FC2ブログ

2018 SBoM第3戦 緑ミニ編

837_large.jpg

SBoM第3戦、レースには参戦できませんでしたがスポーツ走行枠でサーキット復帰を果たしてきました。とは言っても上限5,000rpm、アクセル開度50%までで、あくまで慣らし運転で!という厳しい縛りプレイでしたが涙

そして天気も無情の雨模様。このボディをいきなり雨に晒すという現実も神経すり減らしてくれます。マシンですからね、走らせないと意味の無い子ですから、と自分に言い聞かせながら走りましたよw

887_largem.jpg

点火系は結局デスビ仕様です。300度という開度の大きなカムの割には900rpmくらいで安定にアイドルしてくれました。デスビ仕様も意外に行けますね。

845_large.jpg

燃料タンクは満タンにして臨みました。

安全タンクって、中にスポンジが入ってるのでガソリンの残量がわかりにくいですね。割り箸を上から突っ込んで濡れている範囲で残量を読む、とか・・・そんな工夫が今後は必要かもしれませんw

850_large.jpg

ボディサイドの給油キャップはダミーです。これ無くても良かったんじゃないかな。

851_large.jpg

まだ29番ゼッケンを張ってないので、運営から頂いた本日の番号をハリハリしております。この作業も久しぶりな気がしますw

006_large.jpg

走行前の打ち合わせ。

アクセル開度50%まで、リミットは5,000rpmまで、アクセルはガバッと踏まないでジワッと踏んで違和感なく回るか確認するに留めるように・・・と、厳しく指導を受けておりますw

えー、とりあえずタイムアタックしてみたいんだけど、とは言えませんでしたw というか、実は実際に座ってみるとクラッチが遠くて操作しづらいということが分かりましたので、ガチのアタックは出来なかったという事情もあったりします。

シート、一度はフィッティングしたんですけどね、・・・そういえばその時はまだクラッチ配管つないでなくて、クラッチだけ踏んでませんでした。アクセルとブレーキだけ踏んで「これでOK」って判断しましたね確か・・・失敗でした。クラッチってペダルの中で一番奥まで踏みますもんね。日常生活でAT車ばっかり乗ってるのでクラッチの位置感覚忘れてたのかもしれません←

そして現段階でシートは一番前の取り付け穴を使っているという・・・対策のしようがありません。己の脚の短さを呪うばかりです。コレきっと英国人向け仕様だな←

555_large.jpg

クラッチが遠くても走ります。10ヶ月ぶりですからね、そりゃあ走るでしょうw

556_large.jpg

縛りプレイなので1分20秒台のペースで、でもその範囲の中で感覚を取り戻すべく可能な範囲でメリハリ付けながら周回を続けました。

2速でコーナー抜けたらその段階でもう5,000rpmですからね、シフトアップしていってもアクセルをちょっと気前よく開けようもんならあっという間に吹け上がってこの日のリミットを超えてしまうので、慎重に慎重を重ねた運転になりました。

A/Fも過剰に濃いめ、点火時期も限界まで安全方向で、とりあえず変な挙動無く全回転域で走れることを確認し、その状態で可能な限り慣らし運転したって感じです。その慣らし運転には僕自身のリハビリも入っておりますがw

557_large.jpg

コーナー手前でのブルーフラッグとホワイトフラッグ、ありがたかったですね。皆様ご迷惑をおかけしました。

565_large.jpg

写真見ていて気がついたんですけど、

482_large.jpg

運転席側の窓が開いてますね汗 運転席側の窓は閉めるのがルールです←

ヘッドガード付きのシートって初めてなもので、なんか横方向への注意がおろそかになったんでしょうかね。というよりは平静を装ってましたが結構テンパっていたんだろうなあw

817_large.jpg

撮影はキャメル軍団のオートマ団長ことMCZさんです。ありがとうございました!

888_large.jpg

アクセルを踏めないストレスはともかく、ボディがしっかりしたことによる安心感は凄いものがありますね。イメージとしては「戦車」?w 多少の轍があろうとも一寸たりとも軋まず逆に地面を踏みにじって・・・この場合はタイヤを撓ませサスペンションを動かしながら我が物顔で進んでいく、という感じです。

戦車という印象から、ボディは頑丈になったと同時に相当に重くなったのでは無いかと心配しておりました。ケージだけで40kgくらいありますからね。ノーマルのMk1の車重が635kgらしいですが、いろいろ外して軽量化した分がケージの追加で逆に増えて700kg近くあるんじゃないか、と心配していたのですが。

ヨシヨシさんが「車検場で測ってみればいいじゃん、オレ、ちょっとストックマンさんに声かけてくるよ!」とフットワークよく段取りしてくれまして、車重を測って頂けました。

IMG_1819m.jpg

ちなみに車検場のエリアは写真撮影禁止ですので念のため←

車両重量で628kgです。意外に軽いです。

30Lのタンクがほぼ満タンで約27L入っているとして、ガソリンの比重が0.75なので約20kgです。となると車体重量としては608kgですか。先述したとおり、ケージだけで40kg近くあることを考えるとかなり頑張って軽量化していることがうかがえます。一度ドンガラにしてから作り込んであるので徹底的に作り込めてるってことなんでしょうか。
これでまだトランク、ボンネット、ドアはスチールのままですからね。今後の夢が広がりますw

ちなみに、Mk1では997クーパーが584kg、クーパーSが635kgです。高年式のミニでは710kgまで増えているそうですので、やはりMk1って軽いですよね。

IMG_1828m.jpg

前輪荷重は394kg。全車重の64%が前輪に乗っているという・・・やはり相当にフロントヘビーなのは変わっておりません。というかボディ軽量化した分、余計にフロントヘビーな傾向は強まったんじゃないかな、と。

ちなみに、フロント荷重も測っておいた方が良いんじゃないかとアドバイスをくれたのはタートルの工場長でした。この時間帯は車検場は無人のハズなんですが、なぜか大勢の方々が集まってました・・・皆さん興味津々なんですねw

IMG_1797m.jpg

例えばピット前に停めて整備を始めたりすると・・・、

IMG_1798m.jpg

オッサンホイホイですw

IMG_1801m.jpg

ミニマニア、メカフェチが釣れる釣れるw

IMG_1805m.jpg

皆さんが地面に這いつくばって見ていたのがこちら。

僕自身も知らなかったんですが、牽引フックが付いていたフロントサブフレームのネジ穴が上にズレてボディの穴から見えなくなっているんですよね。
何が起きているかというと、サブフレームのタワー部分を削って低くして、ボディに対してエンジンごと上に移動させています。ロワーアームの角度を変えず、ドライブシャフトの角度も変えずにボディだけ低くしたと言い換えることも出来ます。思い切った工夫ですよね。エンジンの地上高が高くなるので重心的には不利かな。

IMG_1816m.jpg

フロントのストラットタワーのボディ側にも工夫がありまして。

普通はデカいボルト(サブフレーム・タワーボルト)でストラットタワーのセンター部分をボディ側に固定していますが、センター部分は穴を開けて、その前後の2本のボルトでストラットタワーをボディに固定するように造り変えてます。

この穴の目的は?

IMG_1812m.jpg

なんとこの穴にレンチを突っ込んで回すとフロントの車高調整が出来るんですよ。現場で簡単に調整ができるような、まさにレースを意識した工夫ですよね。

44038385m.jpg

ちなみにこちらが調整前。フロントの車高がベタベタに落ちておりました。普通に指が入りませんでしたが、

837_large.jpg

調整後がこちら。すこし常識的な車高になっております。さっきの方がカッコはいいな←

IMG_2731m.jpg

てな感じで、実際に動かしてみて不具合をいくつか見つけ出しながら車と自分の慣らしを進めた一日でした。が、どちらも慣らしが全然足りておりません汗

このままだと第4戦も同じようなおっかなびっくり状態で臨むことになりかねず、どこかで集中的に「真剣な交際」をしないことには信頼関係が築けない気がしておりまして、そんな機会を得るべくいろいろ画策しておりますw



にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

日本ブログ村のMiniカテゴリーでランキング参加してますので、上のバナーをクリックお願いいたします。Mini関係のBlogが満載ですのでリンクとしてもご利用下さい。

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
にほんブログ村

こちらは旧車カテゴリーです。こちらもコアな記事が満載ですのでご覧下さい。

テーマ : 英国車ミニへの想い
ジャンル : 車・バイク

2018 SBoM第3戦

IMG_1876m.jpg

昨年末にクラッシュして以来、約1年ぶりにサーキットにやってきました。SBoM第3戦です。

今回はレースには参加しませんでしたので、参戦記ではなく参加日記的な感じでゆるーくご報告させて頂きます。
とは言えこの緊張感あふれる雰囲気はいいですね!

IMG_2120m.jpg

ヨシヨシさんケントさんの51番。Mk1です。

Mk1で戦闘力あるマシンを仕上げることに関して第1人者です。今回も緑ミニでの復帰にあたっていくつかの技術的アドバイスを頂きました。ありがとうございました!

IMG_2143m.jpg

ワークスのごときサポート体制ですw

IMG_2291m.jpg

熟成の域の8ポートエンジン。

僕の緑ミニもまずは形からということで5ポートから入りましたが、狙うクラスによっては今後8ポートに戻すことも考えてまして、そうなったときの技術的ライバルですよ。既に圧倒的なノウハウ持ってるでしょうからね、手強い相手です。

メカ的な技術では負けるつもりはないんですけど、運転のセンスでは圧倒的に負けかな。今回ケントさんの走りを見てたらダンロップ下から80Rに向けてまるでCR65を履いているかのようにリアをスライドさせてました。リアのロール剛性を上げることで早いタイミングからリアを流し、積極的に回頭させているということでしたが・・・CR65なら僕も同じコトできますけどね、12インチのSタイヤでやってますからね汗 そのグリップ域、速度域だと一気に滑りますからコントロールのセンス半端ないなあ、と。

IMG_1866m.jpg

51号車のライバルであるハヤシタイヤレーシングの666号車。

IMG_1869m.jpg

奇をてらったような仕組みは無いですが、積み重ねられた実績の中から確実なパーツを選んできた凄みを感じます。ホイールハウス内の傷跡が歴戦の勇者のようですw

IMG_1871m.jpg

リアもしかり、ですね。

IMG_1915m.jpg

タートルのN村さんがレースに帰ってきました。

久しぶりにお会いしましたが別人のように痩せていてビックリしました。僕も5kg程ダイエットしたのですが見た目は全然変わってないですからねw、尊敬します。・・・体壊してるって訳じゃないですよね?汗

IMG_2122m.jpg

暴れネコのシンディさん。

なんかボディに傷が増えてて傷の無いアングルを探していたらこの構図に落ち着きました。ヤンチャしてますねw

IMG_2124m.jpg

前夜にチューンしたらしき形跡w

IMG_2279m.jpg

クラブマンの24号車。

クラシックナローからステップアップしてスーパーバトルクラスに参戦されてますが、そこでもトップクラスで走られてます。古い雰囲気を守りながら速いという姿にあこがれます。盗める部分は盗まないと・・・、

IMG_2283m.jpg

乗り降りはやっぱり大変そうですね ←そこか!?

そしてウェバー収めるためにボディをカットしているということは分かりました。この方がエアフローは絶対に良さそうですよね、ええ、それはよく分かるんですけどね←

IMG_1851m.jpg

続いて我がMRRCメンバーのご紹介です。

SVのフラッグシップ的存在の70号車。ドライバーのT橋さんは昨年のインジェクションクラスのチャンピオンです。純正インジェクションをサイドドラフト化するという荒技を考案した方でもあります。

IMG_1903m.jpg

ちなみにこんな感じでw

僕がサーキットに復帰したらお揃いで写真撮りましょうという約束がようやく果たせましたw

IMG_1905m.jpg

背中の文字はクラス毎に違うんですね。
そして僕の方が背が高いのに脚の長さは変わらないという・・・なんという孔明の罠w

IMG_1845m.jpg

25号車S藤さん。第2戦終了段階でのインジェクション・リーガルクラスのポイントリーダーです。

IMG_1863m.jpg

95号車うったさん。

IMG_1843m.jpg

MRRCと愉快な仲間たちの代表格、キャメルワークス号とマッターマンw

IMG_1848m.jpg

そしてY代さん。

皆さんインジェクションクラスなんですよね、最近盛り上がってます。

そんな中で負けるわけにはいかねえ、とP師が密かに燃えておりました。忘れてましたがSVってインジェクション推しのお店だったんですよねw 切磋琢磨して向上していくのは善哉善哉、でも緑ミニも忘れないで下さいね〜w

IMG_2014m.jpg

インジェクションクラスの決勝スタート!

PPのマシンが予選最後にクラッシュでリタイヤしましたので、2番グリッドのT橋さんが最前列だったんですが、

IMG_2022m.jpg

ああっ

IMG_2050m.jpg

あああああっw

702_large.jpg

1ヘアピンでの写真をオートマ団長さんから頂きました。ありがとうございました!

スタートで3号車に先行を許し、ぴったり後ろに付けて追うT橋さん。差はストレート計測で0.2秒です。

711_large.jpg

トップ2台が激しくバトルしてます。

レース良いな。

730_large.jpg

パスできました。順位を入れ替えて攻防が続きます。

757_large.jpg

うったさん。

758_large.jpg

マッターマンことそーねぇそーねさん。

766_large.jpg

Y代さん。

762_large.jpg

その後も追われ続けるもやや引き離して、

IMG_2095m.jpg

無事に先頭でゴール。おめでとうございます!

IMG_2103m.jpg

ガッツポーズが熱い!w

最後の2周は排気系にトラブルを抱えてペースが落ちたそうで、ご本人曰くなんとか首位を守り切れたとのことでしたが、後続との差はむしろ開いてました。そして決勝の中で10秒777のベストラップも更新!と、ボディを強化&軽量化しようといろいろ工夫されてましたからね、最高の結果に繋がって良かったです。

ちなみにこの日の朝、僕のデジカメが突然死しまして←
この日の撮影は全てiPhoneで撮影しております。薄暗い中での動きのある撮影はさすがに厳しいですね。レース中のキレイな写真をキャメルオートマ団長のMCZさんに頂きました。ありがとうございました!

IMG_2135m.jpg

勝利を支えたエンジン様。

SVのノウハウと根性の塊です。僕なりの視点で見るともう一回りパワー出せそうな気がするのですがw

IMG_2134m.jpg

このノウハウ&根性は、同じインジェクションクラスのうったさんのマシンにも継承されてます。

IMG_2125m.jpg

ちなみに、MRRCメンバーの中で最も几帳面なのはうったさんだということを今回確信しました。見て下さいこの緻密な搭載をw

IMG_2301m.jpg

表彰式です。

ミニ1000クラスではチーム・タートルのM尾さんが優勝!おめでとうございます!

IMG_2308m.jpg

シャンパンファイトです。今回ベストラップを12秒台に進めたとのことです。最終戦は一緒の舞台で走れるように頑張ります!w

IMG_2333m.jpg

インジェクションのリーガルクラスではS藤さんが3位入賞!おめでとうございます!

IMG_2363m.jpg

背が高いから一番高いとこにいるように見えますねw

IMG_2429m.jpg

インジェクションのスプリントクラスではT橋さんが優勝!

IMG_2469m.jpg

おめでとうございます!

IMG_2529m.jpg

全員で健闘をたたえ合うの図。

スポーツマンスピリット溢れる美しい光景のハズなんですが、何故かサラリーマンのアフターファイブの光景が浮かんだのは僕だけでしょうか?

「いやーお疲れ様でした!今回もありがとうございます」
「いやいやいや、こちらこそ」

・・・そしてそれを呆れた目で見守るお店のお姉さん達、的な?←w

IMG_2539m.jpg

スーパーバトル、スプリントクラスではN村さんが5位入賞、そして24番さんが優勝です。おめでとうございます!

IMG_2559m.jpg

モト・シルエットクラスでは51番ケントさんが優勝!タートルのボスが2位入賞でした。おめでとうございます!

今回はケントさんの相方である666番さんがリタイヤされましたので、シャンパンファイトはどうなるのかなと心配していたのですが・・・、

IMG_2608m.jpg

いつもより激し目に攻められておりましたw お約束ですからね、やっぱガッツリやって頂かないとw

IMG_2665m.jpg

戦い終わって記念撮影です。改めておめでとうございます!

IMG_2685m.jpg

おめでとうございます!

こんな感じで久しぶりのサーキットを楽しんで参りました。緑ミニ編をたぶん明日か明後日にアップさせて頂きます。


にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

日本ブログ村のMiniカテゴリーでランキング参加してますので、上のバナーをクリックお願いいたします。Mini関係のBlogが満載ですのでリンクとしてもご利用下さい。

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
にほんブログ村

こちらは旧車カテゴリーです。こちらもコアな記事が満載ですのでご覧下さい。

テーマ : 英国車ミニへの想い
ジャンル : 車・バイク

安全性確保に関する一考察

サーキットでクラッシュしたことは昨日このブログでご報告した通りなんですが、事故から約3週間経って痛みも我慢できる程度に収まってきましたし、それにつれて気持ちも整理できてきましたので、サーキット走行での安全性をどうやって確保して今後に活かすかについて熟々と考察してみました。あくまで実体験に基づく対策ですのでこれが絶対とは思いません。故にタイトルを「一考察」とさせていただきました。

IMG_9815.jpg

話の大前提として、ミニという車は50年以上前の設計の、いわゆる「衝突安全ボディ」でもなんでもない車体なんですよね。今回は前方からのほぼフルセットでの衝突だったので、エンジンルーム/サブフレーム→エンジン→フロントのバルクヘッドという順番で衝撃が伝わることによって衝突のエネルギーが上手く吸収され、ドライバーへのダメージは最小限で済んだと思ってます。
・・・逆に言うとボディのダメージはかなり深刻ではあるんですが(汗)。更に言えばエンジンもかなり心配だったりしますが(大汗)

これがもし側突だったとしたら・・・Mk1のドアなんて本当に鉄板一枚ですからね、かなりゾッとします。その場合の安全性を確保するためには6点式以上、できればサイドにクロスバーを追加したロールケージが欲しいところです。ミニ1000の場合はトルクが無いので重量増加は避けたいところですが、安全性を考慮するとやはり必要かと。
ただし、僕のようにナンバー付きの車両で公道も走るような用途の場合、つまりヘルメット無しで、しかも3点式のシートベルトで乗るようなシーンでは、ロールケージは逆に凶器になり得るので要注意です。車検上でもケージにパッドを巻く事が求められますが、その程度の保護では、例えばケージが頭に当たった時には何の保護にもならず、逆に致命傷になりかねないかと。クラブマンスピリッツとの両立を考えると頭の痛い問題です。

image1.jpg

お見苦しい写真で申し訳ありませぬ(汗)

脇腹で派手に内出血を起こしておりますが、これ実はシートベルトによる打撲です。幸いなことに肋骨は無事でした。

今年のSBoM第3戦まではサベルト製の2インチ幅の4点式ベルトを使っておりましたが、ジャパンミニディで3インチ幅のカムロックタイプのベルトの中古を手に入れることが出来まして、それに交換した矢先のクラッシュでした。2インチ幅よりも3インチ幅の方が衝撃が分散されるのでより安全なわけですが、それでもこのダメージですよ。もし2インチ幅だったとしたら衝撃は1.5倍でしたから・・・肋骨や鎖骨の1、2本はやられていたかもしれません。幅広のベルトは必須ですね。

image3.jpg

重ね重ねお見苦しい写真で申し訳(以下略)。

上でも述べたように、サベルト製の3インチ幅の4点式ベルトを装着していたのですが、前突の衝撃で身体が前に押し出された際にベルトが上にずり上がり、下半身が腰ベルトの下に潜り込むような形で前に押し出され、左膝と左の臑をインパネにぶつけて打撲を負いました。幸いにして骨や腱等へのダメージは無かったのですが、膝下全部が巨大なタンコブのようになりました。予想外のダメージがもう一つありまして、下半身が前にずり出たことによって左脚がシートの座面に押しつけられることにより、大腿二頭筋(モモの後ろ側の筋肉)に傷が生じ、そこからも派手に内出血が生じました。身体が動いてしまうとバケットシートすら凶器になり得るという・・・驚きでした。

脚の症状について総じて言うならば、筋肉や骨には大きなダメージが無かったため外科的に処置できることは無く、鎮痛剤を飲みながら時間をかけて直すしか無い、という症状でした。左脚がパンパンに腫れて、動かすと内圧で患部が痛いという。また、寝てると割と平気なんですが、立つと血圧で患部が痛いという、イジメのような数週間を過ごさせていただきました。

話をシートベルトに戻しますが、結構しっかり締め込んでいたつもりだったのですが、衝突のGを受けた際のベルトのずり上がりが生じてしまって十分な効果が得られなかった、ということになるかと思います。このベルトのずり上がりを防ぐには、股部分にベルトを追加した5点式もしくは6点式のベルトが必要になります。5点式だとタマが心配なのでここは迷わず6点式でしょうかw

ちなみに左脚ほどではありませんが、右膝にも傷を負いました。原因はインパネ下部に追加していたシガーソケット式のUSB電源プラグにニーアタックしたためです。電源プラグを粉々に粉砕してやりましたよ、オレのアシ強え〜←じゃなくて。
無害そうな電源プラグでさえ事故時には凶器になるって事ですよね。このあたりにトグルスイッチとか追加しているミニって多いのではないかと思いますが、危ないですよ〜刺さりますよ〜。
6点式のベルトで身体がズレないようにしっかり固定できていれば問題無いのかもしれません。とは言え、個人的には痛い思いをして学んだ以上、徹底的にリスクを避けようとは思っております。

もう一カ所、非常に痛い思いをしたポイントとして舌があります。写真は無いのですが、前突時の衝撃で噛んでしまったようで舌先に一列に歯形がくっきりと(汗)。あと眼鏡が鼻の部分でグニャッと曲がってしまっておりました。
動画を見る限り頭はどこにもぶつかってないのですが、眼鏡に関してはおそらくヘルメットが回り込んでぶつかったのかな、と。舌に関しては衝撃だけで噛んでしまったんでしょうか。衝突のGって怖いと思いましたね。ちなみにちょっとムチウチ気味で数日気持ち悪かったです(頸椎には異常はありませんでした。ひょっとすると内出血による貧血もあったのかもしれません)。人体の中で頭って重いパーツですので、首如きの筋力では衝突の衝撃は支えきれないって事ですね。ハンスはやっぱり必要かなあと。

てなことを反省しつつ考えながら年末を過ごしております。現実に目を向ければミニのボディやエンジンの診断待ちもあり、頭が痛いところです。何とか早い時期に復活したいです。生暖かく見守っていただければ幸いですw



にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

日本ブログ村のMiniカテゴリーでランキング参加してますので、上のバナーをクリックお願いいたします。Mini関係のBlogが満載ですのでリンクとしてもご利用下さい。

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
にほんブログ村

こちらは旧車カテゴリーです。こちらもコアな記事が満載ですのでご覧下さい。

テーマ : 英国車ミニへの想い
ジャンル : 車・バイク

ご無沙汰しております

今年の1/22以来、約10ヶ月ほどブログ・・・というかネットから遠ざかっておりました。お久しぶりです。

ある人からは「入院でもしてるんじゃないか」と。
またある人からは「暗殺されたんじゃないか」などと、ご心配の声を頂いたりしましたが、生きております。若干弱ってはおりますがw

本業の仕事がどうにも忙しく、ブログの文章を書くのに割けるエネルギーが無かったというのが正直なところです。まあ今現在も状況は同じなのですが(汗)、それでもどうしても書きたい、お知らせしたい出来事がありますので、久しぶりにアップさせて頂きます。

11月26日にSuper Battle of Miniの2017年度最終戦に参戦してきました。

ここしばらくはミニで走るのはレースの時だけという悲惨な状態でしたので、レース勘みたいなものも希薄になってしまってましたし、ミニを構うことが少なかったこともあってトラブルに気づくのが遅れ、レース本番でマシントラブルに気づくと言うことが多かったです。

SBoMの第2戦では気温センサーの故障からA/Fが狂ってしまってパワーが出ず苦戦しましたし、第3戦では燃料フィルターが目詰まりして5000rpm以上でリーンになってしまうというトラブルに見舞われました。そして今回はですね・・・第3戦の後で燃料フィルターを掃除したら、逆に燃圧が上がりすぎて全回転域でスーパーリッチなA/Fになってしまうという症状に苦しみました。
燃料フィルターが少しずつ目詰まりしていくのに合わせて燃料マップを修正していった結果、どんどんインジェクター開度を拡大する方向に行ってしまったんでしょうね。で、フィルターをリセットしたらガソリン垂れ流し状態になってしまった、と(大汗)。

普通に走る分には問題ないのですが、この状態ではパワーはまともに出ないのでレースで勝ちを狙いに行くのは厳しい状態でした。かといってきちんとセットアップしようとするとそれなりに手間もかかるので、まあ今回のレースは完走狙いかな・・・などと思っていたのですよ。レース前夜までは。

前夜にふと三和トレーディングさんのHPを見てみたらミニ1000クラスに八講めぐみさんが38号車でエントリーして居るではないですか!
なーにー!と一発で目が覚めましたよ。というか最近寝不足で慢性的に眠いのですがw

ともあれ、めぐみさんが参戦してくるのであれば無様な走りはできません。しかしその時は既にビールを飲んでしまっていたので何かするわけにも行かずw、悶々とする気持ちをとりあえず抑えつけてベットに潜り込みました。そして翌朝早起きして可能な限り燃調を取り直しながら筑波入りしたのでした。

予選では時間いっぱい使って全力でアタックしたのですが、タイムはイマイチ詰め切れず1分13秒699に留まりました。昨年の最終戦でのタイムが12秒773でしたから1秒遅れですよ(涙)。最高速も136km/hr止まりで燃調的にも詰める余地を残した状態でした。
一方のめぐみさんは久しぶりのミニでのサーキット走行で感覚をつかむのに苦労している様子でしたが、予選の最後に12秒758をたたき出してミニ1000クラスのトップを奪って行ってくれました。さすがプロ・・・やっぱ遠いな〜と痛感しましたw



そして迎えた決勝です。

スタートではいつもの如く出遅れておりますが(汗)、オープニングラップが終わる頃にはめぐみさんが駆る38号車の後ろに付くことが出来ました。予選から更に燃調を詰めたこともあってバックストレートでは何とかついて行けるようになりましたが、インフィールドではちょっと突っ込みすぎるだけで簡単に差が開いてしまいます。とにかく丁寧に、ミスしないように心がけて走り続けること数周でしょうか、ヘアピンでハーフスピンしてくれためぐみさんの隙を突いて前に出ることが出来ました。

それから後はひたすら全力で逃走ですよ。当たり前ですが全然振り切れないw ミラーを見ると心乱れるのでミラーも見ない、いや見れない←
ひたすら前に向かって走って何とかチェッカーにたどり着けた時には思わずガッツポーズをしてしまいましたw

今年一年イマイチな走りが続いていたのですが、最後にガチで良いバトルが出来たことに感謝です。

その相手がずっと目標にしてきためぐみさんだったことにも感謝です。

おまけにエンジニアリング的にずっと目標にしてきた38号車の前に出られたことも嬉しかったです。長年の目標が思わず達成できてしまいましたが、これも車を仕上げてくれたP師や応援&協力してくれた皆さんのおかげです。大感謝です。

気持ちいい年末が迎えられそうです。
いや、まだTBCCが残っているんですけどねw おまけに仕事も残ってら(汗)



にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

日本ブログ村のMiniカテゴリーでランキング参加してますので、上のバナーをクリックお願いいたします。Mini関係のBlogが満載ですのでリンクとしてもご利用下さい。

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
にほんブログ村

こちらは旧車カテゴリーです。こちらもコアな記事が満載ですのでご覧下さい。

テーマ : 英国車ミニへの想い
ジャンル : 車・バイク

Tokyo Bayside Classic Cup 第14戦

1月22日の袖ケ浦フォレストレースウェイ・・・例年であればACJ武闘派のサーキット走り初め会でしたが、今年はその枠を使って昨年9月に大雨で中止になったTBCC第14戦が振り替え開催されましたので参加してきました。

この第14戦、僕自身は赤ミニのエンジントラブルで参加できなかったレースでしたのでちゃっかり取り戻した感があります。ありがたいことですw

P1350272.jpg

朝焼けの光の中に立つ影は・・・獲物を発見!

P1350286.jpg

背後から詰め寄ります。あ、気づかれたw

P1350290.jpg

慌てる獲物w

P1350292.jpg

仕留めましたw こいつは春先から縁起がいいぜw

P1350299.jpg

オフェンス&ディフェンスですねw

P1350302.jpg

Super Crystal CupクラスにエントリーしているSV軍団、左からP師、白い天使さん、紫の悪魔さん、ナナハムさん、そして不肖みくたです。振り替え開催でしたので参加台数が少なく、ピットを贅沢に使うことが出来ました。

P1350310.jpg

クラブマンカップクラスの決勝です。昨年9月の大雨の際に予選は終えているので、その順位での決勝グリッドとなりました。それに対してこの日の決勝は雲一つ無い快晴でしたので路面の前提条件が大きく変わることになり波乱が予想されましたが・・・、結果的にそこかしこで「良いバトル」が繰り広げられたのでした。

P1350736.jpg

トップ集団はテムズガレージ軍団でしょうか。最初から最後までこのダンゴ状態でバトルが繰り広げられておりました。

P1350740.jpg

続いてSV船橋のMさん vs キャメルそーねぇそーねさん。良いバトルでした。

P1350561.jpg

キャメルのオートマ団長、MCZさんを先頭とする3番目のダンゴ集団。

P1350494.jpg

良いバトルです。

P1350511.jpg

i藤さんのモーリスマイナー。

P1350594.jpg

SV若手のTさんとSさんの同門対決です。逃げるTさんを追うSさんでしたが、

P1350673.jpg

抜いたー! 見応えのあるバトルでした。

P1350711.jpg

チャミもサイドバイサイドで競り合っておりました。ナイスガッツです、惚れるわ〜w

P1350649.jpg

キャメル劇団長のハゲマルさんはエンジントラブルで順位を落としてしまってました。いい走りをしているだけに残念です。

そろそろ徹底的に洗い直した方がいいですよ〜。

P1350921.jpg

リザルトです。

クラブマンカップ、U1500クラスではモーリスマイナーのI藤さんが3位入賞!おめでとうございます!
K与さんが代わりにカップを受け取ってました。

P1350934.jpg

クリスタルカップ、ミニクラスではACJでお世話になっているA木さんが3位入賞、そしてT野さんが優勝!おめでとうございます!

P1350946.jpg

スーパークリスタルカップクラスではテムズY代店長が3位入賞!おめでとうございます!


・・・えっと、今回はSV軍団は獲物ゼロでした。全クラスで全滅ですw



獲物ゼロとはいっても得られたものが無いわけではないのですよ。実に味わい深いレースで大満足しましたw

スーパークリスタルカップクラスの予選では脚周りを熟成させてきたナナハムさんが1分23秒032で12番グリッド、不肖みくたが1分23秒375で13番グリッド、紫の悪魔さんが1分23秒855で14番グリッド、コース攻略に苦戦している白い天使さんが1分26秒010で19番グリッド、そして凝りに凝ったセッティングが完全に裏目に出たP師が1分26秒722で20番グリッドとなりました。ナナハムさん、僕、紫の悪魔さんが一カ所に集まりましたからね、スタートからえらいことになるなあとは覚悟しておりましたw

スタートではナナハムさんがロケットスタート、そして紫の悪魔さんにも先行を許してしまい2台を追う展開になりました。間を開けたくなかったのですが、間に入ったアルファロメオを捌くのに手間取ってナナハムさんと紫の悪魔さんにはかなり先行されてしまいました。が、この2台が刺し合ってくれたおかげで徐々に差を詰めることが出来まして、最後の1周は三つ巴のバトルが出来ました。

ナナハムさんと紫の悪魔さんは互いに削り合った結果として後半タイヤがズルズルになっているのが後ろから見ていて明らかでした。対して僕自身は極力丁寧に走らせることでタイヤに手応えを残した状態でした。その状態で迎えた最終周の1コーナー・・・前走者がスピンしていなければ2台まとめてパスできたのに〜とか思いは残りました。が、これもまたレースですよねw とりあえず新年一発目に良いバトルが出来て大満足の一日でした。

ちなみにSV軍団の中での決勝トップタイムは1分23秒178で、不肖私めが頂きました。抜けませんでしたが一矢報えて良かったですw

あ、今回はGoProを室内だけでなく屋根にも取り付けてみました。面白い絵が撮れたのでまずはこれからアップさせて頂きます。密集状態でのバトルの臨場感を感じて頂けると嬉しいですw 残りの動画は追って追加していく予定です。



にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

日本ブログ村のMiniカテゴリーでランキング参加してますので、上のバナーをクリックお願いいたします。Mini関係のBlogが満載ですのでリンクとしてもご利用下さい。

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
にほんブログ村

こちらは旧車カテゴリーです。こちらもコアな記事が満載ですのでご覧下さい。

テーマ : 英国車ミニへの想い
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

みくた

Author:みくた
運動神経のなさを経験値でカバーしようと企むAround 40です。
これまでランエボでのサーキット走行にハマり、最近はClassic MINIに惚れ込んでます。Mini1000、1300キャブクーパーとおんぼろミニを乗り継いで、Austin Mini Mk1 に辿り着きました。レストア、トラブル対策とのんびりドライブを楽しんでます。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

日本ブログ村のMiniカテゴリーでランキング参加してますので、上のバナーをクリックお願いいたします。
Mini関係のBlogが満載ですのでリンクとしてもご利用下さい。

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
にほんブログ村

こちらは旧車カテゴリーです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
ブログ村 新着記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR