07.jpg

こちらはトルク特性の比較です。

こうやって並べて見るとMD274SPとRS270はほとんど同じで、RS270の方が少し高回転側に伸びるかなという印象です。それに比べるとSW10は低〜中回転域でトルクが薄く、その代わりに高回転域でトルクが落ちないと、そういう特性ですね。

オーバーラップ少なめにして圧縮圧力を確保する思想のMD274SPおよびRS270と、オーバーラップもバルブ開度も大きくして高回転での吸排気効率をとにかく追求したSW10といった感じです。

20131130_08.jpg

低〜中回転域でのトルク向上が加速にどれだけ影響するのかをカム毎に比較してみました。仕様によって最終減速比も変わっているので、100→150km/hrの加速タイムに換算しての比較もしています。

多くは語りませんが・・・ようやく満足出来る仕上がりになったかな、と。これぐらいは向上が無いと、ファイナルを下げて普段の生活で不自由な思いを我慢する甲斐が無いってもんですよねw

20131130_09.jpg

細かい部分をもっとはっきり比較するために、結果をデジタイズしスケールを変えてプロットし直してみました。

まずトルク特性(左上のグラフ)を比べてみると、RS270はMD274SPと比べて全回転域でわずかにトルクダウンする代わりに6000rpm以上での落ち込みがわずかに緩和されています。上述したように当初の狙い通りの改善ではあるのですが、カム交換にはこういうトレードオフ関係がありがちなんですよね、残念ながら。

ただ、実は今回はブロックを面研しつつもガスケットは厚いタイプを選んだので、実際の圧縮比はほとんどアップしていないんです。それでこの結果ならばもう一段階圧縮比を上げてトルク全体を底上げしてもいいかなと思います。

そして出力特性(右上のグラフ)ですが、MD274SPは6500rpmで、RS270は7000rpmで、SW10は7500rpmでほぼ同じ80PSを発生しているわけですが、過渡特性に関してはカム毎の特性があるとしても、上限が80PSに揃ってしまう点に若干疑問が残りました。つまり吸排気系のどこかにボトルネックがあるのではないか、と。

この問題提示をしてくれたのはSVのプリンミニさんです。確かにカムの特性だけで出力特性が決まるならば最高出力ももう少し差が付いても良さそうな気がします。逆に言うと、吸気あるいは排気にボトルネックがあってその結果80PSが上限になっているとすれば、そのボトルネックを解消してやればもう少し最高出力も伸びるのではないか?と。

魅力的な提言ですよねw そんなわけでサクッと探してみました。

20131130_10.jpg

うちの赤ミニは1000ccながらWeber45を選び、吸気マニホールドからポートまでもその径に合わせてスムージングする等、吸気に関しては抵抗低減のために徹底的に手を入れてます。ですので、ボトルネックがあるとすればヘッド以降になると思いますので、手っ取り早い所でバルブ径を調べてみました。

上位のエンジンとして1275クーパーSと三和トレーディングの90PS仕様(こちら)を例にとってます。三和トレーディングさんの90PS仕様はクーパーSと同じ径のバルブを使用して90PSまで達成しているということですので、このバルブ径ならば少なくとも90PSまではボトルネックにはなっていないという証明になるかと思います。その前提で赤ミニの仕様を比べてみました。

赤ミニは三和トレーディングさんの1300ccと比べると、80%の排気量で89%の最高出力を出しているわけで、相当頑張っているなあということが再確認出来ました。ではなくてw、肝心なのはここからなんですがw

まず吸気バルブを見てみましょう。89%の最高出力に対して、吸気バルブの面積は87%です。出力が吸気量で決まるとするとこちらは少し小さめではありますがまあ妥当な値です。OK!と。

同じく排気バルブを見てみると・・・89%の最高出力に対して排気バルブの面積は77%です。ん〜、ちょっと無視出来ない小ささですね。それにしてもこんな小さなバルブでよく頑張ってたな(汗)

DSCN2439m.jpg

27mmくらいの排気バルブにすれば89%の最高出力に対して87%と、吸気バルブ同等まで改善することになります。現状のヘッドを見ても排気バルブ周辺はまだ余裕がありますし。そしてスモールボア用の27mm径バルブって実際に売ってるんですよね。やっぱりそういうニーズがあって、そこに気付いてなかっただけかもしれません。

アプローチ案が出来てしかも物も有るとなると・・・やってみたくなりますねw 今回の仕様が2013年最終仕様のハズだったんですが、もうちょっとやってみようかな、などと画策中です。とりあえずはプリンミニさんの籠絡、いや説得かなw



にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

日本ブログ村のMiniカテゴリーでランキング参加してますので、上のバナーをクリックお願いいたします。Mini関係のBlogが満載ですのでリンクとしてもご利用下さい。

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
にほんブログ村

こちらは旧車カテゴリーです。旧車カテゴリーにも登録していたのですがずっとバナー表示してませんでした。こちらもコアな記事が満載ですのでご覧下さい。

テーマ : 英国車ミニへの想い
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

No title

なるほど〜。
数値からのアプローチ、勉強になります。
筑波まであと5日!
楽しみですね(o^^o)。

No title

カメ39番さん、どうもです。

数値から探りながらのアプローチです。
壊れないかな、と恐る恐る限界を探る感じでもありますが、1000ccブロックは意外に頑丈ですw

秘密基地では偶然カメ55番さんとお会いできましたよ。相変わらず話のネタが尽きないパワフルな方でしたw土曜日が楽しみです。朝の集合時間と場所を決めましょう。あ、ちょんあーさんとも決めないと(汗)

 

うさぎ、かわいいですね。平和な感じがまたいいです。
 
最高出力はほぼ同じですが、前仕様よりも出力、トルク共に全域でUPしていて見事に目標達成、
1000ccとは思えない数字で凄いです!
ところで、どのカムでも80PSで足並みがそろう点は興味深いです。
通常あれこれと試すことが出来ないのであまり考えが及びませんが、また新たにつきつめる場所が・・・。
EXバルブについてサンワでは26mmを推奨、他にちょっとだけチューニングヘッドを見てみたところ
やはり26mmでしたので、みくたさんの27mmというのは試す価値大ですね。
 
今週末のツクバ楽しみですね。
天気予報も良いほうに変わりましたので、思いっきり走ってください!

No title

DAIさん、どうもです。

うさぎ、いいんですわ〜w なぜこうも和むのだろうかw

三和でも1000ccで75PSを推奨してますが、その時のExバルブ径が26mm以下なんですよね。それを突破するにはそれ以上が必要なのかもしれません。

確かにこれだけカムをとっかえひっかえしている人もそうは居ないのではないかとw
Exバルブを拡大したら、出来るならばまた一通り試してみたいですw

筑波頑張ってきます!
プロフィール

みくた

Author:みくた
運動神経のなさを経験値でカバーしようと企むAround 40です。
これまでランエボでのサーキット走行にハマり、最近はClassic MINIに惚れ込んでます。Mini1000、1300キャブクーパーとおんぼろミニを乗り継いで、Austin Mini Mk1 に辿り着きました。レストア、トラブル対策とのんびりドライブを楽しんでます。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

日本ブログ村のMiniカテゴリーでランキング参加してますので、上のバナーをクリックお願いいたします。
Mini関係のBlogが満載ですのでリンクとしてもご利用下さい。

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
にほんブログ村

こちらは旧車カテゴリーです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
ブログ村 新着記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR