FC2ブログ

冷却系強化大作戦その2

7ポート化して以来サーキット走行での水温上昇に悩んでおります。正確には昨年の5ポート+スプリットウェバー仕様の時から軽く100℃は突破していたのですがw、アナログな制御故に問題として顕在化していなかった・・・平たく言うと今年7ポート+フルコン化して100℃以上で出力制限をかけた結果、ドライバーがようやく問題として認識するようになったというオチなのですがw

冷却水温度が100℃を超えたとしてもすぐに問題につながるわけではないですが、とは言えアルミ製のシリンダーヘッドなので熱歪みのリスクを考えるとあまり温度は上げたくないですし、100PS以上の全開全負荷状態での温度上昇はデトネーションを誘発するリスクがあるのでやはり避けたいところではあります。

そんなわけでいろいろ悩みながら試している冷却強化大作戦の続編です。

R0016554.jpg

こちらは前回の記事にてご紹介したフロントラジエター。

赤ミニにフィッティングしてみたところとても収まる代物ではなかったので諦めましたがw、元々は三和トレーディングさんがKADミニを冷却するために作った「ミニ専用品」です。先週のTBCCの際にそんな会話をKADハムさんとしたところ、KADハムさんから「見つけました!」とのメールを頂きました。

IMG_0502.jpg

確かにそのまんまのブツがKADミニに採用されてますねw

P1060144.jpg

Youtubeの動画を眺めていて気がついたというか思い出したんですよ。あれ?オイラこれ見たことあるよな〜、と。

アルバムを掻っ捌いてみたら発見しましたw、上の写真は昨年のSBoMでの光景で三和トレーディングさんの7号車です。

P1060304.jpg

フロントカウルを取り外した状態がこちら。あ〜・・・そのまんまですねw

P1060303.jpg

冷却水の取り回しがよく分かるショットです。なかなかに合理的なレイアウトですよね・・・フルフロント化していれば、ですがw

P1060340.jpg

こうして俯瞰して見るとパワートレインの凝縮感や室内の補強とのつながり具合の緊密感が半端ないです。ミニって素敵な構造だなあと再認識しましたw

P1030281_20150709000519c59.jpg

感動してばかり居られないのが辛いところでw、赤ミニの冷却を何とかするべく現実に戻らねばなりません。そんなわけでプランBを発動しました。結果、上の写真のようになりましたが・・・どこが変わったかお分かりでしょうか?w

R0016572.jpg

まずはラジエターです。

ドゥ・トレーディングさんの真鍮製3コアに変更しました。フィンの部分に熱伝導に優れる純銅を使っている優れものです。・・・国産車のラジエターとしては既に当たり前の技術ではありますが、実績がある枯れた技術こそきちんとミニに応用してやりたいですよねw

R0016573.jpg

そして機械式の冷却ファン復活!

今回はMk1用の金属製のファンではなくあえて高年式用の樹脂製のファンを選んでみました。軽量で立体的な翌断面形状のため、最小限の駆動ロスで効率よく冷却してくれることを期待しての選択です。なおサーモスイッチ駆動の電動ファンは継続して使用します。

R0016475_20150709010544d0e.jpg

電動のウオポンは取り外して機械式ウオポンのみの構成に戻しました。

機械式ウオポンは鋳造インペラーのバイパス付きタイプを使用・・・、ドゥ・トレーディングのスクイさんに教えて頂いた情報によれば、このタイプはキャビテーションを起こしにくいので冷却強化に効果が大きいそうですが、その一方で軸受け部分のシールの質が悪いため水漏れのリスクが高いそうです。新品でも組んだ直後から水漏れするケースもあるとかw

そんな重要な情報を得ていたにも関わらずP師が選んだのはバイパス付き鋳造インペラータイプ! 正直神経を疑いましたがw、P師曰く「漏れるヤツは組んだ直後から漏れるけれど、同じウオポンでも最初に漏れないヤツは時間が経っても大抵大丈夫」とのことでw、そんなもんかな〜と思いつつも最前線での経験則を信じて納得しています。

ここまで読んで頂いてお気づきと思いますが、要するに古き佳きオリジナルの構造に戻した、と。プランBの正体は、つまりそういうことですw

P1030283_20150709000522bff.jpg

それだけではつまらないので(←オイw)フロントにサブラジエターを追加しました。

下段がオイルクーラー、上段がオイルクーラーを流用したサブラジエターの2階建て構造ですw

R0016589.jpg

サブラジエターへのアウトプットは悩んだ末にサーモスタットの手前側、エンジンブロックへのリターンはヒーターのラインに合流させる形にしました。

この形だとサーモスタットの開閉に依らず流れっぱなしになる構造ですが、その代わりに手動式のバルブを追加しています。真夏のサーキットではオープン、冬の街乗りではもちろんクローズといった使い方のイメージです。

このバルブ、真鍮製のメインラジエターだけでどれだけ効果があるのか、サブラジの追加で水温がどう変化するのか、を検証するという目的もあったりしますw

R0016596.jpg

サブラジへのバルブの開閉を制御するためのレバーはステアリングコラムに追加。センターキーの部分にもレバーはありますが、4点式のシートベルトで身体を固定しているとセンターキーに手が届かないのでw、この部分に変更しました。

R0016590.jpg

ヒーターのラインにもバルブを追加しました。夏のサーキット走行ではここは常時クローズにして、ヒーター/サブラジ系の水流を全てサブラジに流して外気で強制冷却させる考え方です。

P1030205_20150709000518419.jpg

効果検証の画像です。個人的にはとっても衝撃でした。

先日のTBCCの際に袖ケ浦に向かう往路の高速での水温(左下のメーター)ですが・・・なんと78℃!ちなみにサブラジはクローズのままでここまで水温が下がりました。真鍮3層コア+機械式ファン、これがベスト・・・だったようですねえw

P1030282.jpg

TBCC第9戦でも予選はメインのラジエターのみで走行して80℃弱、決勝はサブラジまで使って76℃という下がりっぷりだったのでした。おそらく夏の富士スピードウェイでもこの構成で問題ないことでしょう。

冷却系強化としてはこれにて無事に問題解決!なんですが、エンジンは謎のパワーダウンの症状に苦しめられました。しかも予選よりも決勝で酷かったんですよね。これも(おそらく)この冷却対策が影響しているのですが・・・何故だかお分かりでしょうか?w

これについては検証結果が出てから詳しくご報告しようと思います。お楽しみにw


20150708_01.jpg

本文とは全然関係ないですが、七夕の夜にジョブさんからメールを頂きました。MRRCのチーム呑兵衛が宇都宮エリアで頑張ってきたようですよw

20150708_02.jpg

アードベック!

20150708_03.jpg

アードベック!

20150708_04.jpg

アードベック!しかもスーパーノヴァだとお!?w

20150708_05.jpg

最後までアードベック!、しかも200周年ボトルとか・・・偉業達成、お疲れ様でした!w

IMG_0517.jpg

この日僕は京都出張だったので、京都駅でちんまい和菓子を発見したので親分へのお土産に買って帰りましたが、これは予想以上にウケましたねえ。やはり女子にとって「カワイイは正義」なのかw



にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

日本ブログ村のMiniカテゴリーでランキング参加してますので、上のバナーをクリックお願いいたします。Mini関係のBlogが満載ですのでリンクとしてもご利用下さい。

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
にほんブログ村

こちらは旧車カテゴリーです。こちらもコアな記事が満載ですのでご覧下さい。

一連の記事をまとめてみました。苦悩の歴史を振り返るのにご利用下さいw

水温上昇の謎その1(こちら
水温上昇の謎その2(こちら
水温上昇の謎その3(こちら

冷却系強化大作戦その1(こちら
冷却系強化大作戦その2(こちら
冷却系強化大作戦その3(こちら
冷却系強化大作戦その4(こちら

テーマ : 英国車ミニへの想い
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

そ、そうか~!♪

親分の心を掴むのはやはりそこか~w

MRRCの端くれの忘れた頃の栃木支部の支部報告ですが、
例のブツを届けたら喜んでいましたよ♪
ちなみにオーナーは最近はイタリアにばかり行っているので今年は行き先変更検討中らしいですが・・・
スタッフの人と何故かイタリアの直ぐ近くのwモナコGPの案もあるようで羨ましいかぎりです。

またミニ乗りの端くれとしても、スクイさんやみくたさんのような人が居てくれると本当に助かります♪

最後に端くれであってもささくれではありませんのでw
端くれは端くれらしくこれからも適当にやっていきますw

キタwキター!!(^^)♪

好きなんですwこの手のレポート(*^^*)w
しかもwメカ&スコッチ!?好きな物だらけでノックアウトですw

真鍮&純銅製ラジエターには驚きましたね~(・・)
こんなにも効果があるとはw
サブラジエターの使い方などなど・・ふ~むふむw
体を張った貴重な実験データwいつもありがとうございますm(_ _)m

パワーダウンの原因と対策のヒントは。。
画像の中にもでてきてたかなぁ~(・・)なんて気がしますw
次のレポートが楽しみです♪

アードベックのオンパレード(*^^*)w
ぜひ一度w味わってみたいものです♪
第二回レオニダス会談の開催w
な~んて。。あったらいいなぁ~(・・)

レオニダス会談(?)

もしその宴が催される機会があるのなら
その時は是非慰労と感謝を込めてP師を招待したいですね。
先祖伝来の戒めによりP師がアルコールを嗜まわないのは知っていますが、
アルコールを使わないカクテルもありますし、
そして何よりもあの雰囲気に酔ってもらいたいものです(P師を酔わせてどうするっていうんだ?)w

あくまでもその機会があっても招待するのはP師だけですからね!

!!!

真鍮&純銅製ラジエターは効果絶大ですね。驚きました・・・。
今回、最も風が抜けるところにサブラジエターとオイルクーラーを配置したことも
よい結果に繋がった一因ですね。
そのサブラジエターやオイルクーラーも純銅製のものが欲しくなります。
 
そして、ノブと小型のバルブが面白いです。バルブは国産車のものですか?
 
街乗りオンリーの自分は渋滞対策が課題ですが参考にさせていただきます!
スクイさんお勧めのこのラジエターは購入済みです~♪
 
パワーダウンの原因は少々冷えすぎた、なんてまさか・・・。
想定外の冷却効果でコンピューターがビツクリしてしまったとか・・・。

ふむふむ

水温については解決したようで良かったですが、
やはり私もパワーダウンの原因は冷えすぎた?と思ってしまいました。

まだまだエンジンのことを理解できていないので、みくたさんのわかりやすい説明を聞きたいです(^^)
良かったらお肉誘ってくださーい♪
ぼなすで懐の暖かいうちに(  ̄▽ ̄)(笑)

やっぱり女子は味も大事ですが見た目が一番ですね♪

そこですよw

ジョブさん、どうもです。

親分の心の鍵はそこにありましたw しかしジョブさん今回も頑張りましたねえ、一晩に一体いくら使ったのやらw

今年の後半戦がうまく戦えたら自分へのご褒美に遠征しちゃおうかなw

No title

KADハムさん、どうもです。

実は「その3」を執筆中にポチポチ計算していたら衝撃の事実に気付いてしまいました。アルミ4層が悪いわけではないかもしれないです。次回記事をお楽しみにw

アードベック、美味しいですよねw ハム号復活祝いに行っちゃいますか?w

No title

DAIさん、どうもです。

空冷式オイルクーラーも効果大きかったと思います。が、もう一つ大きな要因が隠れていそうですw

バルブはたぶん国産品の流用だと思います。動きがカチッとしていて安心感がありますよw
レバー基部をよく見たら「Pull Open」の文字がありました。今まで気付いてませんでしたw

No title

ツインズ姉さん、どうもです。

パワーダウンの影響は想像とはちょっと違いますが、国産車でも気を遣っている部分ですよ。検証が終わるまでもう少しお待ち下さいw

7末と8末にまた東京遠征します。その時に六本木ご一緒しますか?w

キメテはファン。。

TBCCで78℃ってのは聞いてたので、その秘策に興味津々でしたが、なんと基本に立ち返る・・というのが答えとは驚きでした。

下がりすぎなのはサーモスタットで何とかなりませんかねぇ。。

私の1000ccはノーマル40馬力なんでできるだけロスを無くしたくてファンを外しました。
特に高回転でのレスポンスで効果は絶大なのでどうしてもファン無しで何とかしたいともがいてます。  スクイさんからはもちろんファン無しはダメでしょ。。って軽く流されてますけど。。。
ラジエターはドゥさんのその3コアラジエター付いてますので、ウォーターポンプをキャストアイアンの羽根のに変えて、走行風をもう少しラジエターに導く工夫をしてみようと思ってます。 フェンダーの後ろに穴をあける前にまだまだやることが残ってました。。。

みくたさんの続編を楽しみにしてます。。

No title

そーねぇそーねさん、どうもです。

1000cc電動ファン連盟、崩壊の危機ですねw

水温の下がり過ぎは仰る通りサーモスタットで調整できると思いますし、P師にはその方向で動いてもらってます。

今チョコチョコと計算してますが、いろいろ面白いことが分かってきました。そのあたりを対策すれば電動ファンでも行けるかも知れません。言うなればエンジンルーム内の気流設計ですね。エンジンに元気が無い要因も同じ所にルーツがありまして、真面目に取り組むと結構大変な話になりそうですw
プロフィール

みくた

Author:みくた
運動神経のなさを経験値でカバーしようと企むAround 40です。
これまでランエボでのサーキット走行にハマり、最近はClassic MINIに惚れ込んでます。Mini1000、1300キャブクーパーとおんぼろミニを乗り継いで、Austin Mini Mk1 に辿り着きました。レストア、トラブル対策とのんびりドライブを楽しんでます。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

日本ブログ村のMiniカテゴリーでランキング参加してますので、上のバナーをクリックお願いいたします。
Mini関係のBlogが満載ですのでリンクとしてもご利用下さい。

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
にほんブログ村

こちらは旧車カテゴリーです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
ブログ村 新着記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR