FC2ブログ

足周り整備その1

3/1の筑波SBoMや3/15の袖ケ浦TBCCにて足周りに違和感があったので整備しました。違和感と言ってもかなり微妙なレベルの話で、ひょっとしたら筑波や袖ケ浦でタイムを縮め切れなかった自分の弱い心が追い求めた幻想かもしれませんw

症状は、筑波や袖ケ浦の最終コーナーなどで外輪に荷重が乗り切ってリアが若干スライドしながらアクセルオンしているような状況で、車幅の半分くらいクッと進路がズレることが度々ありました。荷重が乗り切った後の挙動なのでアンダーやオーバーとは違いますし、しかもフロントが外に逃げる時とリアが外に逃げる時が半々くらいの確率だったので、何か想定外のことが起きているのだろうと。

レースで頭に血が上っている時は全く気になりませんが(オイw)、冷静に考えると危うい状況、というか何かのトラブルの前兆の可能性もあるため、血が上っていない平時に対策しておくことにしました。今回はまず前輪編です。

R0015733.jpg

話は少し遡りますが、昨年12月に行った整備からご紹介します。

谷保天満宮旧車祭に参加してその夜に品川で開催されたSBoMのディナーパーティーの会場に移動する際に左前輪の挙動に違和感を感じ、タイヤを揺すってみたところグラグラになってました。

フロントのハブベアリングにそこまでガタが生じた場合、通常のハブベアリングであればガーガー音が出てしまってまともに走れなくなりますが、うちの赤ミニはフロントのハブベアリングを一般的なカップ&コーン型ではなくシールド型のベアリングに打ち替えてあるので、走っていると微妙な左右方向へのズレは感じるものの普通に走れてしまうんですよね。そんなわけでこんな状態でもSVまで自走し、修理して頂きました。

R0015734.jpg

こちらの写真はドライブシャフト側から見た状態です。2個のシールドベアリングがスイベルハブの表側と裏側にそれぞれ圧入されているわけです。

シールド型ベアリングはベアリングの各パーツが一つの構成体としてズレないように組み合わさっているため、軸に組み付けナットで締め込んで初めてベアリングとして機能するカップ&コーン型と比べて強度も剛性も段違いに高いというメリットがあります。シールド型ベアリングは国産車のハブでは既に一般的になっていますが、ここを交換することは滅多に無いと言えるほど頑丈な代物ですので、車重の軽いミニに組み合わせればたぶん一生ものでしょう。

R0015735.jpg

ところがそれほど優れたベアリングを使っているにも関わらずガタが出るんですよねw

上の写真はスイベルハブを外してCVジョイントの軸を出した状態ですが、軸にはかなり摩耗した痕跡が残ってます。ベアリングは無傷でも軸は傷ついているわけですね。そして傷がつくということは軸が回転方向以外にも動いてしまっていることを示しています。

R0015736.jpg

ブレーキディスクが付いているフランジの裏側も円周状に削れてしまってます。

削れた部分はちょうどベアリングのインナーレースに当たる部分だったりします。こちらもベアリングは無傷なのに当たっている相手側は削れてしまっているわけで、やはり動く余地があったことを示しています。

R0015737.jpg

フランジの表側、テーパーワッシャ、テーパーワッシャが付くフランジ面、そしてロックナットのテーパーワッシャに当たる面も摩耗しています。もうお気づきかと思いますが、上記の摩耗は全てフランジがCVジョイントの軸上を左右に動いてしまうことから生じていると考えられる症状なんですよね。

R0015739.jpg

この時は、ドライブフランジが経年的に少しずつ削られて横方向のガタが生じ、それが原因で各パーツが擦れ合って摩耗が促進したのだろうと推定し、フランジ、テーパーワッシャーおよびロックナットを強化品に交換して整備完了としました。

・・・が、真因まで追求しなかったんですよね。しかも異常の出た左フロントしか対処しませんでしたし。そんなわけで、今回のコーナーリング中の違和感を切っ掛けにして一度徹底的に駆動系を見直そうと、そう思ったわけです。いつまでも違和感を言い訳にしているわけにもいきませんしw

P1250438.jpg

P師が多忙なのと、整備毎に埼玉県まで往復できないという理由から、こちらの地元で主治医を探すことにしました。今回お世話になったのは名古屋市千種区のC.C.Oさん。以前からブログでは存じ上げていて丁寧な作業に感銘を受けてました(こちら)。

P1250439.jpg

突然の訪問にも関わらず親身に相談に乗っていただき、なんとその日のうちに作業して頂くことになりました。ありがとうございます!

P1250441.jpg

ミニのフロント足周りに生じるガタと言えばハブベアリングかボールジョイントが有名ですが、赤ミニのタイヤを手で揺すってみた限りではどちらも許容範囲で、あえて言えば右前輪のハブのガタが少し大きいかなという状態でした。負荷がかかった時だけ生じるガタかもしれませんので分解して徹底的に調べることにしました。

右前輪は昨年末に強化型に換えていないのでノーマル形状のロックナットが付いてます。これも何とかしたいですね。

P1250442.jpg

ロックナットを外す段階で早くも違和感を感じたそうです。テーパーワッシャーも隙間が無くなるまで、つまり限界まで押し込まれてますし。

P1250480.jpg

フランジのベアリングに当たる面も円周状に削れてしまってました。昨年末の左前輪と同じ症状ですね。

P1250444.jpg

根本的な原因はおそらくコレです。

CVジョイントの軸の先端のネジ部分ですが、ネジ山が鈍ってしまってます。ロックナットを外そうとした際の違和感はコレが原因ですね。

そしてなぜネジ山が鈍ったか、ですが。おそらく過去にCVジョイントを嵌めようとしてハンマーで軸をぶったたいたのだろう、と。その痕跡は丸まってしまった軸の先端と真円で無くなってしまった割りピン穴に見て取れます。

割りピン穴が真円でなくなってしまうくらいネジの軸が変形しているわけですから、少なくとも軸の先端から割りピン穴周辺までネジのピッチが狂ってしまっているわけです。そこに毎回インパクトでロックナットをねじ込んでいるうちにネジ山がどんどん鈍り、相手側のロックナットもその部分を通過する毎に削られ、最終的には締め切れなくなってしまった、あるいは締めてもガタが出るようになってしまった、と。そう推定しました。

その結果、組んだ直後はガタが無くても、締め付け不足からフランジ、テーパーワッシャーおよびロックナットの各パーツが少しずつ動いてそれぞれの面で摩耗し、最終的にクリアランスが増えて昨年12月のような症状になったのではないかと思います。あるいは普段乗りではそれほど摩耗は進行しなくても、サーキットで縁石に乗り上げたりダートに落ちたりして過大な負荷がかかった際に一気に摩耗が進むのかもしれませんね。思えば12月に左前輪の摩耗が発覚したのも袖ケ浦の高速左ターンで押し出された直後でしたし。

ちなみにこのCVジョイントは最初に赤ミニを整備してもらったお店で「程度の良い中古品」として購入したものですが、言うほど程度は良くはなかった、ということでしょう。この業界における厳しい現実ですね。

P1250477.jpg

ネジ山の修正も試みたのですがピッチの狂いは如何ともし難く、やはり根本治療のためCVジョイントを交換することにしました。傷だらけのこの人を、

P1250485.jpg

C.C.Oさんのところにあった「程度の良い中古」さんに交換して頂きました。傷も無いし割りピン穴も真円だしネジのピッチもキレイなもんです。そして現物を自分の目で確認するって大事ですね。もちろん洗ってグリースを詰め直してから組んで頂きました。

ちなみにオートマ車で使われていたものとのことで、程度の良い中古パーツを確保するならば「オートマ車は最高!」とのことでしたw

フランジは削れてしまったものを再利用しましたが、できれば左側と同じ強化品に交換したいところです。

P1250465.jpg

左前輪は前述の通り昨年12月にSVにてフランジ、テーパーワッシャーおよびロックナットを強化品に交換して整備済みではありますが、念のために確認しました。

P1250470.jpg

ロックナットを外す際には相当に抵抗があったそうです。外してみるとCVジョイント軸の割りピンの穴は真円でしたが、周辺のネジ山はやはり相当に鈍ってしまってました。こちらも交換した方が良さそうですね。

P1250473.jpg

いい天気だったので外で作業ですw

じゃなくって、実はお客さんが自分のミニを整備するために工場内のリフトを使っていたので、工場長さんとメカニックさんの二人はウマ掛けで外で作業という不思議な状況だったのでした。C.C.Oさん、お客さんの自主性というかDIY根性を尊重する面白いお店ですw

P1250475.jpg

左側のフランジは流石に削れてませんでした。強化品に交換して数ヶ月ですからね、これで削れてたら涙もんですがw

もちろんそのまま使用です。

IMG_9691.jpg

シールドベアリングにもグリースを追加してシールを入れ直し、

IMG_9692.jpg

サクサクと組み直して頂きました。

結果は、手で揺すった時のガタも激減していい感じになりました。まあ街乗りでは問題ないというか気にもならないレベルの症状でしたが、これで安心してコーナーを攻められる、という気持ちの区切りが付いたのがありがたいところです。

今回得た教訓としては、

「対処療法で済ませて安心せず、根本の原因をつぶして徹底的に対策するべき」

「左の頬を打たれたら右の頬も差し出す」・・・両輪に似たような負荷がかかっているはずですので、片側がイカレたらもう片側も見ておくべきですねw

そんなわけで、その反省を活かすべくリアハブについても見ておくことにしました。続きます!



にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

日本ブログ村のMiniカテゴリーでランキング参加してますので、上のバナーをクリックお願いいたします。Mini関係のBlogが満載ですのでリンクとしてもご利用下さい。

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
にほんブログ村

こちらは旧車カテゴリーです。こちらもコアな記事が満載ですのでご覧下さい。

テーマ : 英国車ミニへの想い
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

四輪の書?w

そういえばみくたさんは両刀使いでしたねw
今日は修正をしてもらいたい事がありSVに行ってきました・・・ん?最近毎週行っているような?w
先週よりも赤ミニは元気そうでしたよ♪

両刀遣いって?w

ジョブさん、どうもです。

両刀遣いって、お酒も甘いものも両方行けるとか、肉も魚も好きとかそっちですよね。
僕の下半身は極めて保守的ですので誤解無きようお願いしますねw

トルクバンドのボトルネック解消に向けた秘密兵器は僅か一日で完成したそうです。職人さんスゲーw
それで慌てたのがP師ですよ・・・セッティングきちんと出すよう発破をかけておきましたw

No title

ミクタさんのブログを観る度、公私にわたってガッツに頑張っているなぁって、本当に感心するばかりです。
で、よけいな老爺心かもしれませんが、公道とサーキットの両刀使いも混走のレーシングに突入し、大分競争が本格化してきているようなので、そろそろFIAレベルの本格ロールケージ、入れませんか。
またミニの場合とくに、安全燃料タンクの採用も合わせて、ご考慮されていい時期ではないかと。
僭越ながら、アマチュアレースですから余計に、相互がはかるべき安全対策は十分事前配慮されるべきで、ミクタさんのお立場的にも石橋叩は妥当な方策かと存じます。
まぁたしかに、ロールケージを入れると車重的にはいささか重くはなりましょう。が、怪我や命の危うさには比べようがない。

その昔富士の17番付近にて、TSサニーで転げて生ガス浴び、折れたケージパイプで手を裂いた経験から申しております。
ミニは水素は使いませんが、ミライより強くはありませんし。

悪しからず。

No title

鈴木誠男さん、どうもです。

アドバイスありがとうございます!
ロールゲージに関しては実は他の方々からも「入れるべき」「すぐ入れなさい」と厳しくご指導頂いてましてw、天邪鬼な僕もさすがに入れようかと思ってます。

そしてどうせ入れるのならばキッチリ入れたくてw
シャシーのレストアをやって正しい寸法を出した上できちんとしたものをガッチリと入れたいのですが、レストア自体がなかなか実現しなくて困ってます。とりあえずは最低限安全確保できるものを入れようかなあと考えてます。安全タンクも同じですよね、8月の富士までには何とかしたいなあと考えてます。

ミライにはカーボンのアンダーガードが付いてますよ。あの技術でフロアが作れたらいいんですけどねえw

昨日、みくたさんの赤ミニを初めて見ました!
激戦に耐えてきた・・・永い年月を生きてきた・・・貫禄?を感じました。
 
ということで、初・SVです。
P師をはじめ皆さんに気を使っていただき、感謝しています。
長時間お邪魔してしまいましたが、久々に本当に楽しい時間を過ごすことができましたよ!!

SVデビューw

DAIさん、どうもです。

SVまでドライブしたんですね、お疲れ様です!

赤ミニって近くで見るとボロさが目立つでしょうw
よくこれで頑張ってくれてるなあと思いますよ、長生きしてほしいですw

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

みくた

Author:みくた
運動神経のなさを経験値でカバーしようと企むAround 40です。
これまでランエボでのサーキット走行にハマり、最近はClassic MINIに惚れ込んでます。Mini1000、1300キャブクーパーとおんぼろミニを乗り継いで、Austin Mini Mk1 に辿り着きました。レストア、トラブル対策とのんびりドライブを楽しんでます。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

日本ブログ村のMiniカテゴリーでランキング参加してますので、上のバナーをクリックお願いいたします。
Mini関係のBlogが満載ですのでリンクとしてもご利用下さい。

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
にほんブログ村

こちらは旧車カテゴリーです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
ブログ村 新着記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR