FC2ブログ

魅力的な欧米の旧車達

トヨタ博物館訪問記として、心に残った欧米の旧車をご紹介しようと思います。もはや単に旧車と言えるレベルではない車も多いですがw

P1030585.jpg

昨日もご紹介した1886年型ベンツ・パテント・モトールヴァーゲン。自動車の始祖です。

最初見たときは木のベンチのようなところに座るのかと思ってました。足ブラブラかよ!とw
よく見たらその上にシートがありましたねw

P1030587.jpg

水平に取り付けられたフライホイール。なんとなくポンポンポンって音を立てて走りそうな気がするんですが、どんな感じで動くんでしょうかねw

P1030629.jpg

右から順に、

1898年型ドディオン・ブートン1・3/4HP(フランス)。ベンツのモトールヴァーゲンと同じく自転車に空冷単気筒エンジンを搭載した3輪車です。

1901年型パナール・ルヴァッソールB2(フランス)。ここでいきなり車っぽく成長してます。ドディオン・ブートンからわずか3年の間でフランスで一体何があったのだろうか?w 水冷直列4気筒3562ccエンジン搭載の史上初のFR車、史上初の自動車レースにも参戦しています。

1902年型オールズモビル・カーブドダッシュ(アメリカ)。アメリカ人にも小粋な車を作るセンスがあったんですねw

ベンツが自動車を発明して12年後にはフランスで同じような車?三輪車?が発売され、その数年後には水冷エンジンまで進化してレースまで始まっているって事ですよ。ヨーロッパ人の、特に国対国の闘争心ってスゴイですよねw

P1030597_20140413210541a2a.jpg

このあたりは更に10年後の1910年代の車達です。

P1030599.jpg

1908年型イソッタ・フラスキーニ・ティーポ1(イタリア)。

イタリアの伝説的な高級車だったイソッタ・フラスキーニをベースにしたレースカー。1908年のタルガフローリオで優勝するなど各地のレースで大活躍しました。が、個人的にはイソ社のイソッタのご先祖様なのかが気になってしょうがなかったのですが、残念ながら関係なさそうですw

初期のアルファロメオはこの車のシャシーを使って組まれていたとか、若き日のエンツォ・フェラーリもこの車のドライバーだったとか、伝説てんこ盛りの車です。

P1030600.jpg

エンジンを見て「なんじゃこの形は!?」と思ったんですよw ヘッド/ブロック一体鋳造の水冷直列4気筒7970ccエンジンだそうです。気筒あたり2リッターw

そして最高出力はなんと85PS!今の車のざっと1/10の効率ですが、当時としては革命的に高出力だったそうです。

P1030612.jpg

1909年型スタンレー・スチーマー・モデルE2(アメリカ)。

形に惹かれたのですが、なんと直列2気筒の蒸気自動車でした。出力は10PS。

P1030613.jpg

1902年型ベイカー・エレクトリック(アメリカ)。

こちらはなんと電気自動車でした。20V駆動の電気モーターで出力は1PS、最高速度40km/hrで航続距離は80kmだったそうです・・・航続距離は今でもあまり変わらないですねw

P1030614.jpg

1902年型キャデラック・モデルA(アメリカ)。

キャデラックの最初の市販車です。アメリカ人にも小粋な車を作るセンスが以下略w
キャデラックの創始者であるヘンリー・M・リーランドは精密技術の権威だったそうで、当時のキャデラックはパーツの精度の高さで有名だったようです。これまで僕が持っていた大雑把なイメージと全然違いますねw

P1030618.jpg

1909年型フォード・モデルT(アメリカ)。

いわゆるT型フォードです。ライン生産による量産技術を導入することで大幅なコストダウンを達成し、自動車の普及に大きく貢献した車です。1927年までの19年間で1500万台以上が生産されました。

初期のT型フォードは色の選択肢が黒しか無かったのですが、理由は生産性を上げるために塗装を早く乾かす必要があり、塗料にいろいろ混ぜて試した結果、炭の粉を混ぜると早く乾くということを発見したためと言われてます。

P1030688.jpg

1913年型プジョー・ベベ(フランス)。

ルーフが傘みたいで可愛いなあ、ひょっとしてシトロエンかな?と思ったらプジョーでしたw 今のスポーティなイメージと全然違いますねw エットーレ・ブガッティの設計による小型大衆車です。

P1030690.jpg

1924年型オースチン・セブン(イギリス)。

赤ミニのご先祖様ですw イギリスのT型フォードと言われて17年間に25万台が生産され、日本でも販売されました。

P1030692.jpg

1925年型シトロエン5CV・タイプC3(フランス)

T型フォードの影響を受け「フランスのフォードでありたい」と語ったアンドレ・シトロエンのヒット作。こうやって並べると1台の車が周りに与える影響って大きいですよね。そうやって各国で普及した乗用車によってさらに生活そのものが変わってしまうほど影響があるわけですから・・・痺れますねw

P1030620_2014041321061760f.jpg

大衆車の後は高級志向の車達です。

1910年型ロールスロイス・40/50HPシルバーゴースト(イギリス)。

泣く子も黙るシルバーゴーストですよw 銀色の試験車が幽霊のように静かに走ったことから名付けられました。

P1030621.jpg

水冷直列4気筒の7428ccエンジン。最高出力はなんと未公表!・・・素敵ですw

P1030712.jpg

1920年型ダイムラー・タイプ45(イギリス)。

豪華なボディと大排気量エンジンでイギリス王室御用達だった車です。オープンでパレードするならばロールスロイス、普段使うならばセダンのダイムラーって感じでしょうかw

P1030684.jpg

1926年型ブガッティ・タイプ35B(フランス)。

エットーレ・ブガッティの代表作。カーグラフィックTVのオープニングでエンジン始動するところから始まるヤツです。日本の車好きにはこの車のエンジン音は脳裏に染みついていることでしょうw

P1030707.jpg

1930年型ベントレー4・1/2リットル。

1920年代にル・マンで4連勝したスポーツカーです。

P1030708.jpg

1930年型アルファロメオ6C・1750グランスポルト(イタリア)。

スーパーチャージャー付き6気筒DOHCエンジンを搭載したヴィットリオ・ヤーノ設計の傑作車。ミッレ・ミリア等のレースで大活躍しました。イタリアではこの時代からDOHCが始まったんですね・・・何故30年後のミニがOHVのままなのか?w

P1030717.jpg

1922年型モーガン・エアロ(イギリス)。

バイク用エンジンを使った大衆向けスポーツカーです。

P1030720.jpg

プッシュロッドとかロッカーアームが露出してたりします。動くところを見てみたいですw

P1030722.jpg

これでワインディングを走ったら楽しそう!ですよねw

P1030730.jpg

1936年型フィアット500(イタリア)。

トッポリーノの愛称で呼ばれた500ccの小型車。フィアット500といえばルパン三世のアレだろう!と思っていたのですが、実はこれが元祖でした。あの500は1957年から生産されたヌォーバ・チンク、つまり新500だったようです。知らなかった〜w

P1030734.jpg

1938年型キャデラック・シリーズ60スペシャル(アメリカ)。

エンジンは水冷V型8気筒5670ccで出力は135PS。このあたりの時代から出力が100PSを突破したようです。デザイン的にはトランクルームが設定され3ボックスセダンの原型になった車です。出力アップと合わせてこのあたりからアメリカ車が大柄になっていくんですねw

P1030735.jpg

1937年型リンカーン・ゼファ・シリーズHB(アメリカ)。

この車の流線型デザインはVWのビートルに影響を与えたそうです。言われてみると確かに面影があります・・・が、言われるまで全く気付きませんでした。だって全然大きさ違うしw

P1030741.jpg

1938年型ブガッティ・タイプ57C(フランス)。

ブガッティのロードモデルのうちで最も優れたツーリングカーと呼ばれた車です。

P1030742.jpg

曲面の固まりのような車です。このフロントセクション、いったい何がどうなっているのやらw 凄さだけが頭に入って実際の形が記憶できないほど複雑な面で構成されてます。

P1030747.jpg

1937年型コード・フロントドライブ・モデル812(アメリカ)。

技術的には前輪駆動、リトラクタブルヘッドライト、負圧を利用した変速機構などを採用した車ですが、そういうメカニズムはともかくとして面の構成が好きな車です。今まで大柄な車ってあまり好きではなかったんですが、こういうスッキリした大柄な車っていいなと思えるようになりましたw

P1030777.jpg

1938年型フォルクスワーゲン・38プロトタイプ(ドイツ)。

ヒトラーの国民車構想にポルシェ博士の企画が採用されて作られたものの、実際には軍用に使われたという歴史があります。
それにしてもビートルは1938年からなんですね、なんとなくミニと同世代かと勘違いしてました。

P1030779.jpg

1943年型フォード・モデルGPW(アメリカ)。

ジープの愛称で知られる小型4輪駆動車。合理的かつ経済的な車体設計は戦後の車の設計に大きな影響を与えました。

P1030775.jpg

1947年型チシタリア202クーペ(イタリア)。

ピニン・ファリーナによるデザインの美しい小型クーペ。1948年のミッレ・ミリアで5位入賞を果たした実車だそうです。

P1030771.jpg

1948年型タッカー(アメリカ)。

車の開発におけるアメリカンドリームを代表する車で映画化されたこともありますが、生産は51台のみ。希少です。

P1030806_201404132110203e8.jpg

1950年代。だんだん現代に近づいてきましたw

P1030804_2014041321101981b.jpg

見慣れた車と全然知らない車が渾然となってますw

P1030758.jpg

1951年型ポルシェ356クーペ(ドイツ)。

P1030760.jpg

1953年型シボレー・コルベット(アメリカ)。

正直うっそーと思いましたよ。全長4249mmですよ、コルベットのイメージと全然違いますw ボディはFRP製で、それは後の歴代コルベットにも引き継がれてますね。

P1030762.jpg

インパネや内装も・・・カッコイイじゃないですかw 初代コルベットは欧州の小型スポーツカーに対抗するというコンセプトだったようですね。それでこういう感じに仕上がるのかと、ちょっと驚きでした。

P1030765.jpg

1955年型メルセデスベンツ300SLクーペ(ドイツ)。

レーシングカーを市販化した車でガルウィングドアが有名です。水冷直列6気筒2996ccで215PS。このあたりから200PSを突破してますねw

P1030768.jpg

1958年型オースチン・ヒーレー・スプライト(イギリス)。

カニ目さんです。「バイク小屋に置けるくらい廉価で高性能なスポーツカー」というコンセプトだったようです。

P1030795.jpg

1958年型シトロエンDS19(フランス)。

近未来的なデザインが素敵です。サスペンションからブレーキまで全て機械制御の油圧式とした挑戦的な、しかし壊れることで有名な車ですw 手強そうですがいつかは乗ってみたいですねw

P1030797.jpg

1965年型ジャガーEタイプ・ロードスター(イギリス)。

発売当初は米国向けの廉価なスポーツカーの位置づけだったそうですよ、今では信じられないですがw

P1030807.jpg

トリはこの車です。

1959年型キャデラック・エルドラド・ビアリッツ(アメリカ)。

ただただデカイです。ボディ後半にはプールが付いてると言われたら信じてしまうくらいw

P1030808.jpg

正直言うと、若い頃は1950〜60年代のアメ車は狂っていると思ってましたw 何なのあのテールフィンは?、何なのあの無意味なデカさは?ってなもんですよw

P1030811_20140413211025d25.jpg

でも最近は何となく伸びやかで素敵だなあと思えるようになってきてしまいましたw

P1030813.jpg

もちろん僕が乗って似合うかというとそれはまた別の大問題ですけどねw


時間が無かったので駆け足で眺め抜けたトヨタ博物館でしたが、開発の歴史の中で飛び抜けた車が1台現れると他のメーカーが追随してそのコンセプトが広がったり、戦争などの影響で質実剛健になったり戦後はいきなり華やかになったり、大型の高級車の影でいつの間にか小型スポーツカーが生まれたり。そんな歴史の流れというかお互いの相互関係が何となく掴めた一日でした。

情報量が多すぎて頭がショートしそうですよ。もっと突っ込んで調べれば面白そうなネタは無限にありそうですが、このあたりが今の僕の限界です。

結論:博物館巡りは面白い。そしていろんな車に乗ってみたいw




にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

日本ブログ村のMiniカテゴリーでランキング参加してますので、上のバナーをクリックお願いいたします。Mini関係のBlogが満載ですのでリンクとしてもご利用下さい。

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
にほんブログ村

こちらは旧車カテゴリーです。旧車カテゴリーにも登録していたのですがずっとバナー表示してませんでした。こちらもコアな記事が満載ですのでご覧下さい。

テーマ : 英国車ミニへの想い
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

すごいですね。

車の写真と名前をすべて記憶したんですか?
メモしたにしても、素晴らしいレポートです(^o^)

すごくわかりやすかったです♪

トヨタ博物館に置いてある車を集めるだけでもすごい。
さすがトヨタの財力?w

私、ルーセント勤務の時に紡織の博物館に行ったことを思い出しました(^o^)
名古屋駅から徒歩圏内ではないですが、楽しめた記憶が。。
是非チェックしてみてください♪

メンタルか。。私も(/_;)なんてw
肉レポ楽しみにしてます♪

てんこ盛!♪

これは行きたくなります!
やはり素敵な物は何事においても生で見ないとw
でも、お触りはNGなのですね。。。

こうして改めて見ると大衆車の先駆けと言われるT型フォードでもエレガントさを感じてしまいますし、キャデラック・モデルAなんかはアールヌボーの息吹を感じてしまいます。
リンカーン・ゼファシリーズHBのフロント部分には特にクライスラービルを彷彿とさせるうようなアールデコの息吹も感じてしまいますね。
車もその当時の芸術様式に影響されるのは当然なのでしょうね。

その時は博物館に行った後は山本屋さんに寄ると。お漬物も美味しそうだし♪
しらばっくれて平日休んじゃおうっとw

世間の狭間で世捨て人のような生活をしている自分が言っても慰めにもならないでしょうがw
みくたさんもツインズ御姉様も世界の最先端で戦う企業戦士だと思いますので、
てきと~に息抜きをしたり、ほんの一時でも命の洗濯が出来るといいですね♪

エルドラド

スッカリ!車の歴史について勉強させていただきました。

キャデラックのエルドラドはあらためて見ると、ホントに凄い造形ですよね。
日本に『デコトラ』という文化がありますが、タダ重たくなるだけの、鉄板で作ったバンパー、「キャデラック・バンパー」って言うんですよね。
テールフィンは多分、当時のデザイナーが、将来キャデラックで宇宙まで飛んでイコーと思っていたんではないでしょうか。(笑

ワタクシ個人的にはシトロエンのあのシリーズにはいつも目が釘付けになります。
宇宙船という表現はピッタリですが、色が黒だと霊柩車に見えてしまうのは私だけ?

素晴らしいレポ!ありがとうございました。

No title

ツインズ姉さん、どうもです。

いやいや、車名と年式は写真に写り込んでいる展示プレートから読み取りました。さすがに覚えきれないですよw
その中から興味のある車については後からネットで検索して特長を拾ってます。

展示車両はひょっとして豊田一族の私有財産だったりしてw 美術館でも博物館でも展示物を集める担当者(学芸員?)がいるもんですが、トヨタ博物館にもそういう人が居るんでしょうかね?w 
今度はこれを買おう!とか、仕事が楽しそうですw

紡織にも博物館があるんですね。今度行ってみます!
日産博物館とかも行ってみたくなりました。河口湖の自動車博物館ももう一度行ってみようかなw

メンタルの予防には良質な肉がいいですよw 僕は今日、ビールと肉だけで腹一杯になって帰宅しましたw マジメな話、お互いに気をつけましょうね。

No title

ジョブさん、どうもです。

これでもたぶん、欧米車の半分以下しかご紹介できてないです。もう少しじっくり眺めていたかったですねえ。

日本車の写真も山のようにあるんですが、またいずれ機会のあるときにアップ・・・できるかなあ(汗)

命の洗濯、大事ですよね。今日は船橋のMさんと一緒に亀戸で肉を食べてきました!w

No title

テレスコさん、どうもです。

エルドラド、凄い造形ですw
こんなギザギザした造形、今の車だったら対人保護の観点で絶対に許されませんよw

デコトラのバンパーに名前が残っているんですねえw 影響大きいですねw

DSいいですよね。内装も豪華で居心地良さそうなんですよね。買っちゃってください。そしてサイドウェイで走らせましょう!w

No title

はじめまして、コメント欄への書き込み失礼します。
T型フォードの画像検索をしていてこちらのブログにたどり着きました。
自分はちょっとした趣味…というか遊びでイラストを描いているのですが、絵を使う企画(企画といっても絵描きの遊びです)でT型フォードを入れた絵を描きたくて探しておりました。
こちらのブログで掲載されているT型フォードとプジョー・ベベのお写真を使わせていただけないでしょうか?
もちろんこのまま画像を使うわけではなくこちらの画像を元に線画をトレースして色付けは模写をするような形です。あくまで遊びの範疇ですので商用利用などはいたしません。
そして、許可をいただけるならばその企画内のみでの利用を限定して描き上げたイラストの方を素材として配布してもかまいませんでしょうか?
大変ぶしつけなお願いですみません。ブログ内容に対するコメントでもなく申し訳ありません。
いきなりこのような乱文でのお願い失礼いたしました。

No title

しやもさん、はじめまして。コメントありがとうございます。

イラストを描かれているんですね、この時代の車は魅力的な形をしているのでイラストにすると素敵でしょうねw

写真ご利用頂いて何の問題もありません。イラストになった暁に、僕にも頂けると嬉しいです。リサイズ前の写真や他のカットなんかもあったと思いますので、もし必要だったら遠慮無く言ってくださいね。

No title

お早いお返事ありがとうございます!
そして利用許可もありがとうございます!絵になる角度や明るさの写真を探してようやく見つけた所でしたので許可がいただけてとても嬉しいです!
本当にこの時代の車の形は絵になります。T型フォードを探してたどり着いたのですが掲載されている写真がどれも素敵で他の車種にも目移りしてしまっていました///
はい、イラストの方もかきあげたらお知らせいたします!
リサイズ前のお写真…お言葉に甘えてT型フォードとプジョー・ベベの二枚をお願いしてもかまいませんでしょうか?
またもや乱文ですみません。親切な対応本当にありがとうございます!

No title

しやもさん、どうもです。

以下のアルバムに写真をアップしました。ダウンロードしてご利用下さい。
イラスト頑張って下さいね〜。

http://mikuta6848.blog.fc2.com/imgs/20160627tn3Ft7D4/

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

みくた

Author:みくた
運動神経のなさを経験値でカバーしようと企むAround 40です。
これまでランエボでのサーキット走行にハマり、最近はClassic MINIに惚れ込んでます。Mini1000、1300キャブクーパーとおんぼろミニを乗り継いで、Austin Mini Mk1 に辿り着きました。レストア、トラブル対策とのんびりドライブを楽しんでます。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

日本ブログ村のMiniカテゴリーでランキング参加してますので、上のバナーをクリックお願いいたします。
Mini関係のBlogが満載ですのでリンクとしてもご利用下さい。

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
にほんブログ村

こちらは旧車カテゴリーです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
ブログ村 新着記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR